リターン

みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

テニスの試合で、あるあるな話。

私たちは練習で相手とラリーする、つなげることに慣れ過ぎているのかも。

リターンのその瞬間に、ついいつもの癖が出てしまう。

みなさんも、そう思いませんか?

 

みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

 


 

1.知らず知らず、のうちに

テニスは、相手のいないところに打つ。

だからポイントが取れるし、相手を走らせることでミスが誘える、疲れさせることも出来る。

でも、私たちにはつい、こういう癖が付いてないでしょうか。

「打って来た人に、まずは返す」という癖。

間違いではないでしょうが、試合ではそれが仇となることも多い。

特にリターンでせっかく余裕があるのに、安全策で相手に返すようなショットを、無意識で打っている人が多い。

私は、すごくもったいないと思います。

 

2.リターンで攻撃的に、がポイント

試合で勝ちたいなら、ここでしっかり相手にプレッシャーをかける。

甘いサーブは許さない、という姿勢を見せることが大事なんです。

であれば、相手に向かってリターンする必要はありません。

相手のいない場所、セカンドサーブで狙えるなら、どんどん狙ってみる。

左右だけでなく、ドロップショットリターンやロブリターンも有効。

とにかく、少しでも余裕があれば、相手のいない場所を狙うという発想が大事なんです。

 

3.サーブを打った後に、すぐ走って打つなんて・・・

これが、難しい。

プロ選手だって、嫌なはず。

自分が精いっぱい打って、やっと入れたセカンドサーブ、その後にすぐに走って打ち返すなんて。

想像するだけで、しんどいじゃないですか。

でもサーブを打ったその場所で、また次のショットが打てるなら結構楽。

試合に勝てない人のリターンは、こういう相手の弱い部分を突けていない。

安全策、いつもの練習の癖だけでリターンしてしまう、から相手にプレッシャーがかからないんです。

 

4.じゃあ、どんなリターンで攻めていこう?

私がお勧めなのは、まずしっかり前に入ること。

ライジング気味のリターンで、相手のいない場所を狙う。

その為には、ネットに近い方が有利ですよね。

そして、相手の甘いワイドのサーブ、これは狙い目です。

センターに入ったサーブは、なかなか角度を付けられないし、いない場所を狙うのが難しい。

でも、ワイドに入ったサーブは狙いどころ満載です。

そのままダウンザラインでも良いし、角度を付けてクロスのリターンでも良いでしょう。

甘いワイドへのサーブこそ、リターンでは狙い目だということを覚えておいて下さい。

 

実際に試合では、甘いワイドへのセカンドサーブから攻撃していきましょう。

ミスしても良い、アタックする姿勢が大事なんです。

しっかりと前に踏み込んで、攻撃していく。

相手のサーバーを動かす、いない場所を狙うという姿勢を貫いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  2. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

  3. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

    リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。ここ、あやふ…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  2. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね
  3. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  5. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
PAGE TOP