テニス ストローク

メンタル

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持っている。

そう感じるのは、テニスの世界でも同じです。

ラリーが途切れてしまうと、どこか申し訳ない気持ちになってしまう。

でもそれって・・・試合の中では、むしろしかけていくべき点だと思うのです。

 

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

 


 

■「球出しからのラリー」の練習、どこか変な雰囲気

普段何気なく行っているラリー練習。

どちらかのプレイヤーから球出しされたボールには、「2人でこれをつなげよう」という不思議な暗示がかけられているような気がします。

ダブルスでは、4人でつなげよう。

ラケットを握って最初の2週間くらいは、それでも楽しいかも知れません。

でも充分打ててコントロールできるようになったら、別な楽しみを感じてもらいたい。

それこそ、試合の醍醐味である駆け引きだったり、ポイントの奪い合いだったりすると思うのです。

 

■安定感も大事、攻撃的な姿勢も大事

じゃあ最初からバンバン打って良いのか、というとそれでは全く練習にならない。

9割以上の安定した確率で成功するショットの中で、お互いが攻撃したり守備をしたり、駆け引きをしていく。

安定感のあるプレーで相手を追い込んでいくのは、テニスにとって最も大切な要素です。

その意識から逃げていては、試合で強くなれません。

 

■仲間だからこそ容赦しない、そんな練習の雰囲気が個人を強くする

部活の雰囲気は、客観的に観ていればすごくよく分かります。

良いチームには、良い競争がある。

2バウンドするまで全力で追うし、相手のチャンスでも決して諦めない。

練習で出来ているから、試合でも実践できる。

普段からしっかりと相手を倒す、自分が生き残るという意識がなければ、試合でいきなりやれと言っても無理な話です。

 

さぁ、練習を変えていきましょう。

2往復以上続くラリーは、お互いしっかり攻撃と守備をしているのかを確認する。

途切れたら、ラリーをしている選手ではなく「ボール出し係り」が外から出す。

こういった工夫を少し入れるだけで、効率も上がりますし意識も改善されます。

練習からガッツリ、競争していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス サイト
  2. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い

    ジャッジが汚い、そんな相手と試合で対戦するとき。こっちのメンタ…

  3. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

  5. テニス 格上相手
  6. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  3. フットワーク

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判…
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されま…
  5. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
PAGE TOP