メンタル

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

試合で強い人は、ミスを続けない。

切り替えが上手い、ように見えますよね。

もっと落ち込んで欲しいのに、落ちない。

こういう人は、何を考えて試合をしているのか。

発想の転換が出来れば、アナタ自身も試合で出来るはず。

本当に、ちょっとしたこと、ですよ。

 

試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

 


 

1.そもそも、ミスだと思っていない

私の感覚だと、これが大きいと思います。

実際に試合で強い、ミスが少ない選手に話を聞くと、そもそもミスだと感じていないんですよね。

ちょっとした打ち損じ、ネット、アウトも。

「この打ち方なら、入らないことが分かった」という感じ。

試合の中でも、微調整を繰り返していける、その過程での失点はしょうがないというイメージなんです。

みなさんも、試合だと練習通りなかなか打てないですよね。

だから、調整ショットは絶対に必要なんです。

 

2.ボール、気候、サーフェス、全部違うんだから

練習とは全てが異なります。

ニューボールですし、コートも違う、もしかしたら標高が違って気圧が低いかもしれない。

だから、試合をノーミスで終えるなんて不可能、調整期間が必要なんです。

上手い人は、その調整能力が高い。

一見ミスになったようなショットで、色々なデータを取得出来ているように見えます。

だから、ミスを繰り返さないし落ち込むことも無い、調整出来るという自信がある。

これは、アナタ自身にも必要なことですよ。

 

3.試合の入りをどう入るのか?

「でも、自分にはそんな調整力が無い、そもそもミスが続く・・・」という方へ。

まず、試合の入りでどういうショットから入るか、です。

いきなり100%の力、で入ったら調整も何無いでしょう。

60%くらいの力で、スウィングスピードも80%くらい、でしょうか。

これでまず軌道を見て、調整していく。

ただコートに入っているだけ、ではなくどこにバウンドしているのか、その後の伸びはどうか。

自分の試合の出だしのショット、はまずその日の健康診断のようなもの。

悪いところに気付く、あぶりだすことをイメージしてみて下さい。

そうすれば、ミスが少ないショットに行きつくのも早いでしょう。

 

4.メンタルが落ちない、そんな理屈をいつも持っておく

ちょっとひねくれた人、くらいでちょうど良い。

自分のミスを、全て「必要なこと」として準備しておきましょう。

試合は、全てのポイントを取る必要はありませんからね。

失点を重ねても、最後に勝てば良い。

その理屈を、自分の中で持っておくとが大事になります。

ミスして落ち込むから、引きずるから繰り返す。

これが試合に勝てない人、の典型例じゃないですか。

自分の中で、どう整理しておくのか。

そして、それを練習から実践しないと身に付かないですよ。

 

ミスが続かない人は、ただ前向きなだけじゃない。

ミスが必要な根拠を持っているし、自分を納得させている。

技術ではなく、考え方の問題ですね。

これだけで、間違いなくアナタ自身の試合は安定してくるでしょう。

簡単なことでは無い、だからこそ準備する価値があるんです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差

    人の話を聞いているのか、どうなのか。これは、会話の中ですぐに分…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない

    テニスの試合は、どんなにリードを奪っても1セットでは5-0。5…

  5. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  6. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  2. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
  3. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
PAGE TOP