メンタル

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

試合で強い人は、ミスを続けない。

切り替えが上手い、ように見えますよね。

もっと落ち込んで欲しいのに、落ちない。

こういう人は、何を考えて試合をしているのか。

発想の転換が出来れば、アナタ自身も試合で出来るはず。

本当に、ちょっとしたこと、ですよ。

 

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

 


 

1.そもそも、ミスだと思っていない

私の感覚だと、これが大きいと思います。

実際に試合で強い、ミスが少ない選手に話を聞くと、そもそもミスだと感じていないんですよね。

ちょっとした打ち損じ、ネット、アウトも。

「この打ち方なら、入らないことが分かった」という感じ。

試合の中でも、微調整を繰り返していける、その過程での失点はしょうがないというイメージなんです。

みなさんも、試合だと練習通りなかなか打てないですよね。

だから、調整ショットは絶対に必要なんです。

 

2.ボール、気候、サーフェス、全部違うんだから

練習とは全てが異なります。

ニューボールですし、コートも違う、もしかしたら標高が違って気圧が低いかもしれない。

だから、試合をノーミスで終えるなんて不可能、調整期間が必要なんです。

上手い人は、その調整能力が高い。

一見ミスになったようなショットで、色々なデータを取得出来ているように見えます。

だから、ミスを繰り返さないし落ち込むことも無い、調整出来るという自信がある。

これは、アナタ自身にも必要なことですよ。

 

3.試合の入りをどう入るのか?

「でも、自分にはそんな調整力が無い、そもそもミスが続く・・・」という方へ。

まず、試合の入りでどういうショットから入るか、です。

いきなり100%の力、で入ったら調整も何無いでしょう。

60%くらいの力で、スウィングスピードも80%くらい、でしょうか。

これでまず軌道を見て、調整していく。

ただコートに入っているだけ、ではなくどこにバウンドしているのか、その後の伸びはどうか。

自分の試合の出だしのショット、はまずその日の健康診断のようなもの。

悪いところに気付く、あぶりだすことをイメージしてみて下さい。

そうすれば、ミスが少ないショットに行きつくのも早いでしょう。

 

4.メンタルが落ちない、そんな理屈をいつも持っておく

ちょっとひねくれた人、くらいでちょうど良い。

自分のミスを、全て「必要なこと」として準備しておきましょう。

試合は、全てのポイントを取る必要はありませんからね。

失点を重ねても、最後に勝てば良い。

その理屈を、自分の中で持っておくとが大事になります。

ミスして落ち込むから、引きずるから繰り返す。

これが試合に勝てない人、の典型例じゃないですか。

自分の中で、どう整理しておくのか。

そして、それを練習から実践しないと身に付かないですよ。

 

ミスが続かない人は、ただ前向きなだけじゃない。

ミスが必要な根拠を持っているし、自分を納得させている。

技術ではなく、考え方の問題ですね。

これだけで、間違いなくアナタ自身の試合は安定してくるでしょう。

簡単なことでは無い、だからこそ準備する価値があるんです。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  3. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

    試合に出ていると、常に葛藤の連続。みなさんも、勝ちたいと思った…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

    最近、改めて感じることがあります。アンケートやお問合せ、twi…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    自分が我慢して保たれる世界は、きっと幻想

    テニスは、一人では出来ない。相手と打ち合い、切磋琢磨し、成長…

  6. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス トイレ

    テニス知識

    準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
  3. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?
  5. Q&A

    Q&A「シングルスで、どう戦えば良いかサッパリ分かりません」
PAGE TOP