その他

相手の声に、惑わされるな

テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。

男女、年齢、経験問わず、プレースタイルから何から人それぞれ。

だからこそ、試合は面白い。

でも、経験が浅いとちょっとしたこと、で気になったりリズムが乱れたりしますよね。

今回は相手の「声」について考えてみましょう。

 

相手の声に、惑わされるな

 


 

1.ポイントを取って「カモン!」

くらいは、誰でも出します、実際。

普段は静かな選手の方でも、ここぞのポイントでは声を出す。

こういう相手を、「やり辛いな・・・」と思ったら、勝てません。

「何だこの野郎!」と感情的になっても、勝てない。

テニスの試合とは、こういうもの、声を出すもの、と思っておく。

サッカーや他のスポーツの試合でも、得点シーンはみんな喜びますからね。

もちろん度が過ぎたマナー違反はダメですが、「カモン!」くらいは言わせてあげましょう。

それくらいの方が、楽に戦えます。

 

2.ショットと声量が比例しない人、多数

ポイントを取った後、以外にも声を出す場面はテニスでは多い。

例えば、ショットを打つ時ですよね。

サーブ、ストローク、打つ瞬間に声を出す人は多いじゃないですか。

これも、度が過ぎなければテニスでは違反ではありません。

大事なのは、惑わされないこと。

すごく良い声、大きな声なのに、ボールは大したことない人もいますからね。

最初に情報として入って来る声、に惑わされてはいけない。

比例しない人、も多いですから。

しっかりと相手の実力、本質を見ること、を意識して下さい。

 

3.自分はどんな声、を出せば良い?

私は、基本的にはあまり声を出しません、試合中は。

だって疲れるじゃないですか、大声出しても。

ですので、ポイント後の「カモン!」は大事なところ、で取っておく。

本当に大事な1ポイントを取ったら、声を出して自分を盛り上げる、会場の雰囲気を作る。

ショットを打つ時に出す声も、毎回じゃない。

絶対に入れたいサーブやストローク、の時に絞って出してみるのは良いでしょう。

自分を鼓舞出来ますし、試合にメリハリをつけることが出来ると私は思っています。

ただ、これはその人によってやりやすい、やりにくいがあると思いますので、ぜひカスタマイズしてみて下さい!

 

4.冷静に、冷静に、心は熱く

テニスの試合は、冷静に、冷静に・・・。

でも、心の中は熱く燃え滾っているじょうな状態、をキープしましょう。

試合が上手くいかなくて声を出す、ような発散をする人もいますよね。

そういう相手を見ても、自分はあくまで冷静に、試合を淡々と進めていく。

ここぞ、の場面では声を出して自分を上げていく。

どうでしょう、声に着目してみると、アナタ自身の試合も変わっていくと思いますよ。

よりエネルギッシュに、抑揚のあるメリハリのある試合、になるでしょう!

 

声を出すのって、ちょっと恥ずかしい・・・と思う方もいると思います。

はい、基本は私もそうです。

でも、ただ静かに試合を進めて勝てる相手は、自分と同等くらいまででしょう。

本当に強い相手には、ここぞの場面で声を出していかないと。

熱い試合、それは大事な場面で声の出る試合、だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  2. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

    対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。そう、まず…

  4. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

    試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。この問題につい…

  5. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノートは活かされる

    テニスノートは、アナタ自身で継続して書くことが大切ですが、それだけでは…

  6. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  2. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  3. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
  4. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
PAGE TOP