テニス ロブ

ストローク

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。

実際に試合では、打ちたくなりますからね。

つないでくる、粘るような相手ほど、力でねじ伏せたくなる。

そう思った時点で、アナタの負けでしょう。

彼らの大好物、を差し出す必要はありません。

 

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

 


 

1.走ってリズムをつかむ、のが上手い人は多い

草トープレイヤーでも、本当に多いです。

シングルス、ダブルスに限らず、とにかく走って走って、軌道の高いボールを返球してくる。

こういう相手は、ハードヒットしても響かない、効かない。

むしろ、そういうボールに喰らい付くことが大好き、な選手ですから。

コートの後方からハードヒットしても、アナタ自身体力を使うしミスも増えて良いこと無し。

大事なのは、とにかく後ろの打ち合いで相手を走らせようとしないこと。

前に出てネットプレー、が絶対に必要になります。

 

2.安心して高い軌道、で打たせてはいけない

これは、とにかく序盤に見せておきましょう。

粘り強い相手は、しっかりアナタを見ている。

「この人は、前に出て来るかどうか?」によって、粘り方を変えているはずなんです。

前に出て来ないなら、もうひたすらロブ気味のボールで応戦しておけば良い。

でも、前に出て来るような選手なら、それだけだと叩かれてしまう。

この、「叩かれてしまうかも知れない」という小さい不安が、粘りや精度に微妙なずれを生じさせていく。

それくらい、プレッシャーって大事なんですよ。

 

3.どんなシコラーでも、ネットプレーは嫌なもの

相手のネットプレー、は実際に彼らの脅威になります。

かつての名選手、マイケル・チャン選手やナダル選手だって、ネットプレーには苦戦してきました。

彼らに勝つには、ネットに出ないといけない、ということも皆気付いてきた。

これは、プロ選手だけの話ではなく、私たちレベルでの試合でも言えることでしょう。

後ろで粘らせない、そのためには前に出る。

足が速い選手でも、前に出て時間を奪えば勝機は見えて来る。

ミスを誘うのが大好きな相手、だからこそ、自分のミスが許せないし崩れやすいはずです。

 

4.ハードヒットで急速アップ、卒業しましょう

これをやっているうちは、試合で勝てません。

球速を上げたいなら、タイミングを速くする、またはネットに出る。

スピード感は、ハードヒットしなくてもテニスではアップ出来ます。

これに気付かないと、いつまで経っても怪我が多い、自己満選手。

走るのが大好き、な相手にもずっと勝てないまま。

どっちの道を歩むのかは、アナタ次第ですけど。

 

ネットに出てプレーする、だけで粘り強い相手の反応は変わります。

もちろん、抜かれることもあるでしょう。

でも、相手に変化を起こさせる、ことが出来たと思えば実践した価値はある。

繰り返しますが、シコラー相手にネットプレーは絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  4. テニス 気付き
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です
  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる
  3. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則
  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ
  5. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?
PAGE TOP