メンタル

最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

試合に入って、何だか調子が良くて良い感じ。

強い相手にも、3-0くらいでリードして・・・そこから、どうでしょうか?

競っては落とし、のゲームを繰り返して結局4-6で負けるような試合、多くないですか?

こんな試合を勝ってこそ、本当に自信が付きますよね。

今回は、ちょっとした試合運びのコツを書いてみます!

 

最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

 


 

1.リードは守るんじゃなくて、活かす

私は、こう考えています。

リードを守る、と考えるとプレーが消極的になりますからね。

リードは守っても守り切れない、だから活かすことを考える。

例えば、3-0で序盤にリードしたなら、どう活かしましょうか。

相手は、当然プレーを変えて来ます。

恐らく、自分のミスが多いと感じてプレーを堅実にしてくるでしょう。

テニスコートで起きている試合って、ほとんどパターンは決まっています。

ミスが少ない選手が、ミスを減らして挽回する、それだけのことです。

 

2.相手は堅実になる、ことが分かっているなら・・・?

3-0でリードした時点で、まず相手は堅実になります。

変なミス、はもうしないと思った方が良いでしょう。

となれば、アナタ自身が考えること、やるべきことは何でしょうか?

堅実にプレーさせない、と思ったらまずはネットに出る。

シングルスならあえて、相手に攻めさせてみるのも有りでしょう。

浅いボールを打って、「さぁ攻撃して!そして、ミスして!」という感じで。

ペースを落とそうとする相手に、そうさせない工夫が大事です。

 

3.3-0からは、選手交代!

しましょう、試合では。

全く別な選手になって、新しく戦う。

そうすれば、相手だって嫌ですよ。

リードされているとはいえ、ようやく感覚もつかめて来てミスも減ってきたのに・・・なんだか感じが変わっていく。

リードを守るんじゃなくて、プレッシャーにして活かす。

そのために、アナタ自身も「変身できるスタイル」を持っておきたいですね。

待っていても、もう相手はミスしてくれませんから。

そのままリードを守ろうとしても、勝てないですよ。

 

4.結局、ミスが多い方が試合は負ける

色々なテニスの参考書、雑誌には書いてありますよね。

やはり、序盤のリードは相手のミスが多い。

これをまず自覚して、減らして来たときの準備をすることが大事。

プレースタイルを変えること、が私はお勧めです。

調子が悪いときにはもちろん、リードしたときにも、です。

堅実にいきたいのに、何かしないといけない・・・というプレッシャーをかけ続けましょう。

3-0リード、そこからまた別な選手で試合開始!

これがキーワードです。

 

強い相手に勝ちたいなら、これくらいは最低限必要ですね。

相手の勝ちたいという意志を、見くびってはいけません。

0-3ビハインドなんて、試合慣れしている選手からするとまだまだ序の口。

アナタ自身、そこからが勝負ですね。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  2. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  3. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  5. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意…
  2. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オス…
  3. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?
  5. 戦術

    試合で出せる技、が全て
PAGE TOP