リターン

試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。

これが、私がいつも意識しているポイントです。

相手のサービスゲーム、をいかにまずはラリーに持ち込んでいくか。

これは、男女問わず、大事なポイントだと思いますよ。

 

試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

 


 

1.まずは返す、だけでも良い

試合が始まって、最初のリターンゲーム。

私は、まず返すことに集中します。

相手のサーブがどんな感じかは、何となく最初の練習で分かるじゃないですか。

それに応じて、少し下がり気味のポジションから、まずはファーストサーブを返す。

セカンドサーブになっても、無理はしない。

相手に決められるのはOK、だけど自分からミスをしない。

リターンゲームの入りって、本当にこれで良いと思うんですよね。

 

2.確実に、だけどコースは散らしていく

ダブルスでは、2回に1回は自分のリターン。

その中で、最初のゲームでも無理しない範囲でコースは散らしていきましょう。

ストレートへのロブ、ストレートに打って相手の前衛にプレーさせる。

当然、エースは必要ありません。

エースになる方が怖いんですよ、こういう序盤って。

自分が調子に乗ってしまいますからね・・・。

遅いボールでコースを散らす、ことも意識しながら、序盤のリターンゲームは戦っていきましょう。

 

3.ゆったり入れば、ギアチェンジが出来る

試合の中盤、になると、この序盤のスタートも活きて来ます。

ゆったりと入っているので、中盤に少しだけ強打、前に入ってのリターンでも、変化が付けられる。

相手からすると、急に自分のサーブが攻撃されるような感じになって、慌てると思いますよ。

「リターンは打って来ないだろう」と思わせておけば、それだけで良いフェイントになる。

私はいつも、3-3くらいのリターンゲームで、テンポを上げます。

その頃には、相手サーブのコースも読めて来ますからね。

ここはぜひ、みなさんも実践して欲しいポイントです。

 

4.リターンゲームを「計算出来る」ようになろう

私は、今はリターンゲームの方が好き。

好き、と言いますか、安心出来るんですよね。

スライス、スピン、ロブ、ある程度色々なリターンが打てますから、仕掛けやすい。

それに、序盤にゆったり入るという型がありますから、リズムも出来る。

試合に強い人って、こういう小さい型が何個もあって、自分のリズムを持っている。

みなさんも、ちょっとしたことですが、意識してみると良いと思います。

計算出来るようになれば、リターンゲームは強いですし試合に自信も持てるはずです。

 

リターンゲームで、たくさんラリーする。

これは、テニスの試合に勝つ為の鉄則です。

相手のサーブの調子が良いんじゃなくて、アナタ自身が調子良くプレーさせていること、が多いですからね。

まずはゆったり入る、確実に入る。

それだけで、変な負けは相当減ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  4. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  5. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  6. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  3. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら
  4. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
PAGE TOP