日々の雑記

第3回 読者ミーティングを実施しました

昨日は、年内最後の読者ミーティングを開催させて頂き、読者のみなさんと楽しい時間を過ごさせて頂きました。

年末のお忙しい時期にも関わらず、ご参加頂いたみなさん、ありがとう御座いました。

今年、最低3回はやると決めて取り組んだこのイベント、結論、やらせて頂いて本当に良かったです!

普段お会い出来ない読者のみなさんとお会い出来て、テニスに対して真剣に話し合える場が持てたことは、私にとってもとても勉強となる良い機会となりました。



改めて、私は凄いなと思います。

何が凄いって、読者のみなさんご自身が、です。

よく分からないサイトの、よく分からない偏った意見に耳を傾けて頂き、記事を毎日のように読んで下さる。

そして、本気で自分のテニスを変えようと、真摯に取り組んで試合に出る。

私自身もそうですが、テニスの試合や大会って、どうしようもなく強い人多いじゃないですか。

元プロ選手、ジュニア選手、全国レディースや職業コーチの人、と試合をして戦っていかないといけない。

果てしなく高い壁のように見え、実際の試合でキレイにやられてしまう。

でも、また立ち上がっていくって、本当に凄いことですよ。



私も何度も、このサイトの更新を止めようかと悩んだことがあります。

そもそも、自分も試合で勝ててないじゃないか、と。

本当にチャレンジ出来ているのか、偉そうに書いてばかりで、と自問自答の日々。

でも、こうやって実際にみなさんとお会いすることで、

「少しずつ、勝てるようになって来ました」

「周りの人に、勧めてます!」

という声を頂き、続けていられるのが現状です。

だからこそ、もっともっと、読者のみなさんには「良い想い」をして欲しいと思っています。



もうすぐ今年も終わりますが、来年はまた新しい取り組みを模索しています。

東京、関東以外の方ともお会いしたいですし、やっぱりコート上でボールを打ち合いたい。

どこまで出来るか分かりませんが、みなさんに挑戦を説いている以上、やらない理由は無いなと。

時間はかかるかも知れませんが、ぜひご期待頂ければと思います!

あー、やっぱりテニスは良い。

苦しい、辛い、しんどい、だけど良いモノ、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 雨

    日々の雑記

    あれだけ楽しかったテニスが、苦しくなるけど

    「昔は、テニス楽しかったよね」こう感じている人も、きっと読者…

  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

  3. テニス 感覚

    日々の雑記

    アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない

    皆さんは、「自分のテニス」をしっかり自分で決断出来てますか?も…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近改めて思うん…

  5. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

  6. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

    「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  5. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
PAGE TOP