テニス ボレー

ボレー

相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。

強い相手は、確実にショートクロスのコースにも狙って来ます。

この相手のショートクロス、をボレーで対応しようとするときに、何が必要か。

ラケットワークの技術の前に、「どこに立つのか」が大事になって来ます。

 

相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

 


 

1.ネットの端に打たれるから、誤解しやすい

つい、私たちは誤解してしまいます。

ショートクロスでコートの端、アレーに打たれるような時も、実際にネットの上では・・・どこを通過していますか?

かなり、センター寄りだと思うんですよね。

ネットの真ん中、センターストラップ付近を通って、ショートクロスの軌道は両サイドに落ちていく。

最初から、ネットの端で待つ必要は無いんです。

むしろ、ショートクロスを警戒するあまりに、一番大事なセンターの守備も疎かになるペアが多いですからね。

意識したいのは、とにかくセンター寄りにケアするということです。

 

2.並行陣の後衛、でショートクロスに対応するには?

ダブルスの試合で多いケースが、これでしょう。

アナタ自身が並行陣の後衛、サーブ&ボレーやリターンダッシュで前に出る、そこで相手がショートクロスに打って来る。

これは、試合でよくあるパターン。

出来れば、前衛がポーチに出てこのショートクロスを潰したい、沈ませないようにしたいところ。

先ほどの1.の考えで言えば、良いショートクロスでもセンター付近で触れる、ということです。

つまり、そこまでネットの両端に寄らなくても、大丈夫。

ショートクロス、と呼ばれるように、ボール自体はクロスに飛んで来るボールですから。

ネットの中心付近、にしっかり立てれば触れます。

しかも、攻撃的に処理出来るのでポーチには最適なんです。

 

3.前に詰めれば、ショートクロスは怖く無い

ショートクロスのボールは、何が怖いのか。

サイドの厳しい場所を狙われるのも怖いですが、それ以上に、沈んでくるボールが怖いじゃないですか。

ネットより低い位置でボレー、出来れば打ちたくないと思うのが普通です。

ですがこれも、ネットに詰めることが出来れば解消される問題でしょう。

ショートクロスが上手い相手は、まずネットに詰めて相手を手詰まりにする。

センター寄りに前衛が立って、プレッシャーをかければそれを避けようとして、サイドアウトも期待出来る。

相手にプレッシャーをかける、のが一番大事です。

 

4.気持ち良く相手に打たせるから、それは良いショットになる

ショートクロスへの対応、だけではありません。

相手に、気持ち良く打たせているから、アナタ自身が苦しくなっていく。

ネットのセンター寄りに立つ、コースを潰すだけで、相手はかなり嫌ですよ。

それを避けるようにロブ、を使って来る可能性も高いですよね。

でもこのロブ、相手からすると気持ちの良いろぶではないでしょう。

何かを避けよう、という気持ちで打ってますから。

ショートクロスをどんどん使われるとき、それはアナタのプレッシャーが効いていないと思った方が良い。

もっともっと、ポジションを意識でいきましょう。

 

ショートクロスを、センターで潰す。

これが出来れば、前衛で大活躍でしょう。

ネットの端近くにいても、なかなかテニスではボールに触れません。

プレーに絡みたければ、しっかりセンターストラップ付近で。

これはテニスにおける、大原則です。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケースがほとんど

    ネットプレーは状況によって求められるものが大きく違う。特にシン…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
  3. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う
  4. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ
  5. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
PAGE TOP