テニス メンタル

サーブ

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。

これって、一つの技術という枠以上に、大きな技術だと思うんですよね。

特に、試合では影響力が大きい。

試合に出続けている、特に女性のみなさんですかね。

サーブに力を入れる、変えていく。

この問題に立ち向かわない限り、今より上のステージに進むことは難しいでしょう。

 

何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

 


 

1.サーブが悪いと、気分も晴れない

試合で、そうじゃないですか。

最初に打つサーブ、の調子が悪いと、その後の流れにも乗っていけない。

自信が持てないと、試合すら嫌になっていく。

それがテニスにおけるサーブ、です。

テニススクールのように、コーチの球出しから試合開始、という訳にはいきませんからね。

サーブをレベルアップさせていく、ことに本気で取り組まない限り未来はない。

それくらいの危機感、が大事です。

 

2.まずは逆算、からサーブを考えよう

何度か書いてきましたが、まずどういうリターンを相手に打って欲しいのか。

ファーストサーブ、セカンドサーブ、ここから逆算していきましょう。

私なら、まずしっかりファーストボレーを自分が打てる、そこで追い込めるリターンを返してもらいたい。

決して高い目標ではないですが、強い相手になったらこれでも大変。

上手く相手の読みを外していかないと、強く踏み込まれて強打されますからね。

しっかり、自分のサービスゲームでのポイントをイメージしてみる。

雁行陣の方なら、その次のストロークでしっかり展開出来る、その展開力を活かしたいですよね。

逆算からサーブを考えれば、決して難しくない。

アナタ自身に、必要なサーブが見えてくるはずです。

 

3.エースが狙える場所、を1か所作ろう

これは私からの提案です。

自分が得意なコース、ある程度カウントに余裕があるときには、しっかりコーナーを狙ってエースを取る。

触られてもOK、前衛が決めるだけみたいなサーブ、を打っていけると試合の流れも良くなる。

何より、アナタ自身がサーブを好きになると思いますよ。

得意なコース、は待っていても用意してもらえない。

アナタ自身で、作るしかないんです。

本気で取り組めば、必ずそこに実力、が付いて来ますから。

 

4.シングルスの試合でも、基本は同じ

これも、ダブルスと一緒です。

まず、どういうポイントで、サービスゲームを進めたいのか。

サーブ&ボレー、3球目からの攻撃、をスムーズに展開していくには、どんなサーブが良いのか。

これを考えていくと、シンプルにやるべきことが見えてくるはずです。

意外と、ボディへのサーブ、なんかも効果的ですよね。

サーブについて、考えて準備すること。

まずはここから、がスタートでしょう。

 

どうしても、「何となく」になっていると思うんです、サーブって。

これからどう上達させていくような技術でもない、と思って諦めてはいませんか?

毎回サーブから、テニスの試合は始まっていく。

憂鬱な自分をこれからも繰り返すのか、それとも自信と共にサーブを打っていくのか。

変わるなら今、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

  5. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 格上相手

    その他

    【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  4. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
PAGE TOP