ボレー

ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。

私たちはつい、忘れてしまいがちなことがあります。

テニスは、ラケットを使ってボールを打つ競技。

色々な作戦、ショット、が成り立つのはボールを正確に当てる能力があってこそ、ですからね。

 

ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

 


 

1.昔よくやった、手出し練習

中学生のころ、まだテニスを始めたばかりのころによくやった練習があります。

ペアで片方の選手がラケットを持っている選手にトス、ボレーで軽く打ち返す、という練習。

これ、学校にテニスコートが無かったのと、ボレー同士のボレーボレーだと続かなかったので、こういう練習をずっとやっていたように思います。

打つ方も、相手が手でキャッチ出来るくらい、やさしく返す。

ひたすら、遅いボールをラケットの真ん中に当てる練習、ですね。

地味ですけど、これってすごく大事な練習。

ボレーの基礎を、すごく養えたのま間違いないです。

 

2.遅いボールを真ん中に、しっかり当てられる?

意外と、難しいですよ。

遅いボールをラケットの真ん中に当てるのって。

ボレーの場合、ある程度速いボールの方が実は楽、だったりしますからね。

遅いボールは、重力の影響を受けて山なりになって、自分の近くでは下方向に飛んでいく。

みんな、これに泳いでしまうんですよね。

試合で遅いボールをガシャ!となる人、多いじゃないですか。

これは、ラケットの真ん中に当てるのに失敗しているから。

スポーツって、難しいですよね。

 

3.遅い=簡単、という勘違い

テニスに限らずですが、この先入観ってどこかにある。

油断していないつもりでも、どこかで遅いボールは楽に返せる、というイメージがあるんだと思います。

テニスの場合、遅いボールの方が難しい。

自分に向かって来ないボールを、足を使って打ちにいかないといけないですからね。

待ってしまうと、もう試合では返せない。

打点が下がって、結局攻撃出来ないでミスしてしまう。

ラケットの真ん中にも当たらないでしょう。

 

4.ラケットは顔の近く、が基本だから・・・

しっかりボールに近づくこと。

ネットに詰めること、が大事になって来ます。

ボレーの基本は、ラケットを顔の近くにセットして打つこと、この距離感が変わらないことが大事。

遅いボールは、腕を伸ばして打ちにいっても真ん中に当たりません。

基本を大事にするなら、足を動かして遅いボールを迎えにいく。

丁寧に、真ん中に当てるという意識を大事にする。

これだけで、試合は強くなりますよ。

 

速いボールって、意外と返るんですよね、試合でも。

でも、遅いボールはそうはいかない。

ミスしたら、落ち込む度合いも激しいですからね。

試合でどっちが多く飛んで来るのか・・・はもう、お分かりですね。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め」、に構えると安定し…

    ネットプレー、ボレーと一言で言っても、テニスで求められる技術は様々です…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

    前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。テニスでは、前…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!

    ボレーが上手い、流れるようなネットプレーが得意な人は、きっとラケットワ…

  4. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  6. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

    みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?
  2. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  3. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?
  5. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
PAGE TOP