テニス ストローク

フットワーク

遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる

プロ選手の試合を観ていると、細かい息遣いも聞こえて来ますよね。

ボールを追う時、小さく声を出す、息を吐くようなケース、よく見受けられます。

これは、私たちもぜひ取り入れたい、基本の技術。

遠くのボールを追う時に、意識してみると守備範囲が広がりますよ。

 

遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる

 


 

1.ボールを追う時の、最後の伸びが欲しいとき

「はっ!」と、声を出す、息を吐く。

これって、みなさんも試合でやることありませんか?

遠くのボールを追う時って、こういう風に息を吐いた方が、腕が伸びる。

身体全体がリラックス出来るので、最後の柔軟性が活かせやすいんですよね。

本当に、数cm伸びるだけ、かもしれませんが。

特に相手に攻撃されている時には、この数cmが大事、になってくるんですよ。

 

2.声を出すことで、自然とリラックス出来る

相手から攻撃されている時は、力んでしまいがち。

何とか相手コートに返せば良い、という時なんかは、力んだら損するだけ。

リラックスして、粘るようなプレーは特にシングルスで大事になってきます。

声を出すと、自然と力は抜ける。

自分の声を聴くと、どこか安心もできますよね。

「はっ!はっ!」と言いながらボールを追うのって、本当に効果あるんですよ。

 

3.自分を鼓舞する意味でも、効果的

私は、この意味合いも強いと思っています。

自分を鼓舞する、「拾えるぞ!」と自分に言い聞かせる。

だからこそ、最後まで追っていける。

声を出していないと、あっさりやられてしまうような気がしませんか?

あと少し、で追いつけるなら、声を出して自分を盛り上げていく。

取るぞ!という姿勢を、相手と自分にも見せつけること、が試合では大事ですからね。

 

4.周りも自然と、応援してくれる効果も!

試合でよく粘る、そんな選手は応援したくなる。

それは、一般の大会でも一緒だと思います。

声を出して粘っている選手は、どこか観客を巻き込んでいくような力、があると思うんです。

シングルスの試合で、相手から押されても諦めない。

そんな選手が、大番狂わせを興していく。

小さく声を出してボールを追っていれば、自然と良い試合が出来ると私は思いますよ。

 

本当に小さいことですが、ぜひ意識してみて下さい。

恥ずかしいと思う必要は、無いと思いますよ。

本当に小さい声、だけでかなり変わりますから。

静かにテニスをしているだけ、だとなかなか試合には勝てない。

困難に立ち向かうアナタ自身の声、を私は応援していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

    練習中、試合中、「足を動かして!」という声をよく聞きます。これ…

  4. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  5. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。そうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「セミショートクロス」を、試合で使っていこう
  2. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事
  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  4. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
PAGE TOP