その他

相手の声に、惑わされるな

テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。

男女、年齢、経験問わず、プレースタイルから何から人それぞれ。

だからこそ、試合は面白い。

でも、経験が浅いとちょっとしたこと、で気になったりリズムが乱れたりしますよね。

今回は相手の「声」について考えてみましょう。

 

相手の声に、惑わされるな

 


 

1.ポイントを取って「カモン!」

くらいは、誰でも出します、実際。

普段は静かな選手の方でも、ここぞのポイントでは声を出す。

こういう相手を、「やり辛いな・・・」と思ったら、勝てません。

「何だこの野郎!」と感情的になっても、勝てない。

テニスの試合とは、こういうもの、声を出すもの、と思っておく。

サッカーや他のスポーツの試合でも、得点シーンはみんな喜びますからね。

もちろん度が過ぎたマナー違反はダメですが、「カモン!」くらいは言わせてあげましょう。

それくらいの方が、楽に戦えます。

 

2.ショットと声量が比例しない人、多数

ポイントを取った後、以外にも声を出す場面はテニスでは多い。

例えば、ショットを打つ時ですよね。

サーブ、ストローク、打つ瞬間に声を出す人は多いじゃないですか。

これも、度が過ぎなければテニスでは違反ではありません。

大事なのは、惑わされないこと。

すごく良い声、大きな声なのに、ボールは大したことない人もいますからね。

最初に情報として入って来る声、に惑わされてはいけない。

比例しない人、も多いですから。

しっかりと相手の実力、本質を見ること、を意識して下さい。

 

3.自分はどんな声、を出せば良い?

私は、基本的にはあまり声を出しません、試合中は。

だって疲れるじゃないですか、大声出しても。

ですので、ポイント後の「カモン!」は大事なところ、で取っておく。

本当に大事な1ポイントを取ったら、声を出して自分を盛り上げる、会場の雰囲気を作る。

ショットを打つ時に出す声も、毎回じゃない。

絶対に入れたいサーブやストローク、の時に絞って出してみるのは良いでしょう。

自分を鼓舞出来ますし、試合にメリハリをつけることが出来ると私は思っています。

ただ、これはその人によってやりやすい、やりにくいがあると思いますので、ぜひカスタマイズしてみて下さい!

 

4.冷静に、冷静に、心は熱く

テニスの試合は、冷静に、冷静に・・・。

でも、心の中は熱く燃え滾っているじょうな状態、をキープしましょう。

試合が上手くいかなくて声を出す、ような発散をする人もいますよね。

そういう相手を見ても、自分はあくまで冷静に、試合を淡々と進めていく。

ここぞ、の場面では声を出して自分を上げていく。

どうでしょう、声に着目してみると、アナタ自身の試合も変わっていくと思いますよ。

よりエネルギッシュに、抑揚のあるメリハリのある試合、になるでしょう!

 

声を出すのって、ちょっと恥ずかしい・・・と思う方もいると思います。

はい、基本は私もそうです。

でも、ただ静かに試合を進めて勝てる相手は、自分と同等くらいまででしょう。

本当に強い相手には、ここぞの場面で声を出していかないと。

熱い試合、それは大事な場面で声の出る試合、だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

    テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言わ…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

    強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがい…

  3. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  4. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  5. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています

    毎日サイトをご覧頂き、ありがとう御座います!Twitterでも…

  6. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、ア…
  5. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
PAGE TOP