リターン

センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?

センターへ厳しいサーブ、これをどうリターンしていくのか。

これは、特にバックハンドリターンでは大きな問題、です。

みなさんも、試合でどう対応するのか、ある程度結論が無いとずっと攻められます。

キーワードは、センターロブです。

 

センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?

 


 

1.バックハンドリターン、しかもセンターって・・・

かなり厳しい状況ですよね。

バックハンドで強打は出来ない、しかもセンターなので角度も付けられない、相手前衛も動いて来る。

この時に、どうリターンするのか。

まず狙いは、しっかり相手コートのセンターにロブ、を上げるということ。

出来れば、サーブを打った後衛にバックボレーをさせる、という感じですね。

バックハンドリターン、だったらスライスをしっかり使うこと。

センターへコントロール出来れば、活路は見えて来ます。

 

2.流れを確認してみましょう

まず、サーブからの流れを確認してみましょう。

センターへの厳しいサーブ、を打たれてリターン、苦しい場面。

しっかりロブを上げる、相手のセンターを狙いましょう。

ロブなら相手の前衛もポーチに出ることは出来ないですし、後衛の選手にバックボレーをさせればOK。

バックボレーをさせれば、まずは相手はつないで来る、可能性が高いでしょう。

つないで来たボールが少しでも浅ければ、次は攻撃!

ロブを打った後なので、低い位置へのボールが効果的。

相手の足下をしっかり攻撃しましょう。

そして、前に入って更にプレッシャーをかけます。

並行陣相手でも、ロブから崩して前、に入る意識が大事ですね。

そうすれば、相手も打てる場所、スペースが限定されていきます。

最後は前に入って、前衛も一緒にプレッシャーをかけながらアタック!

この場合、最後は相手のボレーミスになりました。

前に入ることで、ミスを引き出した格好ですね。

 

3.ずっとロブ、はやはりしんどい

最初はロブ、でもどこかで前に入りたい。

ずっと後ろで粘ること、は効果的ではありません。

センターにロブ、どこかで相手のバックボレーのカットを引き出して、前に入りたい。

その時に必要なのは、効果的な足下へのショット。

ロブを使っていれば、自然と相手は下がっていきますし、足下に隙が出来る。

ぜひ、このあたりの連続攻撃を意識していきましょう。



4.お勧めの練習法

ボレー対ストロークのラリーを、ロブと足下、交互に打っていきましょう。

ロブを使って相手を下げて、そして足下を攻撃する。

ボレー側の選手は、サービスラインくらいで後ろもカバー出来るポジション、でボレーで返す。

深いロブでも決して下に落とさない、ようなイメージで練習台になることが大事。

ストローク側は、ロブで崩して足下でチャンスを拡げ、最後は前に入って攻撃!というリズムで挑みましょう。

ロブは相手のバック側を狙う、のもポイントです。

 

相手のサーブが良い、センターにどんどん決まるような時には、ロブを使う。

ただ前衛側に上げるだけでは、そのままスマッシュを打たれて終わりですから。

何とか、相手の後衛、サーブを打った選手にバックボレーさせる。

このリズム、リターンゲームで大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  2. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  4. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  5. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  6. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要なテクニックは?

    皆さんの周りに、サーブ&ボレーを得意にしている選手はいるでしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  2. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けてい…
  3. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について
  4. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ
  5. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる
PAGE TOP