サーブ

サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。

そう考える時に、大事なポイントは3球目の攻撃。

自分がサーブを打って、相手がリターンして、その次のアナタ自身のショットですね。

ここをどう展開出来るのか、がキープの分かれ目。

ぜひ、フォアハンドでの攻撃を意識して、サーブを打つ前から準備していきましょう!

 

サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

 


 

1.サーブを打つ前に、作戦を決めよう

フォアハンドの回り込み、だけではありません。

サーブを打つ前に、次にどうするのか?を決めておく。

これ、意外と出来ていない人が多いですよね。

良いんです、想定通りにならなくても。

相手のリターンが良いなら、攻撃出来ないような場面も増えるでしょう。

でも、何も考えないでサーブを打つと、そのサーブ自体もきっと安定しないですよ。

だって、どこかで不安が付きまといますからね。

相手のリターンを、フォアハンドで回り込むんだ、と。

これは一番、シンプルで良い作戦だと思います。

 

2.ファーストサーブなら、そんなに良いリターンは来ない

きっと、そうでしょう。

自分のファーストサーブが入れば、相手のリターンは厳しくならない。

バックハンドの厳しい場所に来るようなこと、は無いと思って良い。

セカンドサーブになると、それが厳しくなりますけどね。

ファーストサーブのリターンは、必ずフォアハンドで回り込める。

だからこそ、サーブを打つ前に決めて、打った後に素早く動く、準備する。

この姿勢が、私は大事だと思います。

 

3.準備するのは、グリップとポジション

私は、よくシングルスの試合でこれを使います。

サーブを打ったら、すぐにグリップをフォアハンドで準備しながら、少しフォア側を空けるようなポジションに移す。

本当に、1メートルくらいで良いんです。

サーブを打って、相手が打ってから動くんじゃなくて、もう先に動いておく。

これで、すごく良い攻撃のリズムが生まれるんです。

グリップも準備しながら動けると、テイクバックも早くなる。

だから安定感が増すし、ミスも減る。

攻撃の準備を早くする、サーブとセットにしちゃう感じで良いと思いますよ!

 

4.逆算力、が養える

この技を覚えると、サーブについて考えるようになります。

「どうすれば、3球目に攻撃しやすいサーブになるんだろう・・・」と、実戦的な考え方が出来るようになります。

エースは必要ない、次の3球目で攻撃してポイントを取るんだ、と。

自分の中で作戦もハッキリしますし、頭もスッキリする。

自信が出来て、サーブから逆算していく力が身に付いていくでしょう。

シングルスでもダブルスでも、サーブって相手の選択肢を絞るショットですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

サーブとその返球、3球目からの攻撃。

私は、自分のサーブはこの2球で1セットだと思っています。

サーブ自体が大したこと無くても、キープ出来る。

その自信は、サーブを打った後の動きとリズム、なんですよね。

試合で使えるちょっとした技ですので、ぜひみなさんも意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  4. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

    サーブは深いのが大前提。深さがあるから相手も踏み込めないし、リ…

  6. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく…
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは…
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だとい…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない
PAGE TOP