戦術

テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。

サッカーやバスケのように、ドリブルでボールをキープすることは出来ません。

もちろん、ラグビーのように担いで走ることも出来ない。

でも、上手い人のテニスってどうでしょう。

何だか、ボールをキープしているような時間、空間がありませんか?

これは、みなさんが目指すべきところ、だと思います。

 
 

打ち返す前に、「間」があるかどうか?

打ち返す前に、「間」があるかどうか。

この間とは、「コースを隠して、どこにでも打てる間」です。

相手から来たボールを、どこに打ち返すのか選択出来る間が、自分にあるかどうか。

ただ、来たボールを何となく返す、だけでは身に付きません。

みなさんも、打つコースを決めるタイミングは様々、なはず。

リターンなんかは、もうコースを決めて待ったりしますからね。

でも、ラリーの中ではぜひ「どこにでも打てる間」を意識して欲しい。

意識しないと、作れないですから。

ボールをキープするように、コースを隠す

どういうイメージかと言えば、これです。

ボールが自分に向かって来るんだけど、先回りして待ち構える。

どこにでも打てるように、しっかり準備を早くする。

そうすると、相手からするとまるで「ボールを持たれている」ように感じるはず。

アナタ自身も、ボールをキープしてあとは「放つだけ」になっているうような感じ、になるでしょう。

上手い人しか、そんなの出来ない?

出来るようになるかどうかは、アナタ自身がまずやってみることが大事でしょう。

一気にテニスが楽しくなる瞬間、です

私自身、これが一つのきっかけでした。

最初は、ボールを打ち返すので精いっぱい。

自分でもどこに飛んでいくのか分からないような感じだったのが、ある地点から変わり出す。

「どこにでも打てる間」が少しずつ、試合でも感じられるようになっていく。

もちろん、厳しいショットでは難しいですよ。

でも、ある程度遅めのボールだったら、ボールへの入り方、待ち方で間が作れるようになる。

練習次第で、きっとみなさんも変わります。

   

早い準備、型が大事

何より、これが第一です。

基本ですが、速いテイクバック、準備、その型を作ること。

テイクバックして打つまでの、止まっている時間が「間」になりますから。

この型を練習から何度も繰り返す、試合で出せるように。

自然に出せるようになれば、それだけで相手は迷ってくれる。

アナタ自身のショットが凄くなくても、どこに打って来るか分からないから脅威になる。

練習から意識を高く、ボールをキープ出来る間を作りましょう。

試合に勝ちたければ、避けて通れないポイントです!



まずはフォアハンドストローク、次にバックハンドストローク。

「あ、今の自分は選べたな」という感覚があれば、テニスは一気に楽しくなります。

試合で選べるようになれば、強いですよ。

それも、全てはアナタ自身が意志を持つところから。

ぜひ、ボールキープの間を意識してラリーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい

    対戦相手が、技巧派な場合。私は、まずは「やりやすいかも」と感じ…

  3. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない

    ストロークが強い、上手い相手に、男性が陥り勝ちな罠。試合に勝て…

  4. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理

    みなさんも、コーチから言われる機会多くないですか?コート上で…

  5. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  6. テニス 陸上

    戦術

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

    「また今日もこの練習か・・・もう出来るし、飽きたよ」という声が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?
  5. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
PAGE TOP