リターン

「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実にポイントが獲れる!

甘いサーブ、どんなリターンが有効なのか。

これは、ダブルスであればぜひオススメしたい作戦があります。

その名も、「トップスピンストレートロブリターン」。

名前の通りトップスピンロブをストレートに打つリターン。

改めて、このショットがなぜ有効なのかをしっかり考えていきましょう!

 

「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実にポイントが獲れる!

 

■スライスロブは、相手を崩す作戦としてしか使えない

皆さんがダブルスで戦うときに、ストレートロブを使うと思います。

スライス・・・が多いんじゃないでしょうか?

まず、このスライスロブも非常に有効、ということは言っておきます。

ただし・・・相手を少しだけ崩す、レベルでしょう。

足が速い選手であれば、さほど苦にならない、フォアハンドで回り込んでくる選手も多いはず。

そこで有効になるのが、トップスピンロブ、でのストレートロブリターンなのです。

 

■バウンド後に伸びるロブは、後衛にとって厄介!

スライスロブであれば、ボールはバウンド後に失速する。

ですが、トップスピンロブであれば、バウンド後にも伸びていくので、後衛はスタートが遅いと追いつけない。

しかもリターンで踏み込んでこのロブを打たれると、タイミングが速くサーブの打ち終わりから間も無い。

打たれるとかなりプレッシャーに感じることになるのです。

そこで頭の良いサーバーなら、サーブを打つポジションをセンター寄りに調整するでしょう。

そうなると、今度はショートクロスのリターンが有効になりますよね。

トップスピンロブリターンが有効なのは、後衛に対してプレッシャーをかけてサーブに集中させない、ことが可能になるからです。

 

■「前衛がカットすれば良い?」という問題について

じゃあロブは前衛はカットすれば良いのでは・・・?と思った方、それも正解。

ですが、このトップスピンストレートロブは、「低め」に打つことで威力を発揮します。

低めのロブ、だから触りやすいかも・・・と思ったアナタは、ちょっと考えが甘い。

タイミングが速く縦回転がしっかりかかっているロブは、ボレーするのが非常に難しい。

特にバックハンド側のハイボレーでは、力も入らないので難しいでしょう。

そう考えれば、前衛に触られてもOK、くらいの感覚で充分。

結構楽に、打てると思えませんか?

 

試しに、トップスピンロブ、打ってみましょう。

何も厚いグリップでグリグリに回転をかけなくても大丈夫。

いつも通りの、自然なストロークの回転くらいで有効なロブは打てます。

コツは低く、タイミングを速く、前で捕らえること。

きっとアナタのダブルスの戦い方が、ワンランク上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

  3. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  4. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  5. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  6. テニス ボレー

    リターン

    テニスの試合では、ダブルフォルトは待ってるだけじゃなくて「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、断然試合では決まりやすい
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落…
  3. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効…
  4. フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識するだけでテニスのフットワークは大きく変…
  5. その他

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?
PAGE TOP