テニス ロブ

ストローク

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。

実際に試合では、打ちたくなりますからね。

つないでくる、粘るような相手ほど、力でねじ伏せたくなる。

そう思った時点で、アナタの負けでしょう。

彼らの大好物、を差し出す必要はありません。

 

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

 

1.走ってリズムをつかむ、のが上手い人は多い

草トープレイヤーでも、本当に多いです。

シングルス、ダブルスに限らず、とにかく走って走って、軌道の高いボールを返球してくる。

こういう相手は、ハードヒットしても響かない、効かない。

むしろ、そういうボールに喰らい付くことが大好き、な選手ですから。

コートの後方からハードヒットしても、アナタ自身体力を使うしミスも増えて良いこと無し。

大事なのは、とにかく後ろの打ち合いで相手を走らせようとしないこと。

前に出てネットプレー、が絶対に必要になります。

 

2.安心して高い軌道、で打たせてはいけない

これは、とにかく序盤に見せておきましょう。

粘り強い相手は、しっかりアナタを見ている。

「この人は、前に出て来るかどうか?」によって、粘り方を変えているはずなんです。

前に出て来ないなら、もうひたすらロブ気味のボールで応戦しておけば良い。

でも、前に出て来るような選手なら、それだけだと叩かれてしまう。

この、「叩かれてしまうかも知れない」という小さい不安が、粘りや精度に微妙なずれを生じさせていく。

それくらい、プレッシャーって大事なんですよ。

 

3.どんなシコラーでも、ネットプレーは嫌なもの

相手のネットプレー、は実際に彼らの脅威になります。

かつての名選手、マイケル・チャン選手やナダル選手だって、ネットプレーには苦戦してきました。

彼らに勝つには、ネットに出ないといけない、ということも皆気付いてきた。

これは、プロ選手だけの話ではなく、私たちレベルでの試合でも言えることでしょう。

後ろで粘らせない、そのためには前に出る。

足が速い選手でも、前に出て時間を奪えば勝機は見えて来る。

ミスを誘うのが大好きな相手、だからこそ、自分のミスが許せないし崩れやすいはずです。

 

4.ハードヒットで急速アップ、卒業しましょう

これをやっているうちは、試合で勝てません。

球速を上げたいなら、タイミングを速くする、またはネットに出る。

スピード感は、ハードヒットしなくてもテニスではアップ出来ます。

これに気付かないと、いつまで経っても怪我が多い、自己満選手。

走るのが大好き、な相手にもずっと勝てないまま。

どっちの道を歩むのかは、アナタ次第ですけど。

 

ネットに出てプレーする、だけで粘り強い相手の反応は変わります。

もちろん、抜かれることもあるでしょう。

でも、相手に変化を起こさせる、ことが出来たと思えば実践した価値はある。

繰り返しますが、シコラー相手にネットプレーは絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  2. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  3. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?

    バックハンドストロークは苦手だった。20歳までは片手バックハンドだ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が大事!

    皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか。つなぎのラリーで、つい…

  5. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、は最初にしっかり確認しておくこと

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくある…

  6. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

    片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?両手に比べれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  2. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
  3. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  4. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
PAGE TOP