テニス ロブ

ストローク

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。

実際に試合では、打ちたくなりますからね。

つないでくる、粘るような相手ほど、力でねじ伏せたくなる。

そう思った時点で、アナタの負けでしょう。

彼らの大好物、を差し出す必要はありません。

 

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

 


 

1.走ってリズムをつかむ、のが上手い人は多い

草トープレイヤーでも、本当に多いです。

シングルス、ダブルスに限らず、とにかく走って走って、軌道の高いボールを返球してくる。

こういう相手は、ハードヒットしても響かない、効かない。

むしろ、そういうボールに喰らい付くことが大好き、な選手ですから。

コートの後方からハードヒットしても、アナタ自身体力を使うしミスも増えて良いこと無し。

大事なのは、とにかく後ろの打ち合いで相手を走らせようとしないこと。

前に出てネットプレー、が絶対に必要になります。

 

2.安心して高い軌道、で打たせてはいけない

これは、とにかく序盤に見せておきましょう。

粘り強い相手は、しっかりアナタを見ている。

「この人は、前に出て来るかどうか?」によって、粘り方を変えているはずなんです。

前に出て来ないなら、もうひたすらロブ気味のボールで応戦しておけば良い。

でも、前に出て来るような選手なら、それだけだと叩かれてしまう。

この、「叩かれてしまうかも知れない」という小さい不安が、粘りや精度に微妙なずれを生じさせていく。

それくらい、プレッシャーって大事なんですよ。

 

3.どんなシコラーでも、ネットプレーは嫌なもの

相手のネットプレー、は実際に彼らの脅威になります。

かつての名選手、マイケル・チャン選手やナダル選手だって、ネットプレーには苦戦してきました。

彼らに勝つには、ネットに出ないといけない、ということも皆気付いてきた。

これは、プロ選手だけの話ではなく、私たちレベルでの試合でも言えることでしょう。

後ろで粘らせない、そのためには前に出る。

足が速い選手でも、前に出て時間を奪えば勝機は見えて来る。

ミスを誘うのが大好きな相手、だからこそ、自分のミスが許せないし崩れやすいはずです。

 

4.ハードヒットで急速アップ、卒業しましょう

これをやっているうちは、試合で勝てません。

球速を上げたいなら、タイミングを速くする、またはネットに出る。

スピード感は、ハードヒットしなくてもテニスではアップ出来ます。

これに気付かないと、いつまで経っても怪我が多い、自己満選手。

走るのが大好き、な相手にもずっと勝てないまま。

どっちの道を歩むのかは、アナタ次第ですけど。

 

ネットに出てプレーする、だけで粘り強い相手の反応は変わります。

もちろん、抜かれることもあるでしょう。

でも、相手に変化を起こさせる、ことが出来たと思えば実践した価値はある。

繰り返しますが、シコラー相手にネットプレーは絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  2. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

  5. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足…
  4. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について
PAGE TOP