テニス フットワーク

その他

テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュでき、試合の流れも変えられる!

テニスの試合で声を出すこと・・・これには賛否両論あります。

つい最近も、プロテニス選手でボールを打つ時に声を出すことで警告を受けていた選手がいましたね・・・。

あくまで私の考えですが、今回紹介する「厳しいボールを追いかけていくときに、少し声を出す」というのは、ルールにも抵触せずお勧めです。

しかも、結構効果があるような気がします。

テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュでき、試合の流れも変えられる!

 

■テニスで声を出すのは、打つ時やポイントを獲った時だけ?

テニスの試合では、ボールを打つ時に声を出したり、ポイントを取得したときに気合いを前面に出して声を出す選手、いますよね。

色々な考え方があると思いますが、やはりあまり感情を表に出し過ぎるのはどうかな・・・とも思います。

しかし、声を出すというのは同時に息を吐くことにもなりますので、効果的に使えばテニスやスポーツで自分の身体をコントロールする上で有効な手段になります。

例えば、厳しいボールを走って追いかけているとき・・・にはどうでしょうか?

マレー選手なんかは、かなり「ハッ、ハッ!」と言いながら、試合中に走ってますよね。

 

■声を出して凌いだポイントは、試合の流れを持ってきやすい!

実はこれ、やってみると分かるんですが結構ボールに追いつけます。

ただ声を少し出しながら・・・走るだけで、です。

メンタル的に、「絶対獲りたい!」という部分を声に出すことで、自分をプッシュできるのかも知れません。

周囲に対しても、「俺は絶対、ボールに触るんだ!」というメッセージを伝えることにもなります。

また同時に、息を吐いてリラックスすることで、追い付いたときのショットも力が抜けている。

大声を出さないでも、これだけの効果が得られる・・・かも知れません。

 

■声を出すと力が抜けて、自然と良いショットが打てる

私自身、普通のストロークやボレーでは小さ目の声を出すようにしています。

「フーッ」と息を吐く程度で、相手にも周りにも聞こえないレベルです。

これをやることで、リラックスできますしラリーにリズムが生まれやすい。

こちらもぜひ試して欲しいのですが、他にも声・息の活用方法はあるかも知れません。

ぜひ、アナタ自身で研究してみて下さい。

 

この「ボールを追いかけるときの声」は、観衆を味方に付けます。

応援したくなりますよね?そんな風に必死に追いかけている場面を観ると。

そしてそこからボールに追いついて返球でき、ポイントも獲れればもう試合の流れを左右するポイントにできます。

そう、試合の流れは自分たちで持ってくるモノなのです。

その一つの方法として、ぜひ意識して声を出しながらボールを追いかけてみて下さい。

アナタ自身、思わぬ効果が見えてくるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  3. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」です

    テニスノートを書き続けているけど、イマイチ自己流で書き方に自信が無い・…

  4. テニス 計算
  5. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ

    テニスコーチにテニスを習っている、または部活でたまに指導してもらってい…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

特集記事

  1. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  2. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法
  3. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  4. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必…
PAGE TOP