テニス メンタル

サーブ

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。

これって、一つの技術という枠以上に、大きな技術だと思うんですよね。

特に、試合では影響力が大きい。

試合に出続けている、特に女性のみなさんですかね。

サーブに力を入れる、変えていく。

この問題に立ち向かわない限り、今より上のステージに進むことは難しいでしょう。

 

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

 


 

1.サーブが悪いと、気分も晴れない

試合で、そうじゃないですか。

最初に打つサーブ、の調子が悪いと、その後の流れにも乗っていけない。

自信が持てないと、試合すら嫌になっていく。

それがテニスにおけるサーブ、です。

テニススクールのように、コーチの球出しから試合開始、という訳にはいきませんからね。

サーブをレベルアップさせていく、ことに本気で取り組まない限り未来はない。

それくらいの危機感、が大事です。

 

2.まずは逆算、からサーブを考えよう

何度か書いてきましたが、まずどういうリターンを相手に打って欲しいのか。

ファーストサーブ、セカンドサーブ、ここから逆算していきましょう。

私なら、まずしっかりファーストボレーを自分が打てる、そこで追い込めるリターンを返してもらいたい。

決して高い目標ではないですが、強い相手になったらこれでも大変。

上手く相手の読みを外していかないと、強く踏み込まれて強打されますからね。

しっかり、自分のサービスゲームでのポイントをイメージしてみる。

雁行陣の方なら、その次のストロークでしっかり展開出来る、その展開力を活かしたいですよね。

逆算からサーブを考えれば、決して難しくない。

アナタ自身に、必要なサーブが見えてくるはずです。

 

3.エースが狙える場所、を1か所作ろう

これは私からの提案です。

自分が得意なコース、ある程度カウントに余裕があるときには、しっかりコーナーを狙ってエースを取る。

触られてもOK、前衛が決めるだけみたいなサーブ、を打っていけると試合の流れも良くなる。

何より、アナタ自身がサーブを好きになると思いますよ。

得意なコース、は待っていても用意してもらえない。

アナタ自身で、作るしかないんです。

本気で取り組めば、必ずそこに実力、が付いて来ますから。

 

4.シングルスの試合でも、基本は同じ

これも、ダブルスと一緒です。

まず、どういうポイントで、サービスゲームを進めたいのか。

サーブ&ボレー、3球目からの攻撃、をスムーズに展開していくには、どんなサーブが良いのか。

これを考えていくと、シンプルにやるべきことが見えてくるはずです。

意外と、ボディへのサーブ、なんかも効果的ですよね。

サーブについて、考えて準備すること。

まずはここから、がスタートでしょう。

 

どうしても、「何となく」になっていると思うんです、サーブって。

これからどう上達させていくような技術でもない、と思って諦めてはいませんか?

毎回サーブから、テニスの試合は始まっていく。

憂鬱な自分をこれからも繰り返すのか、それとも自信と共にサーブを打っていくのか。

変わるなら今、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ

    テニス選手の実力、観察したときにまず目に付くのは「サーブ」力。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

  3. サーブ

    サーブは指先の神経が大事

    サーブでもう少し、パワーが欲しい。回転量を増やしたい、という…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い

    最近、練習でも試合でもすごく感じること・・・について。日本人だ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、テニスも何がしたいのかよく分からない
  3. テニス 練習

    戦術

    どこかでスタイルを突き詰めないと、今年も中途半端なテニスに
  4. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  5. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始
PAGE TOP