サーブ

サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。

そう考える時に、大事なポイントは3球目の攻撃。

自分がサーブを打って、相手がリターンして、その次のアナタ自身のショットですね。

ここをどう展開出来るのか、がキープの分かれ目。

ぜひ、フォアハンドでの攻撃を意識して、サーブを打つ前から準備していきましょう!

 

サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

 


 

1.サーブを打つ前に、作戦を決めよう

フォアハンドの回り込み、だけではありません。

サーブを打つ前に、次にどうするのか?を決めておく。

これ、意外と出来ていない人が多いですよね。

良いんです、想定通りにならなくても。

相手のリターンが良いなら、攻撃出来ないような場面も増えるでしょう。

でも、何も考えないでサーブを打つと、そのサーブ自体もきっと安定しないですよ。

だって、どこかで不安が付きまといますからね。

相手のリターンを、フォアハンドで回り込むんだ、と。

これは一番、シンプルで良い作戦だと思います。

 

2.ファーストサーブなら、そんなに良いリターンは来ない

きっと、そうでしょう。

自分のファーストサーブが入れば、相手のリターンは厳しくならない。

バックハンドの厳しい場所に来るようなこと、は無いと思って良い。

セカンドサーブになると、それが厳しくなりますけどね。

ファーストサーブのリターンは、必ずフォアハンドで回り込める。

だからこそ、サーブを打つ前に決めて、打った後に素早く動く、準備する。

この姿勢が、私は大事だと思います。

 

3.準備するのは、グリップとポジション

私は、よくシングルスの試合でこれを使います。

サーブを打ったら、すぐにグリップをフォアハンドで準備しながら、少しフォア側を空けるようなポジションに移す。

本当に、1メートルくらいで良いんです。

サーブを打って、相手が打ってから動くんじゃなくて、もう先に動いておく。

これで、すごく良い攻撃のリズムが生まれるんです。

グリップも準備しながら動けると、テイクバックも早くなる。

だから安定感が増すし、ミスも減る。

攻撃の準備を早くする、サーブとセットにしちゃう感じで良いと思いますよ!

 

4.逆算力、が養える

この技を覚えると、サーブについて考えるようになります。

「どうすれば、3球目に攻撃しやすいサーブになるんだろう・・・」と、実戦的な考え方が出来るようになります。

エースは必要ない、次の3球目で攻撃してポイントを取るんだ、と。

自分の中で作戦もハッキリしますし、頭もスッキリする。

自信が出来て、サーブから逆算していく力が身に付いていくでしょう。

シングルスでもダブルスでも、サーブって相手の選択肢を絞るショットですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

サーブとその返球、3球目からの攻撃。

私は、自分のサーブはこの2球で1セットだと思っています。

サーブ自体が大したこと無くても、キープ出来る。

その自信は、サーブを打った後の動きとリズム、なんですよね。

試合で使えるちょっとした技ですので、ぜひみなさんも意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  4. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

    意外と忘れがちな、サーブの基本。ラケットの振り方の前に、持ち方…

  5. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

  6. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで

    サーブのトスアップ。ここに苦戦している人は、やはり多いですよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  3. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
PAGE TOP