テニス 粘り

日々の雑記

心の中に、持てる狂気が試合を動かす

いつもT-PRESSを購読頂きまして、ありがとう御座います。

それにしても、毎日本当に暑いですね・・・。

外でテニスの試合、練習を頑張るみなさんは、どうか「止める勇気」を持って下さい。

10年前、20年前とは違います。

止めたからといって、根性が無い訳でも無いし、選手失格な訳じゃない。

聡明な判断が出来ただけ、だと思います。

 

真夏の試合って、みなさんも経験あると思います。

これはもう、自分との戦いですよね。

暑くて頭がぼーっとしてくるし、もう勝っても負けても良いから「早く終わりたい・・・」と思うじゃないですか。

でも、この誘惑に負けないで、いかに頭は冷静に戦えるか、が大事。

嫌らしい話ですが、相手の体力を消耗させて勝てる試合、だってあるはず。

普段勝てないような相手、にも勝つチャンスがあるのが真夏の中での試合だったりもします。

もちろん、身の安全が第一ですが。

 

テニスの試合って、ネットを挟んでますが格闘技のようなもの。

プロ選手の試合なんて5時間超えですからね・・・本当に頭が下がります。

でも、私たちの試合だって、楽じゃないですよね。

1セットマッチの試合だって、時には2時間近くになる試合だってあります。

こういう試合を勝ち上がっていくには、私はある種の「狂気」が必要なんじゃないかと。

そう、狂ったようにボールを追う、打つ、という感覚ですね。

「あれ?冷静に、客観的にじゃなかったの・・・?」と思う方も、多いと思います。

ここは、バランス。

試合の中で、時には狂気をむき出しにして、相手に向かっていく。

自分のネジを一つ外して、ポイントを奪いにいく。

こういう姿勢、ぜひみなさんも意識して欲しいと思うんです。

特に真夏の中での暑い試合、自分を超えていくのに、狂気は必要。

どこか渇望し、飢えているような感覚、みなさんのテニスにはありますか?

そういう飢餓感って、私はテニス選手として大事だと思っています。

 

今月のはじめにアンケートを実施させて頂いて、たくさんの励ましのお言葉やご意見を頂きました。

お忙しい中、回答頂いたみなさんありがとう御座いました!

まだまだ、どんどんT-PRESSは変わっていきます。

みなさんに変化を求めるように、私自身も絶えず成長し続けたいと思いますので、一緒に頑張っていきましょう!

ただし・・・外でのテニスは本当に、充分に気を付けながらで・・・。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ

    東レPPOテニスも終わり、今週末からは楽天オープン。日本国内で…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  3. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  4. 日々の雑記

    昔は体育館、今は・・・?

    テニスを始める前は、バレーボール少年でした。小学校の6時間目が…

  5. テニス 雑記

    日々の雑記

    2018年1月~3月で、最も読まれた記事TOP10

    気が付けば、もう今年も4月1日。あっという間に3か月間、が過ぎ…

  6. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣の時に前衛は、ポーチに出る?出ない?
  3. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?
  4. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ…
  5. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕…
PAGE TOP