戦術

相手の走力と、走る意欲を確認しよう

相手によって、一番違うもの。

それは、私は走力だと思います。

特に、シングルスの試合はこの差がプレースタイルにも大きく関わって来る。

まず、相手の走力を確認すること。

これは、初対戦の相手なら非常に大事なポイントです。

 

相手の走力と、走る意欲を確認しよう

 


 

1.特に、ベテランやシニアの大会では必須

学生のみなさん以上に、大人の試合でその傾向は顕著ですね。

走るのが好きな人、嫌いな人、結構分かれると思います。

ライン際のようなボールを、追うのか、追わないのか。

追わないなら、どこか他のコースを待っているのか?

このあたり、しっかりアナタ自身が感じられるかどうか、が大事。

ベテラン選手でも、しっかり走れる選手はいますからね。

同時に、諦めの早い人もいる。

どうでしょう、イメージ出来ませんか?

 

2.走らない人は、走る意欲が無い人もいる

結構、捨てている人もいますよね。

ライン際、ネット際のショットは、あえて追わない。

追わないで体力を温存する、ようなプレースタイルの人、シングルスの試合でもいます。

いや、結構やり辛いんですよ、こういう相手。

走らない分、自分の身体の近くのボールの返球は上手いし、技術はある。

だからこそ、こういう相手には一発で仕留めようとしてはダメ。

ライン際、じゃないようなボールで3歩くらい走らせて、ラリーする。

そうすれば、自然に崩れてくれるでしょうから。

動かない相手、にライン際を狙うのはもったいない。

走る意欲も無さそうなら、ドロップショットも甘めくらいで良いでしょう。

 

3.走るのが大好きな相手には・・・?

少し下がったポジションから、粘って来るような相手。

シコラータイプの選手、ベテランやシニアのカテゴリでも多いですよね。

こういう選手は、走ることでリズムを作る、自分の流れを作って来る。

であれば、走らせないでセンターにボールを集める。

それから、浅いボールであえて「攻めさせる」ことも大事。

攻められること、が大好きな選手は自分から攻撃していくこと、が好きじゃないですからね。

以前にも書きましたが、シコラータイプの選手にはどんどん攻撃させましょう。

きっと、困ったようにアプローチショット、を打って来ると思いますよ。

 

4.試合の序盤にドロップショット、が効果的!

私はいつも、これで確認します。

ある程度、厳しくいきしょう。

ネットを越えなくても、相手は走るのかどうか。

ドロップショットのような浅いボールに、どう反応してくるのか、を確認する。

反応が良いようなら、この選手は走れるな、と。

反応が悪いようなら、そんなに走るタイプじゃないな、と。

想定を立てて、その後のプレーに活かしていく。

厳しめのドロップショット、を試合の序盤に打ってみてテストしてみる。

ぜひ、それくらいの余裕を持って試合に入ってみて下さい。

 

走る相手も嫌ですけど、狙いを絞ったように走らないような選手、も嫌ですよね。

この2つのタイプ、にどうシングルスの試合で戦っていくのか。

アナタ自身、しっかり準備しておけば大丈夫。

「あ、今日はこのタイプか・・・」と、試合が始まったら思えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

    傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無…

  2. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

    試合でリードしても、途中で追い付かれて負けてしまう・・・まくられる癖、…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。こ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

  5. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく
  2. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
  3. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  4. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由につ…
  5. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?
PAGE TOP