ボレー

ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。

私たちはつい、忘れてしまいがちなことがあります。

テニスは、ラケットを使ってボールを打つ競技。

色々な作戦、ショット、が成り立つのはボールを正確に当てる能力があってこそ、ですからね。

 

ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

 


 

1.昔よくやった、手出し練習

中学生のころ、まだテニスを始めたばかりのころによくやった練習があります。

ペアで片方の選手がラケットを持っている選手にトス、ボレーで軽く打ち返す、という練習。

これ、学校にテニスコートが無かったのと、ボレー同士のボレーボレーだと続かなかったので、こういう練習をずっとやっていたように思います。

打つ方も、相手が手でキャッチ出来るくらい、やさしく返す。

ひたすら、遅いボールをラケットの真ん中に当てる練習、ですね。

地味ですけど、これってすごく大事な練習。

ボレーの基礎を、すごく養えたのま間違いないです。

 

2.遅いボールを真ん中に、しっかり当てられる?

意外と、難しいですよ。

遅いボールをラケットの真ん中に当てるのって。

ボレーの場合、ある程度速いボールの方が実は楽、だったりしますからね。

遅いボールは、重力の影響を受けて山なりになって、自分の近くでは下方向に飛んでいく。

みんな、これに泳いでしまうんですよね。

試合で遅いボールをガシャ!となる人、多いじゃないですか。

これは、ラケットの真ん中に当てるのに失敗しているから。

スポーツって、難しいですよね。

 

3.遅い=簡単、という勘違い

テニスに限らずですが、この先入観ってどこかにある。

油断していないつもりでも、どこかで遅いボールは楽に返せる、というイメージがあるんだと思います。

テニスの場合、遅いボールの方が難しい。

自分に向かって来ないボールを、足を使って打ちにいかないといけないですからね。

待ってしまうと、もう試合では返せない。

打点が下がって、結局攻撃出来ないでミスしてしまう。

ラケットの真ん中にも当たらないでしょう。

 

4.ラケットは顔の近く、が基本だから・・・

しっかりボールに近づくこと。

ネットに詰めること、が大事になって来ます。

ボレーの基本は、ラケットを顔の近くにセットして打つこと、この距離感が変わらないことが大事。

遅いボールは、腕を伸ばして打ちにいっても真ん中に当たりません。

基本を大事にするなら、足を動かして遅いボールを迎えにいく。

丁寧に、真ん中に当てるという意識を大事にする。

これだけで、試合は強くなりますよ。

 

速いボールって、意外と返るんですよね、試合でも。

でも、遅いボールはそうはいかない。

ミスしたら、落ち込む度合いも激しいですからね。

試合でどっちが多く飛んで来るのか・・・はもう、お分かりですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い

    試合の中で、ドライブボレーを使う。「それって、若くてラケットを…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「肘の曲げ伸ばし」を使えると、パンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

    アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打て…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ファーストボレーのアウトが多い」ときは、アンダースピンのかかり過ぎに注意

    サーブ&ボレーで、せっかく良い形でファーストボレーに入ってもアウトが多…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  6. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  3. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる
  4. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる
PAGE TOP