リターン

試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。

これが、私がいつも意識しているポイントです。

相手のサービスゲーム、をいかにまずはラリーに持ち込んでいくか。

これは、男女問わず、大事なポイントだと思いますよ。

 

試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

 


 

1.まずは返す、だけでも良い

試合が始まって、最初のリターンゲーム。

私は、まず返すことに集中します。

相手のサーブがどんな感じかは、何となく最初の練習で分かるじゃないですか。

それに応じて、少し下がり気味のポジションから、まずはファーストサーブを返す。

セカンドサーブになっても、無理はしない。

相手に決められるのはOK、だけど自分からミスをしない。

リターンゲームの入りって、本当にこれで良いと思うんですよね。

 

2.確実に、だけどコースは散らしていく

ダブルスでは、2回に1回は自分のリターン。

その中で、最初のゲームでも無理しない範囲でコースは散らしていきましょう。

ストレートへのロブ、ストレートに打って相手の前衛にプレーさせる。

当然、エースは必要ありません。

エースになる方が怖いんですよ、こういう序盤って。

自分が調子に乗ってしまいますからね・・・。

遅いボールでコースを散らす、ことも意識しながら、序盤のリターンゲームは戦っていきましょう。

 

3.ゆったり入れば、ギアチェンジが出来る

試合の中盤、になると、この序盤のスタートも活きて来ます。

ゆったりと入っているので、中盤に少しだけ強打、前に入ってのリターンでも、変化が付けられる。

相手からすると、急に自分のサーブが攻撃されるような感じになって、慌てると思いますよ。

「リターンは打って来ないだろう」と思わせておけば、それだけで良いフェイントになる。

私はいつも、3-3くらいのリターンゲームで、テンポを上げます。

その頃には、相手サーブのコースも読めて来ますからね。

ここはぜひ、みなさんも実践して欲しいポイントです。

 

4.リターンゲームを「計算出来る」ようになろう

私は、今はリターンゲームの方が好き。

好き、と言いますか、安心出来るんですよね。

スライス、スピン、ロブ、ある程度色々なリターンが打てますから、仕掛けやすい。

それに、序盤にゆったり入るという型がありますから、リズムも出来る。

試合に強い人って、こういう小さい型が何個もあって、自分のリズムを持っている。

みなさんも、ちょっとしたことですが、意識してみると良いと思います。

計算出来るようになれば、リターンゲームは強いですし試合に自信も持てるはずです。

 

リターンゲームで、たくさんラリーする。

これは、テニスの試合に勝つ為の鉄則です。

相手のサーブの調子が良いんじゃなくて、アナタ自身が調子良くプレーさせていること、が多いですからね。

まずはゆったり入る、確実に入る。

それだけで、変な負けは相当減ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  2. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  4. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えてい…

  5. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  6. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

    ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。何度か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?
  2. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろ…
  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
  5. その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける
PAGE TOP