テニス ストローク

ストローク

高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。

この中で、大事なのはしっかり「攻撃していく」ということ。

自分はストローク力が無い、と嘆く前に、意識を変えればもっと楽に戦えます。

高い打点というのは、大事なキーワードになります。

 

高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

 


 

1.低い打点から相手の足下、を狙うのは危険

相手がネットにいるなら、当然狙いは相手の足下。

でも、その足下の低い位置を狙うのに、こちらの打点が低ければ危険。

低い位置からネットを越えて、さらに沈めるのは相当、リスクが高いですからね。

攻撃していくなら、自分が高い打点の時。

腰から胸、くらいの高さで打てるボールで攻撃していくのが、対ネットプレイヤーに対抗する為の基本です。

高い打点から攻撃していくのに、大事なポイントをまとめていきましょう。

 

2.大きな構えを、しっかり相手に見せる

高い打点から攻撃していくときの基本は、対ネットプレイヤーでもベースラインプレイヤーでも一緒です。

まず、アナタ自身のテイクバックを早く、高くすること。

大きな構えで、相手を威嚇することで、相手はどこに打って来るのか分からなくなる。

それに、ネットにいながら気持ちが引いてしまうんですよね、こういう構えをされると。

強い選手って、ボールを打つ前の構えがダイナミックじゃないですか。

この構え、を作るだけで、相手のネットプレイヤーは怖気づいてくれるはず。

フォアでもバックでも、この意識は大事です。

 

3.基本はセンターを通す軌道で

基本的には、高い打点から角度を付けて相手の足下に打ちたい。

だからこそ、しっかりセンターストラップの上、ネットが低い場所を通すことが大事です。

ちょっとした差、ですが、やはりセンターは速度があるボールを通しやすい。

高い打点から相手の足下に、鋭いボールを打つ為にはこれが基本。

ネットの端は、なかなか速いボールで狙い辛いですから。

高い打点でも、センター狙いがテニスの基本です。

 

4.強打ではなく、ライジングとタイミング重視

強打でエース、欲しいですよね。

でも、その強打って試合で使えますか?

スタミナが切れた後半でも、打てますか?精度高く。

私は、すごく疑問だと思います。

高い打点から腕を振り回して強打ではなく、あくまでライジングショット、タイミングで勝負したい。

自分から前に入って、早いタイミングでボールを捕らえていく。

高い打点で打つ、打てる場所に早く入って攻撃していくことが、対ネットプレイヤーの極意です。

 

高い打点で打つには、待っていてもダメ。

ボールはどんどん落ちて来るし、相手ネットプレイヤーに対抗するチャンスはどんどん減っていきます。

前に入って大きな構え、でライジングショット。

これが理想ですので、ぜひ練習から意識してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  2. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  5. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?

    特にシングルスの試合で、よくある光景。言い方は悪いですが、3回…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  2. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう
  3. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」…
  5. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
PAGE TOP