ボレー

ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

ボレーミスが多い人は、2段構え。

何のこと?と思うかも知れませんが、私が普段実践しているちょっとしたコツです。

もしかしたら、既にみなさんもやっていること、に近いかも知れませんが。

この意識で、確実にボレーは変わります。

 

ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

 


 

1.まず速いボールに備えて、セットする

まずは基本、ボレーは時間が無いということ。

速いボールに備えて、パッとラケットを出す。

引かないで前にセット、ですね。

ここで、本当に相手のボールが速ければそのままテイクバック無し、で打つ。

前にラケットをセットする、出すだけ、という感じです。

この動き、構えを基本にして、反応出来るようにしておくことが大事。

ついラケットを後ろに引いてしまいがちな人は、いつもラケットと肘が自分の身体の前、という状態をキープしましょう。

 

2.相手のボールが緩く、遅ければ・・・?

パッとラケットを準備したけど、相手のボールが遅い時。

こういう時には、どうすれば良いのか。

何も慌てる必要はありません。

前にセットした状態から、少しだけラケットを寝かせるようにして倒して、またその位置に戻す。

少しだけ勢いを付けるだけで、ボールに対してパンチ力のあるボレーが打てる。

前にセット、ボールが来ない、だったらラケットを寝かせて起す、だけですね。

この2段構え、があればボレーは間違いなく安定します。

速いボールが来ても、遅いボールが来ても大丈夫です!

 

3.速いボールに備えて、遅いボールをさばく

この意識、でネットプレーはレベルアップ出来ます。

速いボールに備える、セットする。

これがまず出来ないと、守備が出来ないですからね。

攻撃は、実は守備の形を少し発展させれば良い。

2段構え、遅い時の備えがしっかりしていれば、パンチ力のあるボレーは打てます。

コツは、先ほども書きましたがラケットを引くというより寝かせる、ということ。

元々、セットしていたポイントまで戻す、それ以上は振らない。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

みなさんの中で、これを意識しながらボレーも素振り、出来ると良いと思います。

 



 

4.実践的な打ち方とは、こういうこと

みなさんが普段行っている練習って、ある程度「どんなボールが来るのか」が事前に分かってますよね。

ボレーの球出しでもそうですし、ラリー練習もそうでしょう。

でも、実戦は違います。

強い相手は、同じフォーム、打ち方でボールに緩急を付けられる。

だからこそ、こちらも2段構えをしておかないとダメなんです。

どんなボールが、どこに来ても対応出来るように。

速かったらブロック、遅かったら叩く、が出来ないと。

ボレーの基本、一緒に発展させていきましょう。

 

普段の練習から、意識してみて下さい。

速くても遅くても、最初の構えはコンパクトに、前で。

練習相手にも、意図的に打ってもらうと良いですよ、速い遅いを交互にランダムに。

実戦向き、な打ち方に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう

    テニスの試合で、ネットに出ていくプレー、大事ですよね。何度も推…

  2. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン

    ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  5. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それか…
  2. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?
  3. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う
  5. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確…
PAGE TOP