テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効

ダブルスの試合、雁行陣で粘り強い相手は、嫌ですよね。

後衛同士のラリーが、なかなか終わらない。

前衛も、参加しようにも踏ん切りがつかない。

こういう試合を、どうものにしていくのか、が特に女子ダブルスでは大事です。

ぜひ、ショートクロスという武器を、みなさんも使っていって欲しいんです。

 

ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効

1.なかなか出たくても、前衛は参加出来ないのが試合

ですよね、実際。

出ようにも、踏ん切りがつかない。

出て触ってしまうと、逆に相手のチャンスになってしまうような試合、特に初中級のみなさんはそうでしょう。

参加したいけど、なかなか出来ない。

結局、後衛の選手のミス、をどちらが先にするかの勝負になってしまう。

これでは、安定して試合に勝つのは難しいですよね。

かと言って、前に出て並行陣、ドロップショットも怖い・・・なら、このショットを使いましょう。

 

2.しっかり振り切って、浅い場所にクロスストローク

これで良いんです。

ショートクロス、という単語があるから、難しく感じてしまう。

普段のストロークを、意図的に浅く打てればそれで良い。

厳しいコースを狙わなくても、シングルスのサイドラインにバウンドさせるくらいでちょうど良い。

少しずれてアウト、になるのはもったいないですからね。

狙いは、センターストラップの真上で良いでしょう。

ここを通して、浅いストロークを打てば、結果的に後衛の相手を外側に追い出す、効果的なストロークになるはずです。

 

3.特に、下がっている後衛には効果的!

雁行陣で安定感のある後衛は、ポジションも下がり目。

下がって深いボール、を警戒しているようなプレイヤーが多いですよね。

ですので、ショートクロスはより効果的なんです。

実際に試合で使ってみると、気付くはずですよ。

深いショットの後にこのショットを使えると、相手は非常に守りにくい。

横幅が狭いようなコートなら、より効果的です。

ぜひ、試合の中で、雁行陣のラリーからの展開パターンに入れて欲しいショットです。

 

4.自分が前に入った時に、しっかり打とう!

実際に、どこで使うのか。

これは、アナタ自身が少し前に入って、コートの内側から打てる時がベストです。

もちろん、強打も出来るような場面、ですね。

ここで、しっかり回転をかけてショートクロス、という選択がカッコイイ。

雁行陣のダブルスとして、効果的な攻撃になるはずです。

繰り返しますが、相手を動かすショットなので、厳しいコースを狙い過ぎないことが大事。

しっかりラケット振り切って、相手をコートの外側に走らせていきましょう!

 

ベテランやシニアの方でも、ぜひ使って欲しいこのショット。

慣れて来ると、もちろん並行陣相手にも大活躍です。

実は、両手バックハンド、のストロークの方が振り抜きやすいかも知れませんよ。

バックハンドストロークで、どう攻撃すれば良いのか・・・と、悩んでいる方。

ぜひ、ショートクロスを振り切るとことから、トライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  2. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  5. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

    並行陣で、手堅くプレーしていく。安定感のあるダブルスは、ミスが…

  6. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

    これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。頑張ろうと必死にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  2. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
PAGE TOP