テニス メンタル

メンタル

決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

決めて断つ、のが決断。

決断出来る人は、テニスでも強いし、上達も早い。

決断出来ない人は、いつでもテニスが他人任せですからね。

試合で最後に頑張れるかどうか、は決断出来るかどうかにかかってるんです。

 

決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

 


 

1.コミットするのは、自分自身

結果にコミットする、というダイエットジムがありますよね。

あれって、まさに決断。

高いお金を払うのもそうですし、厳しいプログラムを受け入れるのもそう。

この成果を出すために必要なのは、ジム側のコミット?

違います、アナタ自身が決断して、コミットすること。

これが第一ですし、周りはサポートでしかない。

自分が決断、コミット出来ない限り、痩せることが出来ないことを誰のせいにでも出来ます。

これは、テニスも一緒ですよ。

 

2.決断しない人は、失敗も出来ない

自分の中身を出す、やり切ることが出来ないですから。

決断出来ない人は、失敗も出来ない。

例えば試合で、ショートクロスのようなショットを打つとしましょう。

これ、練習では打てても試合ではなかなか打てない。

狙うスペースは小さいし、振り切らないと入らないですからね。

でも、しっかり打つと決断した人は、打てる。

そして、失敗が出来る。

決断出来ない人は、中途半端につないで、結果的に相手に決められる。

こういう人が8割、でしょう。

難しいショットを振り切る、という決断が試合で出来る人は、上達も早いんです。

 

3.結論から入る、癖を付けよう

「自分に足りないのは、これ。だから・・・」という感じ。

練習でもレッスンでも、結論から入りましょう。

「自分は来年市民大会でベスト4に入る。だから・・・」と、主体性のある言葉を作る。

テニスを自分から動かしていく、主役は自分だという意識が大事です。

結論から入る、という癖が付けば、自然と決断出来る。

決断してから、の行動が取れるようになる。

アナタ自身の全て、が変わっていくと思いますよ。

 

4.周りの人を巻き込んでいこう

まず、アナタ自身の仲間やコーチと、決断を共有しましょう。

自分の中だけ、ならその決断はかき消される。

無かったこと、にいつでも出来る。

コーチや仲間に、自分は何にコミットするのか、決断するのか、を明らかにしてみる。

勇気が要りますよね。

不安ばかり募りますよね。

でも、その不安こそ、アナタ自身を強くしてくれる源になる。

だからみなさんなら達成出来る、と私は思います。

 

結果にコミットするのは、自分自身。

いつでも、テニス以外でもそうだと思います。

どこかで、周りに期待していませんか?

アナタ自身が決断しないと、何も変わらないし、言い訳ばかりが出て来るだけ。

季節の変わり目、変わるべきは、アナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

  5. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  6. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  2. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  4. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを
  5. テニス ストローク

    リターン

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャー…
PAGE TOP