テニス 準備

リターン

サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。

ブレイクの糸口が見えないと、自分のサービスゲームにもすごくプレッシャーがかかりますよね。

これを解消するのは、ロブリターンが大事。

シングルスでもダブルスでも、相手サーバーのリズムを崩していかないと。

明確に変える、ということが大事です。

 

サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

 


 

1.調子が良いサーブ、はまず返そう

良いんです、3球目で打ち込まれても。

相手のサーブは、まず返さないといけない。

そこから、5球目、7球目、にラリーをつなげていく。

調子が良いサーブを崩すには、まず山なりで返すこと。

男性でムキになって強く打って対抗していく人、多いんですよね。

試合の後半になって粘り出しても、時すでに遅し。

しっかり、序盤でロブのようなリターンを入れていくことが大事なんです。

 

2.速い攻撃、が大好きなのがビッグサーバー

サーブが良い選手、得意にしている選手が大好きなこと。

それは、パンパ―ン!と、速いリズムで攻撃していくこと。

サーブを打って、その次のボールですぐに攻撃していく、どんどん試合を進めていく。

これ、ロブリターンを入れることで、どうなるでしょう?

ダブルスなら前衛とサイドチェンジしないといけないですし、シングルスでも簡単に速くは攻められないですよね。

速い攻撃、をさせないという意味で、ロブリターンは非常に有効。

それも、試合の序盤にしっかり見せておくことが大事なんです。

 

3.早めにロブの的を作っておこう

コート後方に、ネット、木があるようなコートであれば的を作る。

サーブが速いと、つい当てるだけ、になりがちですよね。

リターンでロブを打つなら、的を作っておくことをお勧めします。

木の枝、防風ネットの先でも良い。

「あそこを狙うんだ」という強い意志を持って、スライスをかける。

試合会場に入ったら、まずこの的探しから始めると良いですよ。

どんなに速いサーブでも、あそこに上げて返すんだ、という気持ちになれますからね。

 

4.ロブリターンがあるから、通常のリターンが活きる

何ごとも、アクセントが大事。

ロブリターンがあるからこそ、通常のリターンが活きる。

サーブが得意な選手に、主導権を渡さない。

「色々なリターンで、揺さぶりますよ」というメッセージを贈る。

これが出来れば、試合でも勝てるようになる。

サーブを打つ選手が、徐々にイライラしてくるのが分かると思います。

そうなると、勝てそうな自信、雰囲気が出て来る。

ぜひ、ロブリターン一つ、練習から磨いてみて下さい。

 

そう、練習で打つこと、が大事なんですよ。

試合なら、ポイントは簡単に落とせない。

だからこそ、ロブリターンのような技術が必要なのに・・・練習でバンバン打って、ミスしてばかりじゃないですか?

練習から、リターンでロブを使う。

この意識、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  2. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  4. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  5. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

    春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。まず、…

  6. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要
  2. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイン…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
PAGE TOP