ダブルス

ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

ダブルスの試合で、ストレートへ展開する。

リターンやストローク、ボレーでもよくありますよね。

でもこの後、どうするのか。

しっかり準備しておかないと、先に展開した方がやられてしまう、ということになってしまいます。

 

ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

 


 

1.正面の相手は、自分の担当

ダブルスでは、これが基本です。

どんな陣形でも、正面の相手は自分が担当する。

ですから、ストレートに打った瞬間に、その選手の担当は自分、ということになります。

自分が担当だから、パートナー任せではダメ。

その選手が打つボールは、もう一度自分が取る、触るくらいの意識でちょうど良い。

この意識が、甘い人が結構多いんですよね。

 

2.自分から展開するから、担当意識が生まれる

ストレートに打ったら、次も自分なんだ!ということ。

この意識が強い人は、試合でもダブルスに強い。

自分から展開するので、次にどうなるのか、もイメージしやすいはずです。

例えば、後衛でプレーしていて相手の前衛にアタックしたら、次も自分が触るつもりで準備する。

抜ける!という期待を持ってはダメ、まず返されることを覚悟しましょう。

自分から展開するので、「次も自分」という意識は持ちやすいはず。

私なら、後衛対前衛だと分が悪いので、前に出ます。

自分の正面の前衛に軽いロブや足下に沈めるボールを打って前、なら担当しやすいですからね。

 

3.ダブルスの前衛、もっと大事な担当意識

勘の鋭い人なら、自分が前衛なら・・・と、思ったはず。

そう、相手の後衛の正面の前衛、が担当になりますからね。

常に実はポーチに出られなくても、自分の担当なんです、ずっと。

ダブルスの前衛として、「担当は自分なんだ」という意識は持てているでしょうか?

これ、なかなか難しいですよ。

後衛の相手は、後衛、と考えがちですよね。

そうではなくて、ダブルスの基本は正面の相手。

つまりは、後衛の相手は前衛、なんです。

 



 

4.ダブルスの試合で、「自分の担当」に配球することが大事

試合の中で、担当はコロコロ変わります。

相手のAさんが担当、次はBさんで、またAさんに戻って・・・という感じ。

これを、いかに自分でコントロール出来るのかどうか。

ダブルスの試合で、受け身になると厳しいですからね。

「自分が打つショットで、意図的に攻撃する」という意識を持つ。

そうすれば、どんどんストレートへ展開していけますよね。

自分の担当ですから、正面の相手を倒すのも自分、です。

 

5.お勧めの練習法

自分の担当が、誰なのかという意識を養いましょう。

ダブルスの雁行陣の形式、2対2の形で、片方の後衛にボール出しからスタート。

後衛が前衛にストレートアタック、この形式を「ストレートロブ、または前衛の足下に沈める」というパターンに限定します。

そこで、次も打った本人が触る、という意識を強く持つ。

前衛が加勢するよりも、後衛が自分で決めにいく姿勢は大事、です。

雁行陣のダブルスの形式で、安易なストレートアタックを卒業しましょう!

 

実際、試合でストレートに打っても決まらない、ポイントが取れない。

こういう人は、多いと思います。

ダブルスで、担当意識をどう養っていくのか。

ストレート、正面の相手は自分の担当なんだ、という強い意識を持つこと。

全てはそこから始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  4. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由

    ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがあるそれは、相手前衛…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  6. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
  2. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  4. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
  5. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
PAGE TOP