テニス メンタル

サーブ

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。

これって、一つの技術という枠以上に、大きな技術だと思うんですよね。

特に、試合では影響力が大きい。

試合に出続けている、特に女性のみなさんですかね。

サーブに力を入れる、変えていく。

この問題に立ち向かわない限り、今より上のステージに進むことは難しいでしょう。

 

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

 

1.サーブが悪いと、気分も晴れない

試合で、そうじゃないですか。

最初に打つサーブ、の調子が悪いと、その後の流れにも乗っていけない。

自信が持てないと、試合すら嫌になっていく。

それがテニスにおけるサーブ、です。

テニススクールのように、コーチの球出しから試合開始、という訳にはいきませんからね。

サーブをレベルアップさせていく、ことに本気で取り組まない限り未来はない。

それくらいの危機感、が大事です。

 

2.まずは逆算、からサーブを考えよう

何度か書いてきましたが、まずどういうリターンを相手に打って欲しいのか。

ファーストサーブ、セカンドサーブ、ここから逆算していきましょう。

私なら、まずしっかりファーストボレーを自分が打てる、そこで追い込めるリターンを返してもらいたい。

決して高い目標ではないですが、強い相手になったらこれでも大変。

上手く相手の読みを外していかないと、強く踏み込まれて強打されますからね。

しっかり、自分のサービスゲームでのポイントをイメージしてみる。

雁行陣の方なら、その次のストロークでしっかり展開出来る、その展開力を活かしたいですよね。

逆算からサーブを考えれば、決して難しくない。

アナタ自身に、必要なサーブが見えてくるはずです。

 

3.エースが狙える場所、を1か所作ろう

これは私からの提案です。

自分が得意なコース、ある程度カウントに余裕があるときには、しっかりコーナーを狙ってエースを取る。

触られてもOK、前衛が決めるだけみたいなサーブ、を打っていけると試合の流れも良くなる。

何より、アナタ自身がサーブを好きになると思いますよ。

得意なコース、は待っていても用意してもらえない。

アナタ自身で、作るしかないんです。

本気で取り組めば、必ずそこに実力、が付いて来ますから。

 

4.シングルスの試合でも、基本は同じ

これも、ダブルスと一緒です。

まず、どういうポイントで、サービスゲームを進めたいのか。

サーブ&ボレー、3球目からの攻撃、をスムーズに展開していくには、どんなサーブが良いのか。

これを考えていくと、シンプルにやるべきことが見えてくるはずです。

意外と、ボディへのサーブ、なんかも効果的ですよね。

サーブについて、考えて準備すること。

まずはここから、がスタートでしょう。

 

どうしても、「何となく」になっていると思うんです、サーブって。

これからどう上達させていくような技術でもない、と思って諦めてはいませんか?

毎回サーブから、テニスの試合は始まっていく。

憂鬱な自分をこれからも繰り返すのか、それとも自信と共にサーブを打っていくのか。

変わるなら今、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  3. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときで…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと

    試合を観ていて、しんどそうに見える場面。その一つが、間違いなく…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い
  2. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアで実力差があるときは、逆に活かす道を自分たちで考えよう
  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法
  5. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも
PAGE TOP