戦術

相手の走力と、走る意欲を確認しよう

相手によって、一番違うもの。

それは、私は走力だと思います。

特に、シングルスの試合はこの差がプレースタイルにも大きく関わって来る。

まず、相手の走力を確認すること。

これは、初対戦の相手なら非常に大事なポイントです。

 

相手の走力と、走る意欲を確認しよう

 


 

1.特に、ベテランやシニアの大会では必須

学生のみなさん以上に、大人の試合でその傾向は顕著ですね。

走るのが好きな人、嫌いな人、結構分かれると思います。

ライン際のようなボールを、追うのか、追わないのか。

追わないなら、どこか他のコースを待っているのか?

このあたり、しっかりアナタ自身が感じられるかどうか、が大事。

ベテラン選手でも、しっかり走れる選手はいますからね。

同時に、諦めの早い人もいる。

どうでしょう、イメージ出来ませんか?

 

2.走らない人は、走る意欲が無い人もいる

結構、捨てている人もいますよね。

ライン際、ネット際のショットは、あえて追わない。

追わないで体力を温存する、ようなプレースタイルの人、シングルスの試合でもいます。

いや、結構やり辛いんですよ、こういう相手。

走らない分、自分の身体の近くのボールの返球は上手いし、技術はある。

だからこそ、こういう相手には一発で仕留めようとしてはダメ。

ライン際、じゃないようなボールで3歩くらい走らせて、ラリーする。

そうすれば、自然に崩れてくれるでしょうから。

動かない相手、にライン際を狙うのはもったいない。

走る意欲も無さそうなら、ドロップショットも甘めくらいで良いでしょう。

 

3.走るのが大好きな相手には・・・?

少し下がったポジションから、粘って来るような相手。

シコラータイプの選手、ベテランやシニアのカテゴリでも多いですよね。

こういう選手は、走ることでリズムを作る、自分の流れを作って来る。

であれば、走らせないでセンターにボールを集める。

それから、浅いボールであえて「攻めさせる」ことも大事。

攻められること、が大好きな選手は自分から攻撃していくこと、が好きじゃないですからね。

以前にも書きましたが、シコラータイプの選手にはどんどん攻撃させましょう。

きっと、困ったようにアプローチショット、を打って来ると思いますよ。

 

4.試合の序盤にドロップショット、が効果的!

私はいつも、これで確認します。

ある程度、厳しくいきしょう。

ネットを越えなくても、相手は走るのかどうか。

ドロップショットのような浅いボールに、どう反応してくるのか、を確認する。

反応が良いようなら、この選手は走れるな、と。

反応が悪いようなら、そんなに走るタイプじゃないな、と。

想定を立てて、その後のプレーに活かしていく。

厳しめのドロップショット、を試合の序盤に打ってみてテストしてみる。

ぜひ、それくらいの余裕を持って試合に入ってみて下さい。

 

走る相手も嫌ですけど、狙いを絞ったように走らないような選手、も嫌ですよね。

この2つのタイプ、にどうシングルスの試合で戦っていくのか。

アナタ自身、しっかり準備しておけば大丈夫。

「あ、今日はこのタイプか・・・」と、試合が始まったら思えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  2. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

  3. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  4. 戦術

    出来そうなことしかやらない、だから勝てない

    試合の中で、みなさんが打っていくショット。それは当然、練習を…

  5. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある

    試合に出てばかりだと、どうしても忘れがちなこと。それは、テニス…

  6. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠す…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
PAGE TOP