リターン

センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?

センターへ厳しいサーブ、これをどうリターンしていくのか。

これは、特にバックハンドリターンでは大きな問題、です。

みなさんも、試合でどう対応するのか、ある程度結論が無いとずっと攻められます。

キーワードは、センターロブです。

 

センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?

 


 

1.バックハンドリターン、しかもセンターって・・・

かなり厳しい状況ですよね。

バックハンドで強打は出来ない、しかもセンターなので角度も付けられない、相手前衛も動いて来る。

この時に、どうリターンするのか。

まず狙いは、しっかり相手コートのセンターにロブ、を上げるということ。

出来れば、サーブを打った後衛にバックボレーをさせる、という感じですね。

バックハンドリターン、だったらスライスをしっかり使うこと。

センターへコントロール出来れば、活路は見えて来ます。

 

2.流れを確認してみましょう

まず、サーブからの流れを確認してみましょう。

センターへの厳しいサーブ、を打たれてリターン、苦しい場面。

しっかりロブを上げる、相手のセンターを狙いましょう。

ロブなら相手の前衛もポーチに出ることは出来ないですし、後衛の選手にバックボレーをさせればOK。

バックボレーをさせれば、まずは相手はつないで来る、可能性が高いでしょう。

つないで来たボールが少しでも浅ければ、次は攻撃!

ロブを打った後なので、低い位置へのボールが効果的。

相手の足下をしっかり攻撃しましょう。

そして、前に入って更にプレッシャーをかけます。

並行陣相手でも、ロブから崩して前、に入る意識が大事ですね。

そうすれば、相手も打てる場所、スペースが限定されていきます。

最後は前に入って、前衛も一緒にプレッシャーをかけながらアタック!

この場合、最後は相手のボレーミスになりました。

前に入ることで、ミスを引き出した格好ですね。

 

3.ずっとロブ、はやはりしんどい

最初はロブ、でもどこかで前に入りたい。

ずっと後ろで粘ること、は効果的ではありません。

センターにロブ、どこかで相手のバックボレーのカットを引き出して、前に入りたい。

その時に必要なのは、効果的な足下へのショット。

ロブを使っていれば、自然と相手は下がっていきますし、足下に隙が出来る。

ぜひ、このあたりの連続攻撃を意識していきましょう。



4.お勧めの練習法

ボレー対ストロークのラリーを、ロブと足下、交互に打っていきましょう。

ロブを使って相手を下げて、そして足下を攻撃する。

ボレー側の選手は、サービスラインくらいで後ろもカバー出来るポジション、でボレーで返す。

深いロブでも決して下に落とさない、ようなイメージで練習台になることが大事。

ストローク側は、ロブで崩して足下でチャンスを拡げ、最後は前に入って攻撃!というリズムで挑みましょう。

ロブは相手のバック側を狙う、のもポイントです。

 

相手のサーブが良い、センターにどんどん決まるような時には、ロブを使う。

ただ前衛側に上げるだけでは、そのままスマッシュを打たれて終わりですから。

何とか、相手の後衛、サーブを打った選手にバックボレーさせる。

このリズム、リターンゲームで大事です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  4. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  6. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力
  2. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無い…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする
  5. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
PAGE TOP