リターン

「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!

順調な滑り出しのように見えて、実は危ない。

「何も、そこまで心配しなくても」と、思う方も多いでしょう。

私は経験上、こう考えてしまうんですよね。

みなさんは、どうですか?

 

「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

 


 

1.序盤でのブレイク、なぜ危ない?

試合が始まって、すぐに相手のサービスゲームをブレイク!

出だしから良い感じ、だと思いますか?

私は、「危ない」と考えます。

用心深すぎると思われるかも知れませんが、テニスの試合って、本当にこれが危ない。

人の心理って、その場面、場面によって変わって来る。

「なんだ、この試合大丈夫だな」と、どこかで思ってしまうのが人間、なんですよ。

 

2.「いつでもブレイク出来る」という大きな勘違い

これを、つい考えてしまうんです。

いつでもブレイク出来る、と考えた時点で、アナタの試合の歯車は大きく崩れていくでしょう。

それが、一番影響されるのはアナタ自身のサービスゲーム。

サービスゲームに、一番影響が出るんですよね。

どこかで、隙が出来る。

締めていこうと思っても、どこかで緩んでしまうのが、人間なんです。

だからこそ、私はいつも以上に考える。

「よし、これはプランを変えないといけないな」という感じ、ですね。

 

3.相手だって、必死になってブレイクに来る

アナタ自身のサービスゲームが、怪しくなる。

当然、油断してしまうというのもありますが、相手だって必死になりますからね。

序盤でブレイクされたということは、自分もブレイクしないとそのセットを落としてしまう。

1セットマッチであれば、試合終了になる。

これを分かっていますから、必死でリターンゲームを考えて、喰らい付いて来るでしょう。

この予測、が出来ているかどうか、が大事なんです。

「序盤でブレイク出来てラッキー」となって、結果的に試合に負けてはいませんか?

 

4.サービスゲームにこそ、バリエーションを

相手が、必死でブレイクに来る。

この現実を、どう受け止めるのか。

序盤でブレイクして、そのまま試合を押し切るには、このアイデアが必要です。

バリエーションが欲しいんですよね、アナタ自身のサービスゲームに。

リターンで強気に来る相手、をかわせるようなコースに打てるかどうか。

サーブ&ボレーを入れて、アナタ自身が「隙を見せないよ」という姿勢を見せられるかどうか。

間違っても、「このまま何となく、試合が終わらないかな・・・」と、淡い期待を抱かないこと。

サービスゲームさえ崩れなければ、そのままブレイクを活かして勝ち切れるはずです。

 

序盤に良い感じ、これをどう受け止めるのか。

「危ない」と感じる人は、やっぱり試合でも強いですよ。

それだけ、冷静に俯瞰して、客観的に試合を出来ている証拠ですからね。

少しだけ、頭の片隅に置いておくと、試合で違いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  2. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのが…

  3. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  4. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  6. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

    春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。まず、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと
  2. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!
  3. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
  4. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係…
  5. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
PAGE TOP