リターン

みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

テニスの試合で、あるあるな話。

私たちは練習で相手とラリーする、つなげることに慣れ過ぎているのかも。

リターンのその瞬間に、ついいつもの癖が出てしまう。

みなさんも、そう思いませんか?

 

みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

 


 

1.知らず知らず、のうちに

テニスは、相手のいないところに打つ。

だからポイントが取れるし、相手を走らせることでミスが誘える、疲れさせることも出来る。

でも、私たちにはつい、こういう癖が付いてないでしょうか。

「打って来た人に、まずは返す」という癖。

間違いではないでしょうが、試合ではそれが仇となることも多い。

特にリターンでせっかく余裕があるのに、安全策で相手に返すようなショットを、無意識で打っている人が多い。

私は、すごくもったいないと思います。

 

2.リターンで攻撃的に、がポイント

試合で勝ちたいなら、ここでしっかり相手にプレッシャーをかける。

甘いサーブは許さない、という姿勢を見せることが大事なんです。

であれば、相手に向かってリターンする必要はありません。

相手のいない場所、セカンドサーブで狙えるなら、どんどん狙ってみる。

左右だけでなく、ドロップショットリターンやロブリターンも有効。

とにかく、少しでも余裕があれば、相手のいない場所を狙うという発想が大事なんです。

 

3.サーブを打った後に、すぐ走って打つなんて・・・

これが、難しい。

プロ選手だって、嫌なはず。

自分が精いっぱい打って、やっと入れたセカンドサーブ、その後にすぐに走って打ち返すなんて。

想像するだけで、しんどいじゃないですか。

でもサーブを打ったその場所で、また次のショットが打てるなら結構楽。

試合に勝てない人のリターンは、こういう相手の弱い部分を突けていない。

安全策、いつもの練習の癖だけでリターンしてしまう、から相手にプレッシャーがかからないんです。

 

4.じゃあ、どんなリターンで攻めていこう?

私がお勧めなのは、まずしっかり前に入ること。

ライジング気味のリターンで、相手のいない場所を狙う。

その為には、ネットに近い方が有利ですよね。

そして、相手の甘いワイドのサーブ、これは狙い目です。

センターに入ったサーブは、なかなか角度を付けられないし、いない場所を狙うのが難しい。

でも、ワイドに入ったサーブは狙いどころ満載です。

そのままダウンザラインでも良いし、角度を付けてクロスのリターンでも良いでしょう。

甘いワイドへのサーブこそ、リターンでは狙い目だということを覚えておいて下さい。

 

実際に試合では、甘いワイドへのセカンドサーブから攻撃していきましょう。

ミスしても良い、アタックする姿勢が大事なんです。

しっかりと前に踏み込んで、攻撃していく。

相手のサーバーを動かす、いない場所を狙うという姿勢を貫いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  2. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  4. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  5. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

  6. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  2. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  4. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないそ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合直前の心配や不安は、9割が妄想である
PAGE TOP