テニス ボレー

スマッシュ

どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。

シングルスでもダブルスでも、このロブをいかに、スマッシュで攻略するか。

これって、かなり大事なテーマになってきているはずです。

スマッシュに苦手意識がある人は、やはりフラット気味に当たっている方が多いように思います。

回転系スマッシュ、に意識を変えていきませんか?

 

どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

 


 

1.サーブと一緒、の考え方で良い

私はいつも、こう考えています。

ロブは、相手が上げてくれたトス、のようなもの。

サーブを打つような感覚で、スピン、スライス、打ち分けていく。

その方が、ラケットをしっかり振り切れるんですよね。

スマッシュはフラット気味、になってしまってアウトするケースが多いですから。

回転をかけて、変化させてコートに入れる。

何より、アナタ自身がラケットを振り切れるようになれるかどうか、が大事なポイントです。

 

2.回転をかけるから、アウトの軌道でも入ってくれる

ネットだけ注意すれば、かなり大きめに打っても良い。

私はスマッシュを打つ時に、結構アウトになるくらいの軌道で打つようにしています。

とにかく、スピンでもスライスでも、回転を書ければしっかりコートに落ちてくれる。

そう信じて、後はラケットをしっかり振る。

ボールの横を打ってスライス、後ろを打ってスピン。

フラットに当たらないように意識するだけで、かなりスマッシュは打ちやすくなるはずですよ。

 

3.クロスへはスライス、逆クロスへはスピンが基本

これも、あくまで私が実践しているコツですが。

クロス方向、例えば右利きの方が左側にスマッシュを狙う場合には、スライス回転が良い。

スライスサーブをワイド、に打つような感じですね。

右方向、逆クロス方向に打つ時には、スピン回転をかけていけると良いでしょう。

山なりでもしっかり落ちて変化する、スピンサーブを長く打つようなイメージでOK。

練習してみると、かなり打ちやすいことに気付くと思いますよ。

 

4.「ロブ、ありがとう!」と思えるように

試合の中で、これを頭の中で叫びましょう。

前に出る、ネットに出たときに、「ロブ来い!よし来た!ありがと!」と。

こういう言葉、最初は出て来ないと思います。

でも、無理やりにでもイメージしていると、自然と湧いて来て、身体が反応してくれるようになるんですよね。

ロブ、ありがとう!トス上げてくれて、ありがとう!と。

後は回転をしっかりかけて、振り切れば試合では勝てます。

 

スマッシュの苦手意識は、自分を変えていかないとずっと付いて回ります。

技術的にも、メンタル的にも、ちょっとの意識で良いと思いますよ。

回転をかければ入る、と自信が持てれば強いですから。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

    スマッシュが得意な人は、試合で強い。そりゃそうですよね、チャン…

  2. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める」決断力が大事です

    プロ野球の外野選手、高く上がったフライの捕球を観ているといつも感じます…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!
  2. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの
  3. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  4. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  5. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い
PAGE TOP