テニス 客観視

サーブ

ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

スピンサーブの軌道の高さ。

これは、きっとアナタ自身が思っているよりずっと、高い。

試合の緊迫した場面で、やっぱりネットフォルトだけは避けたいじゃないですか。

そうなると、どうすればイメージがつきやすいのか。

試合の現場で、きっとあるであろうあるモノ、を使うと良いでしょう。

使うといっても、実際に動かしたりはしないんですけどね。

 

ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

 


 

1.ネットの高さ、を越えれば良いの?

これでは、物足りない。

結果的にギリギリですし、相手コートにバウンドしてからも低い軌道だと、そんなにキックしないんですよね。

やっぱり、ネットよりももっともっと、高い軌道でサーブは通すことが大事。

そうなると、何をイメージすれば良いのか・・・と言えば、「審判台」です。

試合会場のコートには、大抵あるはず。

この審判台の高さ、を一つの基準にしておくと、試合中でも修正が効くと思いますよ。

 

2.審判台の高さ、を越える軌道で

打ってみましょう。

「え!?そんなの、絶対フォルトするよ」と、思う方も多いでしょう。

でも、私は実際に強い選手の試合をこの審判台の上から見ていましたが、本当に良いスピンサーブは私の目線より高かった。

つまり、審判台よりも高い軌道の後に、変化してサービスエリアに入る。

ここまでは難しいにしても、とにかくこの審判台を越えるような軌道、でサーブを打つんだと。

調子が悪いときには、覚えておいて損は無いですよ。

 

3.コートの近くにあるもの、から連想していくから便利

色々準備しても、コートの中にあるもの、を使えるかどうか。

私は、これがすごく大事だと思っています。

眼に入って来るもの、実際に近くにあるものだと、想像しやすいじゃないですか。

サーブが入らないで落ち込んでいる時に、審判台を見て調子を取り戻す。

これも、試合で使える大事なテクニックですよ。

 

4.良い機会なので、回転系のサーブの軌道を変えよう

良い機会ですので、ぜひ見直してみて下さい。

審判台の高さから、落ちて入るサーブってどんなサーブでしょう。

これが打てるようになれば、まず土フォルトするような雰囲気、は無くなりますよね。

試合でも自信を持って、攻撃的なセカンドサーブを打っていける。

みなさんが思っている以上に、グリップを薄くして、しっかりラケットを振り切らないとこのサーブは入りませんからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

自分のサーブを変える、セカンドサーブの軌道を生まれ変わらせる、くらいの意識が大事ですよ。

 

審判台、使えるなら実際にサーブ練習で使っても良いと思います。

ネット近くに移動させて、これを超えるように打ってみる。

最初は、回転が足りないでフォルト、になるでしょう。

でも段々と、それが入るようになってくるはず。

試合の中で、自信になりますからね。

あの高さでも、自分は入るんだと。

こういう小さい自信、を準備しておくこと、がテニスの試合では何より大事です。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

  3. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

  5. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  3. メンタル

    いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか
  4. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝
  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
PAGE TOP