テニス ボレー

ボレー

相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。

強い相手は、確実にショートクロスのコースにも狙って来ます。

この相手のショートクロス、をボレーで対応しようとするときに、何が必要か。

ラケットワークの技術の前に、「どこに立つのか」が大事になって来ます。

 

相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

 


 

1.ネットの端に打たれるから、誤解しやすい

つい、私たちは誤解してしまいます。

ショートクロスでコートの端、アレーに打たれるような時も、実際にネットの上では・・・どこを通過していますか?

かなり、センター寄りだと思うんですよね。

ネットの真ん中、センターストラップ付近を通って、ショートクロスの軌道は両サイドに落ちていく。

最初から、ネットの端で待つ必要は無いんです。

むしろ、ショートクロスを警戒するあまりに、一番大事なセンターの守備も疎かになるペアが多いですからね。

意識したいのは、とにかくセンター寄りにケアするということです。

 

2.並行陣の後衛、でショートクロスに対応するには?

ダブルスの試合で多いケースが、これでしょう。

アナタ自身が並行陣の後衛、サーブ&ボレーやリターンダッシュで前に出る、そこで相手がショートクロスに打って来る。

これは、試合でよくあるパターン。

出来れば、前衛がポーチに出てこのショートクロスを潰したい、沈ませないようにしたいところ。

先ほどの1.の考えで言えば、良いショートクロスでもセンター付近で触れる、ということです。

つまり、そこまでネットの両端に寄らなくても、大丈夫。

ショートクロス、と呼ばれるように、ボール自体はクロスに飛んで来るボールですから。

ネットの中心付近、にしっかり立てれば触れます。

しかも、攻撃的に処理出来るのでポーチには最適なんです。

 

3.前に詰めれば、ショートクロスは怖く無い

ショートクロスのボールは、何が怖いのか。

サイドの厳しい場所を狙われるのも怖いですが、それ以上に、沈んでくるボールが怖いじゃないですか。

ネットより低い位置でボレー、出来れば打ちたくないと思うのが普通です。

ですがこれも、ネットに詰めることが出来れば解消される問題でしょう。

ショートクロスが上手い相手は、まずネットに詰めて相手を手詰まりにする。

センター寄りに前衛が立って、プレッシャーをかければそれを避けようとして、サイドアウトも期待出来る。

相手にプレッシャーをかける、のが一番大事です。

 

4.気持ち良く相手に打たせるから、それは良いショットになる

ショートクロスへの対応、だけではありません。

相手に、気持ち良く打たせているから、アナタ自身が苦しくなっていく。

ネットのセンター寄りに立つ、コースを潰すだけで、相手はかなり嫌ですよ。

それを避けるようにロブ、を使って来る可能性も高いですよね。

でもこのロブ、相手からすると気持ちの良いろぶではないでしょう。

何かを避けよう、という気持ちで打ってますから。

ショートクロスをどんどん使われるとき、それはアナタのプレッシャーが効いていないと思った方が良い。

もっともっと、ポジションを意識でいきましょう。

 

ショートクロスを、センターで潰す。

これが出来れば、前衛で大活躍でしょう。

ネットの端近くにいても、なかなかテニスではボールに触れません。

プレーに絡みたければ、しっかりセンターストラップ付近で。

これはテニスにおける、大原則です。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。…

  3. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  4. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?

    ネットプレーに、鋭さが欲しい人。上手い人のボレーって、切れ味…

  5. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを…
  2. テニス 感覚

    日々の雑記

    アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  4. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
  5. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
PAGE TOP