テニス

練習メニュー

半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

「どんな練習をすれば良いのか、分からない」

「ただ、何となく半画ラリーだけして、終わってしまう」

というご相談を、多く頂きます。

みなさん、試合に勝てるようになりたいと、必死。

だからこそ、私がいつも大切にしているこの意識、を今日は改めて。

 

半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

 


 

1.半面ラリー、はテーマ次第

以前にも書いたように、ウォーミングアップが終われば目的を持った練習。

真剣勝負、です。

テニスの上達が遅い、伸び悩んでいる人が多いチームは、まず「ダラダラのラリー」が長い。

本当に長くて、これが練習だと思い込んでいる。

当然、このラリーにはプレッシャーも無いですし、試合とはかけ離れたシチュエーション。

半面の1対1のラリーでも、私は「真剣勝負」が基本だと考えています。

 

2.半面の打ち合いで勝てれば、試合でも勝てる

みなさんも、自分の試合を思い出してみて下さい。

シングルスの試合で、コート全面を大きく使って、お互いに振り回してポイントを奪い合う。

そんな機会、そう多くないはずです。

ほとんどの試合が、サーブかリターン、その後の「半面くらいのスペース」しか使っていないラリー、でしょう。

狭いスペースでの打ち合い、が試合でもほとんどなんですよね。

だから、練習からストレート、クロスでの半面のラリーで、負けてはいけない。

ここで勝てれば、試合でも勝てる。

それくらい、半面ラリーでの勝負って大事だし、テニスに必要な要素が詰まっているんです。

 

3.半面でコントロール勝負、でいこう!

私はいつも、半面の中で相手を動かす。

遅いボールを使えば、自然と広くコートが使えます。

コート半面って、すごく広いですよ。

縦の長さは、オールコートと変わらないですからね。

ここで、相手を動かしてポイントを取る。

真剣勝負で、しっかり打ち合う。

もちろん、テーマ別の練習によっては練習の台の側となり、やられ役になることも必要。

でも、その中でもしっかり「簡単にはミスしない、負けないぞ!」という意識が大事です。

 

4.勝った負けた、上手くいったかどうか、を感じることが大事

半面ラリーでも勝負。

しっかり、相手に勝ったのか負けたのか。

自分のやろうとしたことは、上手くいったのかどうか。

これを、普段の部活やサークル、テニススクールでの練習で感じることが大事です。

試合のようにスコアでは残らないですが、自分の中ではしっかり残す。

負けが増えているようなら、半面ラリーでも危機感を持たないと。

こういう感覚を普段から持っていない人は、試合でもそれが出ます。

勝てない、のは普段から負けているから。

それに、気付かない人がほとんどなんですけどね。

 

ラリー練習、ただつなぐだけにならないように。

速いボールでのスピードガンコンテストも、意味が無い。

しっかり自分の確実に打てるショットで、相手を動かして勝負する。

ストローク同士、ボレー対ストローク、ボレー対ボレー、テニスではまだまだ、色々な練習があります。

ぜひ、みなさんの中でも工夫しながら、勝負しながら、やっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に…

  2. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのよ…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い

    言葉で書くと、挑み戦う。挑戦という言葉は、私はこの4月の時期に…

  4. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点

    練習環境には恵まれているのに、試合で勝てない。試合中に、自分の…

  5. テニス リターン

    練習メニュー

    テニスの試合で「ロブで抜かれても、追いついてしっかり返球」できるイメージを作る練習メニュー

    試合の中で流れを変える要素のある「ロブ」に対応する、実践的な練習メニュ…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  3. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
  4. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
  5. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ…
PAGE TOP