シングルス

「アナタとラリーを続けたい」精神で

試合で安定した成績を残すために、必要な意識。

対戦相手も、試合を一緒に形作る要素、ですからね。

もちろん敵ですから、そこはハッキリ、嫌な想いをしてもらわないといけないのですが、ラリー中はどうでしょう。

もっと、アナタと打ち合っていたい。

実力が同じくらいの相手であれば、試合の序盤はこれでも良いと思いますよ。

 
 

しっかりラリーするポイントを、作ろう

試合の中で、序盤に意識したいこと。

「このポイントは、しっかり打ち合うぞ」と決めたら、ラリー回数が多いポイントを作りたい。

私も普段はサーブ&ボレーですが、意図的に後ろに留まって雁行陣でラリーするポイント、も作ります。

なぜなら、ストロークの数を序盤にも打っておきたいからなんですよね。

試合の終盤、大事なポイントで探るようなことはしたくない。

だから、序盤で長いラリーを相手としたい。

そこには、相手の協力が不可欠です。



「続けましょうよ」と語りかけてみる

相手を、避けない。

相手に、「ラリーずっと、続けましょうよ」という気持ちで、丁寧にラリーしてみる。

そこでもし、相手に攻撃されて決められたら、しょうがない。

自分から相手を避ける、強引な攻撃をしてミス、だけはしないように意識してみる。

自分と実力が同じくらいの相手なら、結構これでそのまま勝てたりもするんですが。

相手に語りかけるように、打ってみて下さい。

きっと、良いラリーが出来ると思いますよ。



相手は自分の、「協力者」である

対戦相手を、自分の協力者にしてしまう。

テニスの試合では、こういう発想も大事です。

倒すべき相手ですが、その前に自分自身の調子を上げたり、ナイスな配球で走り回ってもらったり。

相手がいないと、そもそもテニスの試合自体出来ないですからね。

自分の協力者にしてしまって、自分の勝ちに貢献してもらう。

虫の良い話かも知れませんが、こういう発想が持てると序盤にすごく楽に入ることが出来ますよ。

   

相手の強引な攻めに、やられることって少ない

思い出してみて下さい、自分の試合。

相手の強引な攻めに失点、どの程度あるでしょうか?

結構少ないはずなんです。

だから、この「アナタとラリーを続けたいんです」精神でも、試合の序盤はちょうど良い。

エンジンがかかって来た試合の中盤以降は、「終わらせる」という意識も大事ですが。

強引な攻めを恐れて、アナタ自身がラリーを投げてしまっているケース、の失点の方が圧倒的に多いでしょう。

粘る、というニュアンスを少し変えてみる意識で、取り組んでみて下さい。



粘るのとは、違います。

自分の調子を上げていく、その手助けを相手にしてもらう。

序盤に反対側のコートに協力者を見つけられたら、もう試合は勝ったようなもの。

ぜひ、意識してみて下さい。

相手はアナタの、サポートまでしてくれる良い人、ということで。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 準備
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  4. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

    シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。まさに、錦織選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う
  2. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?
  3. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ
  4. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも
PAGE TOP