テニス メンタル

シングルス

「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか分からない・・・。

同じくらいのレベルの相手で試合に勝つには、必ずしも速いショットや無尽蔵のスタミナ、テニスの知識・・・は必要ありません。

中学生レベル、つまりはしっかりゆっくりしたストロークでも、充分に勝てるパターンを作ることが出来ます。

基本中の基本を、今回はシングルスの試合で勝つパターンを作る、という観点で確認してみましょう。

 

「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

 


 

1.とにかく「ファーストサーブ」を高確率で入れる

シンプルに、まずファーストサーブを80%くらいの確率で入れること。

これだけで試合リズムが良くなり、主導権は必ず握れます。

セカンドサーブを打つ、というのは相手のチャンスになるだけでなく、メンタル的にも疲弊していく一番の原因に。

試合にリズム良く勝っているときは、きっとアナタ自身、ファーストサーブが高確率で入っているはずです。

 

2.ファーストサーブのリターンはまず返球、セカンドサーブは攻撃的に

リターンにはメリハリを付けましょう。

それも、「対戦相手にしっかり伝わるくらい」に、しっかり実践することが大事。

「ファーストが入ったらつないでくるし、セカンドは攻撃的だな・・・どうすれば・・・」という悩みを、相手に突き付けてみましょう。

相手が考えて、悩んでくれれば、試合の勝ちパターンは見えてきます。

リターンはまずしっかりと、相手コートに入れること。

リターンゲームではなるべくラリーの回数を増やす、くらいの気持ちでちょうど良いでしょう。

 

3.勝負は「序盤が大事」と心得る

中学レベルのテニス、と書きましたが、まずはしっかり粘れるストロークが大事。

特に試合の序盤で、ゆっくりしたラリーで先にミスをしないこと。

こういったミスは、相手に余裕を、自分に焦りを生んでしまう一番まずい要因になりかねません。

最初の2ゲームは、「ネットミスをしない、サイドアウトをしない」と心得ておくと、気持ち的に楽。

ベースライン上のちょっとしたアウトは、気にしない。

やって良いミスと悪いミス、分けて考えることでストロークレベルに自信が無い人でも、しっかり長いラリーが出来るようになるでしょう。

 

4.失点しても良いから、ネットプレーに出よう!

中学レベル、と書きましたが、テニスを始めて間もない人は特にボレーに自信が無い人が多いはず。

出来ないことを試合でやる、ことも勝つ上では大事です。

相手にとって、「前に出て来る」ことがすごくプレッシャーになる可能性もあるのです。

例え失敗しても、それは前にいくこと自体で成功、と考えましょう。

勝ちパターンを作るには、「自分がプレッシャーをかけて、相手がどう反応したか」を、経験で積み重ねていかなければなりません。

ぜひチャレンジと確認を、実戦の中で経験として積んでいって下さい。

 

テニスは体操競技やフィギュアスケートのように、採点競技ではありません。

相手よりいかに、ミスを少なくポイントを「失わない」かどうか。

まとめてみると、いかに「負けないパターン」を作れるかどうかが、イコール勝ちパターンになるような気がします。

中学レベル、充分じゃないですか。

今ある技術で、試合を戦うこと。

それ自体を楽しんでいければ、自然と勝っていくパターンも自分の中で見えてくると思います。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  6. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!
  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで
  3. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  4. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです
  5. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
PAGE TOP