テニス ボレー

ボレー

どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

身体に近いところの、ボレーは難しい。

そう感じること、ありますよね。

実はボレーで打ちやすいのは、大きく2歩、を出したような場所になる。

2歩動かすことで、リズムが取りやすいし調整が効く。

今回は、ついサボりがちな身体の近くのボレー、の足の運び方について考えてみましょう。

ちょっとした意識で、アナタのボレーの安定感が見違えるほどアップすると思いますよ。

 

どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

 

1.ボールから離れる動き、を入れてみよう

まず、ボールが自分に向かってくる、「これは近い・・・」と感じたら。

最初の一歩を外側、ボールから離れるように動くのが有効ですね。

もちろん、時間があれば・・・ですが。

すごく速いボールだと難しいですが、ある程度フワッとしたボールなら、足を動かして1歩目は離れる。

そして、2歩目で自分のいた場所に踏み込んでいく、くらいの感覚で良いでしょう。

遅いボール、には自分から動いて合わせにいく、くらいの感覚が欲しい。

すごく離れる、必要は無いと思います。

軸足を50cm、離れた場所に置いてみる、という感覚でいきましょう。

2.ボレーの1歩目は軸足、になる!

これがまず、しっかり感覚として持てるかどうかが大事です。

1歩目、は軸足になり、2歩目で踏み込む。

これがボレーの基本です。

ですので、軸足は早く決めたいんです。

なぜなら、踏み込む足で最後に調整、したいですから。

ボレーに安定感が無い人って、最後に踏み込むときにもう「調整が効かない」状態に陥っている人、多いんですよ。

まずは素早く、1歩目で自分の軸を作る。

そこから踏み込んでいく!と意識すれば、ボレーは各段にレベルアップします。

どんなに近いボールでも、基本は2歩使ってボレーを打つ、ことから始めてみましょう。

 

3.軸足のつま先は、ネットと垂直に横を向くように

これがポイント、です。

軸足で、しっかり下半身を横にひねる、ようなスタンスを作る。

つま先をネットと並行になっている状態、で軸足をセットする。

軽く膝も曲がれば、バッチリです!

この状態を素早く作ることが、ネットプレイヤーの実力にそのまま反映されると思って欲しい。

どうしても、ネットに出ると上半身だけが硬くなるじゃないですか、人って。

下半身の柔らかさ、があれば絶対に安定します、ボレーは。

その為にも、足を細かく速く、動かして2歩で打つことを実践してみて下さい。

 

4.どうしても時間が無いときは、上半身のひねりでブロック

相手のボールのスピードが速いときには、上半身でブロック。

少しだけひねってバックボレー、が打てるとすごく安定すると思います。

このとき、焦って強く打とうとしないこと。

ブロックですので、山なりな返球のボレーで充分なはず。

相手のナイスショットに、無理にナイスショットで反応する必要はありません。

上半身だけ少しひねる、その準備も頭の中でしておきましょう。

相手の態勢が良い、打ち込まれるときには、正面も覚悟しないとダメですね。

 

身体に近いボレーは、軸足作りから。

下から動かして、最後にラケット周りを考えましょう。

ラケット動作から入ると、良いことは無い。

フットワークを使って、正面のボールをさばいていくことはストロークでもボレーでも必須のテクニック。

テニスって、意外と正面のボール多いですからね。

苦手から得意に、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

  2. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、…

  3. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いの…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い
  5. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!
PAGE TOP