テニス ボレー

練習メニュー

ウィンブルドンでの試合のように、「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

今年も始まりましたね、ウィンブルドン。

この大会の特徴は、何と言ってもコートサーフェスに合った速い攻撃の応酬。

やはり「粘れない」と思って、どの選手も速攻型の攻撃が多くなってきますよね。

良い機会ですので、皆さんも「速い攻撃」について参考にしながら練習していきませんか?

 

ウィンブルドンでの試合のように、「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

 

1.「あれ?シコラー推奨だったんじゃないの?」

と、こういう記事を書くと、必ずメッセージを頂きます。

T-PRESSはシコラー推奨、速い攻撃はミスが増えるし試合で勝てない、と言ってたじゃないか!と。

確かに、そういうリスクはあります。

でも、そもそもシコラーって・・・その粘りだけで勝ち上がれるほどテニスの試合は甘くない。

速く鋭く、攻める時は攻める!という気持ちが大事です。

要はメリハリ、ですよね。

今回は、ある特殊な「ルール」を設定することで、速攻型のプレーを嫌でもひねり出す。

これをテーマに考えていきましょう!

 

2.リターン側の選手は、「3球ボールに触れば得点」にしてしまう

サーブ側が、速攻出来るかどうか、ポイントを決め切れるかどうか。

この力を付ける為に、リターン側の選手にはある特権を与えます。

それは、「3球ボールに触る」ことが出来れば、その時点で得点になる、というもの。

3球目は、触って相手コートに入らなくてもOK。

なので、実質的にはサービスを打った側はエースで終わるようなイメージを立てないといけない。

これって、厳しい設定ですよね。

このルールで、普通に試合を進行していきます。

まずは4ゲーム先取、くらいでシングルスの試合を仲間内でやってみて下さい。

皆さんなら、サービス側、リターン側でどう戦いますか?

ここでの発想力が、アナタのテニスを強く攻撃的にしてくれるはずです。

 

3.このルール、絶対的にサーブの精度が肝になる!

要はサーブの次のボールで展開・・・かな?と思った方、甘い。

まずこのルールだと、絶対的にサーブの精度が求められます。

出来れば、ファーストサーブで得意なコースではエース級のショットが欲しい。

「いやいや、自分はサーブを入れるのでいっぱいいっぱいだから!」という言い訳は、通用しません。

3球目を触らせない、この意識には「1球目から触らせないぞ!」くらいの気迫が必要。

そしてサーブ&ボレーも必須ですよね。

しっかりボレーで追い込まないと、3球目を触られてしまう。

サーブ側からの攻撃のバリエーション、嫌でも身に付くはずです。

 

きっと、こういうルールで試合をやってみると分かるはずです。

速攻の為に、何が必要なのか。

当然、実際の試合ではもっとラリーが続いてポイントを獲れれば良い。

でも、今回の練習を事前にやっていくことで、きっと楽に感じるはずですよ。

「試合って、楽だな・・・」そう思えたら、強くなれた証拠です。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    部活でのラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

    部活でのラリー練習、皆さんはどんな雰囲気ですか?そもそも、ラリ…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

    今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。…

  4. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないということ

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑えることが出来る20の小技
  2. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  3. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃からチャンスに備えた準備が出来ている
PAGE TOP