メンタル

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

試合で強い人は、ミスを続けない。

切り替えが上手い、ように見えますよね。

もっと落ち込んで欲しいのに、落ちない。

こういう人は、何を考えて試合をしているのか。

発想の転換が出来れば、アナタ自身も試合で出来るはず。

本当に、ちょっとしたこと、ですよ。

 

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

 


 

1.そもそも、ミスだと思っていない

私の感覚だと、これが大きいと思います。

実際に試合で強い、ミスが少ない選手に話を聞くと、そもそもミスだと感じていないんですよね。

ちょっとした打ち損じ、ネット、アウトも。

「この打ち方なら、入らないことが分かった」という感じ。

試合の中でも、微調整を繰り返していける、その過程での失点はしょうがないというイメージなんです。

みなさんも、試合だと練習通りなかなか打てないですよね。

だから、調整ショットは絶対に必要なんです。

 

2.ボール、気候、サーフェス、全部違うんだから

練習とは全てが異なります。

ニューボールですし、コートも違う、もしかしたら標高が違って気圧が低いかもしれない。

だから、試合をノーミスで終えるなんて不可能、調整期間が必要なんです。

上手い人は、その調整能力が高い。

一見ミスになったようなショットで、色々なデータを取得出来ているように見えます。

だから、ミスを繰り返さないし落ち込むことも無い、調整出来るという自信がある。

これは、アナタ自身にも必要なことですよ。

 

3.試合の入りをどう入るのか?

「でも、自分にはそんな調整力が無い、そもそもミスが続く・・・」という方へ。

まず、試合の入りでどういうショットから入るか、です。

いきなり100%の力、で入ったら調整も何無いでしょう。

60%くらいの力で、スウィングスピードも80%くらい、でしょうか。

これでまず軌道を見て、調整していく。

ただコートに入っているだけ、ではなくどこにバウンドしているのか、その後の伸びはどうか。

自分の試合の出だしのショット、はまずその日の健康診断のようなもの。

悪いところに気付く、あぶりだすことをイメージしてみて下さい。

そうすれば、ミスが少ないショットに行きつくのも早いでしょう。

 

4.メンタルが落ちない、そんな理屈をいつも持っておく

ちょっとひねくれた人、くらいでちょうど良い。

自分のミスを、全て「必要なこと」として準備しておきましょう。

試合は、全てのポイントを取る必要はありませんからね。

失点を重ねても、最後に勝てば良い。

その理屈を、自分の中で持っておくとが大事になります。

ミスして落ち込むから、引きずるから繰り返す。

これが試合に勝てない人、の典型例じゃないですか。

自分の中で、どう整理しておくのか。

そして、それを練習から実践しないと身に付かないですよ。

 

ミスが続かない人は、ただ前向きなだけじゃない。

ミスが必要な根拠を持っているし、自分を納得させている。

技術ではなく、考え方の問題ですね。

これだけで、間違いなくアナタ自身の試合は安定してくるでしょう。

簡単なことでは無い、だからこそ準備する価値があるんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

  2. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

    テニスボールは、とても正直。私は、また最近そう感じています。…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない

    来月は、今年も福岡で高校選抜テニス大会、が開幕。本格的に春のテ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  6. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方につい…
  3. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう
  4. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー
PAGE TOP