ダブルス

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。

特に、センターの守備が肝、ですよね。

ストロークが強い、上手い選手に、どうネットで対抗していくのか。

「正しい予測」で科学していきましょう。

 

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

 


 

1.相手にストローク、打たせて良い

アナタ自身が、赤側のペア。

並行陣、で相手のストロークを待ち構える。

相手もしっかり打てそうな雰囲気なら、まずは守備、ブロックを優先しましょう。

この時、アナタ自身は赤側の後衛、どんなイメージで待ちますか?

攻められるなら、↓のようなコースでしょうか・・・。

ショートクロス、ロブ、怖いですよね。

でも、こういうショットは相手だって打つのが怖い。

相当余裕が無いと打てない、のが普通です。

ですので、まずはしっかりローリスクでセンターを突いて来る↓、のが基本でしょう。

まず、この対策をしっかり取らないと試合にならない。

簡単に、並行陣を突破されてしまいますからね。

 

2.速いボールは、ココに来る!

テニスでは、どこにでも速いボールが打てる訳じゃない。

ネットの高さ、が場所に寄って違いますから。

相手が速いボール、を打つならセンター↓が基本。

この2人の間に打たれるようなボール、は速くて低い。

だから、一番警戒しないといけないんです。

ダブルスの試合は、約8割近いボールがこのセンターを通過する、というデータもあります。

2人いるから、真ん中は大丈夫?

それは幻想です。

まずは大事なのは、ブロック。

壁を作って、まずセンターはしっかりブロック。

これが後衛、の仕事です。

しっかり、「どこに速いボールが来るのか?」を意識することが、大事。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.緩いボールは、狙う

センターに速いボール、外側には緩いボール。

この外側のボール、はあえて空けておく位で待っておく。

狙いましょう。

ドロップボレー、でクロスに切り返す。

そのためにも、まずはセンターの高速ショットに耐えないと。

でも、それは後衛だけの役割、ではありません。

1stブロック、2ndブロック、をしっかりと敷く。

2段構え、が並行陣でも基本です。

前衛と後衛が、ラケットがぶつかりそう・・・で、実は少し、ずれている。

縦にポジションが1メートルくらい違うから、当たらない。

前衛が触れば良いけど、後衛もしっかりカバーする。

そもそも、2人の距離感が近いこと、が大事ですね。

 

並行陣の完成度、これを見ればすぐ分かります。

センターをどう、守るか。

スクールではここまで、徹底はしないでしょう。

でも、試合の現場ではこれが大事。

繰り返します。

センターの速いボールを返すことが出来れば、並行陣は勝てます。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  2. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

    ダブルスの試合で、リズムが悪いときは・・・?きっと、前衛が触れ…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で勝てません

    ミックスダブルスの試合、皆さんはプレーする機会はありますか?学…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?
  4. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを
  5. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について
PAGE TOP