ボレー

ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。

コントロールが難しそうなボレーですが、このコツは「発射角度」にあります。

これを覚えれば、すごく楽。

ネットの上のどの辺りを通せば良いのか、狙いも定めやすいですからね。

 

ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

 


 

1.どんな角度で、ボールを飛ばそう?

ローボレー、ネットより低い位置でのボレーを飛ばす角度。

これ、みなさんイメージ出来るでしょうか?

ポイントは、ネットとの距離。

ネットから自分の立っている位置が遠ければ、山なりでしっかり深く。

ネットに近ければ、私なら少し直線的に打ちます。

山なりでネットを越えようとすると、アウトになる可能性も高いですからね。

ネットから遠いのに直線的なボレーは、なかなか入らない。

自分の立っている位置で、しっかり「良い角度」を探しておきましょう。

 

2.相手を見ないで、自分の近くを見る

よくボレーが安定しない人にありがちなのが、「相手を見ながら打つ」ということ。

これは一見正しいようで、実は安定しない。

まずはしっかりボールを見ながら、自分の近くに目標を作る。

良い角度で飛ばしたいなら、自分の身体から1メートル前くらいに目標を作る感じで良いでしょう。

そこを通過出来れば、自然と相手コートの狙った場所に飛んでいく。

この感覚を、練習から養っていきましょう。

 

3.角度はラケット面で作ることが出来る

ボレーを飛ばす角度、それは自分自身で確実に作ることが出来る。

どんなに相手のボールが速くても、自分でラケット面を作ることが大事。

ボレーの素振り、ぜひイメージしてやってみて下さい。

私はいつも、ボレーの時の手首の角度、を確認しながらボレーの素振りをします。

こういうラケット面なら、きっとこの角度が付くな、というのを確認しておくんです。

軌道をイメージして、ラケット面作りに試合では徹する。

難しいことをしようとしなくてOK。

飛んでいく角度、発射角度に慣れていくこと、が大事です。

 

4.打つ側に慣れたら、今度は受ける側にも効果が!

不思議と、これも相乗効果で身に付いていきます。

ボレーの発射角度に自信が持てるようになると、相手のボールへの反応も良くなる。

相手のボレーの打ち出しの角度、打つ前のラケット面を見て、「どのあたりにボールが来るのか?」が、予測出来るようになるんです。

自分が打つ側の感覚を養えれば、受ける側の感覚も身に付いていく。

素早い判断が出来るので、出足が鋭くなる。

ボレー戦では、この1歩の速さが大事になるんです。

 

ボレーの発射角度、これでコースは決まります。

自分の立っている位置と、角度を覚える。

並行陣の後衛なら・・・これが出来れば、もうバッチリでしょう。

角度に神経質になれば、間違いなくテニスのコントロール力はアップします。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

    試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。これって…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

    「腰が引けてるよ!」というアドバイス、コーチからもらうケース多いんじゃ…

  6. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?
  2. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  3. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃな…
  4. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
PAGE TOP