戦術

気持ちが入ったボールって、何かが起きる

試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。

大したボールじゃないのに、ムキになって打ってしまう。

こういう時は、ふと冷静にならないといけません。

アナタ自身が感じている何か、がいつもと違うはず。

そしてその時の対戦相手は、きっと気持ちが籠ったプレーをしているはずなんです。

 

気持ちが入ったボールって、何かが起きる

 


 

1.熱くなる、には理由がある

みなさんも、試合で経験あると思います。

なぜか気持ちが昂る、すごく倒したい相手・・・と対戦するとき。

こういう時は、私の感覚だとミスが増える。

相手が気迫あふれるプレーをするので、応戦したくなるんですよね。

アウトボールをつい触ってみたり、無理なショットを打ってみたり・・・勝負したくなってしまうんです、人は。

こういう時こそ、冷静になる。

やるのは、テニスのルールでのテニスの試合、ですからね。

 

2.相手のボールを、冷静に見極めよう

前衛にいる時に、相手のアウトボールを見極める。

これは、気持ちがこもったようなショットほど、冷静に見極めることが大事です。

打つ瞬間に声を出したり、ランニングショットを打つような相手に、惑わされてはいけません。

相手のアウトボールを触ってしまうかもしれない、と自分を疑っておくこと。

熱くなりそうな試合、を感じること。

そうすれば、悔しい敗戦も防げるでしょう。

どんなに気持ちがこもったショットでも、飛んで来るのはテニスボールだけです。

 

3.何かが起きるとすれば、それはアナタ自身の中で起きている

粘り強い相手が、格上の相手を倒す。

テニスでは、団体戦でよくある光景ですよね。

この時、何がコート上で起こっているのか。

気持ちがこもったプレーで、格上の選手の中で何かが起きている、変化しているはず。

このザワザワ感、テニスの醍醐味です。

1ポイントずつじっくり進んでいくテニスの試合、だからこそ、ですよね。

テニスの試合は、気持ちのこもったプレーで何かが起きる。

こういう経験が、選手としてのメンタルを分厚くしていくんです。

 

4.アナタは常に、「何かを興す側」で

テニスの試合は、実力差を覆せる。

最後まで諦めないで、声を出して腕を伸ばして、相手コートに返すことが出来れば何かが起きる。

これは、一度経験すると癖になりますよ。

常に、何かが起きる、興すのは自分自身。

試合でどんなに劣勢でも、騙されたと思って1球相手コートに返してみる。

「どうせ決められるかな・・・」と、思った瞬間に。

きっと何かが起きるはずです。

 

結構、チャンスは目の前に転がっています。

勝てそうにない相手、実力差がありそうな相手ほど、実は攻略出来るもの。

気持ちがこもったボールで、何かが起きる、変わっていく。

今日も、どこかのテニスコートでそれは起きているはずです。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  2. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ

    「調子が上がらないで、負けた・・・」という試合、多くないですか?…

  3. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

    チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。この違…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい

    対戦相手が、技巧派な場合。私は、まずは「やりやすいかも」と感じ…

  5. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?

    練習だと伸び伸び打てても、試合だと難しい。それがテニスの面白い…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  4. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
  5. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
PAGE TOP