テニス ロブ

ストローク

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。

実際に試合では、打ちたくなりますからね。

つないでくる、粘るような相手ほど、力でねじ伏せたくなる。

そう思った時点で、アナタの負けでしょう。

彼らの大好物、を差し出す必要はありません。

 

つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

 


 

1.走ってリズムをつかむ、のが上手い人は多い

草トープレイヤーでも、本当に多いです。

シングルス、ダブルスに限らず、とにかく走って走って、軌道の高いボールを返球してくる。

こういう相手は、ハードヒットしても響かない、効かない。

むしろ、そういうボールに喰らい付くことが大好き、な選手ですから。

コートの後方からハードヒットしても、アナタ自身体力を使うしミスも増えて良いこと無し。

大事なのは、とにかく後ろの打ち合いで相手を走らせようとしないこと。

前に出てネットプレー、が絶対に必要になります。

 

2.安心して高い軌道、で打たせてはいけない

これは、とにかく序盤に見せておきましょう。

粘り強い相手は、しっかりアナタを見ている。

「この人は、前に出て来るかどうか?」によって、粘り方を変えているはずなんです。

前に出て来ないなら、もうひたすらロブ気味のボールで応戦しておけば良い。

でも、前に出て来るような選手なら、それだけだと叩かれてしまう。

この、「叩かれてしまうかも知れない」という小さい不安が、粘りや精度に微妙なずれを生じさせていく。

それくらい、プレッシャーって大事なんですよ。

 

3.どんなシコラーでも、ネットプレーは嫌なもの

相手のネットプレー、は実際に彼らの脅威になります。

かつての名選手、マイケル・チャン選手やナダル選手だって、ネットプレーには苦戦してきました。

彼らに勝つには、ネットに出ないといけない、ということも皆気付いてきた。

これは、プロ選手だけの話ではなく、私たちレベルでの試合でも言えることでしょう。

後ろで粘らせない、そのためには前に出る。

足が速い選手でも、前に出て時間を奪えば勝機は見えて来る。

ミスを誘うのが大好きな相手、だからこそ、自分のミスが許せないし崩れやすいはずです。

 

4.ハードヒットで急速アップ、卒業しましょう

これをやっているうちは、試合で勝てません。

球速を上げたいなら、タイミングを速くする、またはネットに出る。

スピード感は、ハードヒットしなくてもテニスではアップ出来ます。

これに気付かないと、いつまで経っても怪我が多い、自己満選手。

走るのが大好き、な相手にもずっと勝てないまま。

どっちの道を歩むのかは、アナタ次第ですけど。

 

ネットに出てプレーする、だけで粘り強い相手の反応は変わります。

もちろん、抜かれることもあるでしょう。

でも、相手に変化を起こさせる、ことが出来たと思えば実践した価値はある。

繰り返しますが、シコラー相手にネットプレーは絶対に必要です。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  4. テニス 壁打ち

    ストローク

    テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう

    ストロークの構え直しが遅い人、遅いと感じている人。そんな人は、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

  6. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブペース

    対戦相手と、それほど実力差は無いと感じる試合の中で、中盤から相手に押さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
  2. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  5. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇
PAGE TOP