テニス リターン

戦術

相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。

速いサーブ?強力なフォアハンド?

私は、それよりもいかに「ポジショニング」を磨くかだと思っています。

自分が打っているときが攻撃、だけじゃない。

むしろ、打っていない時こそ、私はテニスには攻撃の要素がたくさんあると思っています。

 

相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

 


 

1.相手が打つ瞬間は、「守備」なのか?

テニスの試合、相手が打つ瞬間。

スプリットステップを踏んで、予測して・・・相手に打たれるのを待つ?

こういう発想では、試合に強くはなれないでしょう。

確かに、守備的な場面なのかも知れません。

でも、私はあえて、ここにチャンスがあると思っています。

自分が打っていない時、こそ動くチャンスですよ。

 

2.ポーチボレーは、その典型例

ダブルスの前衛がポーチ!なんてその典型例ですね。

これが成功出来るかどうかは、いかに相手コートにボールがある時、打つ前に、動き出せているかどうか。

ポジショニングが鍵、になる。

相手コートにボールがある瞬間、にネット近く、センターまで移動する。

これが出来る人は、どんどん応用出来ます。

自分のポジションを変えて、相手にプレッシャーをかける。

そこに、テニスは規定が少ないですからね。

自由度があって、アナタ自身でカスタマイズ出来るところ、なんです。

 

3.リターン位置も、どんどん変えてみよう!

これも、変えて良い部分。

私は、年々前に前に、ポジションが変わってきています。

その方が良いリターンが返せるし、攻撃的にプレー出来る、ネットダッシュにもつなげやすい。

下がってリターンしていた頃とは、体力も動体視力も違う。

それに、プレースタイルが違いますからね。

相手からしても、前に入ってリターンの方が嫌だろう、というのを考えながら変えてきて今、があるんです。

これも、相手がサーブを打つ時ですから、相手コートにボールがある瞬間、ですよね。

ここでアグレッシブにプレー出来るかどうか、は発想の問題でしょう。

 

4.打つ相手、を気持ち悪くさせること

これが試合で、何より優先。

気持ち良く打たせているということは、アナタ自身のポジショニングが甘いということ。

強い相手なら、なおさらです。

実力がある相手に、リラックスして打たれるとそりゃしんどいですよ。

そうさせているのは、アナタ自身。

相手が打つ瞬間、相手コートにボールがある時に、受け身になり過ぎてはいませんか?

サッカーのキーパーのように、前に出て止めるようなイメージで良いと思います。

ゴールマウスの近くで待っていても、相手はシュートが打ちやすい。

迫っていく、くらいでちょうど良いんじゃないですかね。

 

勇気が要りますが、相手にプレッシャーをかけるということは必要。

特に、相手のチャンスこそですね。

ただやられるんじゃなくて、どこかのコースを消す、プレッシャーをかける。

相手コートにボールがある瞬間、こそまだまだレベルアップ出来る。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. 戦術

    センスとは、即ち合理性

    テニスを続けていると、何度となく「センス」という言葉を耳にします。…

  2. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  3. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  4. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり

    綺麗なテニスなのに、試合に勝てない人。みなさんの周りにも、いま…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  6. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

    テニスの試合で、どうしようも無い時、はあります。例えば、サーブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  3. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  4. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・
  5. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
PAGE TOP