テニス ボレー

リターン

初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

こういう話、みなさん考えたことありますか?

私は、ずっと考えています。

言い方は悪いですが、自分よりも実力が下の相手には絶対に負けたくないですから。

初中級の方がどういう試合をやる傾向が強いのか、を研究してみると・・・面白いですよ。

例えば、サーブなんてどうでしょうか?

 

初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

 

1.初中級者にとって、サーブは最大の難関

まぁ、苦手な人が多いじゃないですか。

試合で緊張した場面で、サーブを打つ、入れる。

これはすごく難しい・・・から、何を考えているのか、を考えてみると面白い。

入れたい、という気持ちが強いから、コートの端からクロス=ワイド方向に打つ。

ワイド方向がサービスエリアの端、に入りそうな雰囲気があるじゃないですか、テニスは。

距離も長く取れそうに見えますしね。

それから、コートの端から打ちたい、と考えるのも初中級の方の典型的な心理です。

 

2.味方の足を引っ張りたくない、と考えるから・・・?

コートの端、からダブルスの試合は打つことになる。

サーブを打って、自分はこっち側の半面をしっかり守ること、を最優先に考えますからね。

だからこそ、しっかり端に立った方が自分が安心出来る。

そうなると、もうセンターにはサーブ、入らないと思って良いですよね。

こうなると、リターンはすごく楽。

クロス方向、ワイド方向のサーブだけケアして、しっかり踏み込んで攻撃出来ますから。

初中級者の方との試合は、リターンはこれだけ考えておけば良い。

そう思いませんか?

 

3.初中級者のあるある、を見つけることを真剣に考える

これって、実は大事なことなんです。

格下相手に確実に勝つ、ことをしっかり考えておけば、試合で勝ち抜ける。

それも、安心安全に。

アナタ自身、強くなっていく過程できっと気付いていることだと思います。

こういうノウハウ、しっかり一度まとめてみると良いと思いますよ。

力を使わないで、「あるあるの法則」を突いて、楽に勝つ。

こういう意識、が出てくればきっと上での戦いに集中出来ますからね。

今回はサーブのコースの話でしたが、まだまだ色々あるでしょう。

 

4.セカンドサーブは特に狙い目

話をサーブのコースに戻すと、セカンドサーブはもっと狙い目でしょう。

しっかりセンターにセカンドサーブが入る、ような人は本当に上級者のみ。

やっぱり、私でもクロス方向に打ちたくなる。

もっと言えば、あまりコースは考えない、入れば良い・・・という人が多いんじゃないでしょうか?

こういう時には、サーブはワイドに入る、またはボディくらいに来る、と考えてリターンのポジションを合わせてみましょう。

厳しいワイドも、捨てる。

甘いワイドからボディ、へのサーブを予測して回り込んでみると、きっと試合で攻勢に出れると思いますよ。

 

言われてみれば、これも当たり前の話かも知れません。

でも、あるあるとして整理しておくだけで、かなり試合では楽になると思います。

逆に言えば、アナタ自身は相手に「あるあるな人」だと思われないように。

どこかでしっかりコースを突いたサーブ、を打っていくことも必要でしょう。

初中級者に負けないテニスって、実はこういうノウハウを溜めて置けるかどうか、だと思います。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  2. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  3. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  4. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

  5. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  6. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること
  4. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  5. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
PAGE TOP