テニス ストローク

メンタル

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持っている。

そう感じるのは、テニスの世界でも同じです。

ラリーが途切れてしまうと、どこか申し訳ない気持ちになってしまう。

でもそれって・・・試合の中では、むしろしかけていくべき点だと思うのです。

 

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

 


 

■「球出しからのラリー」の練習、どこか変な雰囲気

普段何気なく行っているラリー練習。

どちらかのプレイヤーから球出しされたボールには、「2人でこれをつなげよう」という不思議な暗示がかけられているような気がします。

ダブルスでは、4人でつなげよう。

ラケットを握って最初の2週間くらいは、それでも楽しいかも知れません。

でも充分打ててコントロールできるようになったら、別な楽しみを感じてもらいたい。

それこそ、試合の醍醐味である駆け引きだったり、ポイントの奪い合いだったりすると思うのです。

 

■安定感も大事、攻撃的な姿勢も大事

じゃあ最初からバンバン打って良いのか、というとそれでは全く練習にならない。

9割以上の安定した確率で成功するショットの中で、お互いが攻撃したり守備をしたり、駆け引きをしていく。

安定感のあるプレーで相手を追い込んでいくのは、テニスにとって最も大切な要素です。

その意識から逃げていては、試合で強くなれません。

 

■仲間だからこそ容赦しない、そんな練習の雰囲気が個人を強くする

部活の雰囲気は、客観的に観ていればすごくよく分かります。

良いチームには、良い競争がある。

2バウンドするまで全力で追うし、相手のチャンスでも決して諦めない。

練習で出来ているから、試合でも実践できる。

普段からしっかりと相手を倒す、自分が生き残るという意識がなければ、試合でいきなりやれと言っても無理な話です。

 

さぁ、練習を変えていきましょう。

2往復以上続くラリーは、お互いしっかり攻撃と守備をしているのかを確認する。

途切れたら、ラリーをしている選手ではなく「ボール出し係り」が外から出す。

こういった工夫を少し入れるだけで、効率も上がりますし意識も改善されます。

練習からガッツリ、競争していきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  2. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

    テニスの試合って、感情的になりやすい。何ででしょうね、ネットで…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる

    試合に負ける選手のミス、には共通点がある。本人は気付いていない…

  6. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認しておくと良い?

    テニスの試合では、特に初戦なんかは自分の試合が終わった後に、だいぶ時間…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?
  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  3. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」…
PAGE TOP