リターン

「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実にポイントが獲れる!

甘いサーブ、どんなリターンが有効なのか。

これは、ダブルスであればぜひオススメしたい作戦があります。

その名も、「トップスピンストレートロブリターン」。

名前の通りトップスピンロブをストレートに打つリターン。

改めて、このショットがなぜ有効なのかをしっかり考えていきましょう!

 

「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実にポイントが獲れる!

 

■スライスロブは、相手を崩す作戦としてしか使えない

皆さんがダブルスで戦うときに、ストレートロブを使うと思います。

スライス・・・が多いんじゃないでしょうか?

まず、このスライスロブも非常に有効、ということは言っておきます。

ただし・・・相手を少しだけ崩す、レベルでしょう。

足が速い選手であれば、さほど苦にならない、フォアハンドで回り込んでくる選手も多いはず。

そこで有効になるのが、トップスピンロブ、でのストレートロブリターンなのです。

 

■バウンド後に伸びるロブは、後衛にとって厄介!

スライスロブであれば、ボールはバウンド後に失速する。

ですが、トップスピンロブであれば、バウンド後にも伸びていくので、後衛はスタートが遅いと追いつけない。

しかもリターンで踏み込んでこのロブを打たれると、タイミングが速くサーブの打ち終わりから間も無い。

打たれるとかなりプレッシャーに感じることになるのです。

そこで頭の良いサーバーなら、サーブを打つポジションをセンター寄りに調整するでしょう。

そうなると、今度はショートクロスのリターンが有効になりますよね。

トップスピンロブリターンが有効なのは、後衛に対してプレッシャーをかけてサーブに集中させない、ことが可能になるからです。

 

■「前衛がカットすれば良い?」という問題について

じゃあロブは前衛はカットすれば良いのでは・・・?と思った方、それも正解。

ですが、このトップスピンストレートロブは、「低め」に打つことで威力を発揮します。

低めのロブ、だから触りやすいかも・・・と思ったアナタは、ちょっと考えが甘い。

タイミングが速く縦回転がしっかりかかっているロブは、ボレーするのが非常に難しい。

特にバックハンド側のハイボレーでは、力も入らないので難しいでしょう。

そう考えれば、前衛に触られてもOK、くらいの感覚で充分。

結構楽に、打てると思えませんか?

 

試しに、トップスピンロブ、打ってみましょう。

何も厚いグリップでグリグリに回転をかけなくても大丈夫。

いつも通りの、自然なストロークの回転くらいで有効なロブは打てます。

コツは低く、タイミングを速く、前で捕らえること。

きっとアナタのダブルスの戦い方が、ワンランク上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  2. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  4. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    2人で前の並行陣を相手にしたら、慌てずに真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!…
  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り
PAGE TOP