テニス ボレー

スマッシュ

どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。

シングルスでもダブルスでも、このロブをいかに、スマッシュで攻略するか。

これって、かなり大事なテーマになってきているはずです。

スマッシュに苦手意識がある人は、やはりフラット気味に当たっている方が多いように思います。

回転系スマッシュ、に意識を変えていきませんか?

 

どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

 

1.サーブと一緒、の考え方で良い

私はいつも、こう考えています。

ロブは、相手が上げてくれたトス、のようなもの。

サーブを打つような感覚で、スピン、スライス、打ち分けていく。

その方が、ラケットをしっかり振り切れるんですよね。

スマッシュはフラット気味、になってしまってアウトするケースが多いですから。

回転をかけて、変化させてコートに入れる。

何より、アナタ自身がラケットを振り切れるようになれるかどうか、が大事なポイントです。

 

2.回転をかけるから、アウトの軌道でも入ってくれる

ネットだけ注意すれば、かなり大きめに打っても良い。

私はスマッシュを打つ時に、結構アウトになるくらいの軌道で打つようにしています。

とにかく、スピンでもスライスでも、回転を書ければしっかりコートに落ちてくれる。

そう信じて、後はラケットをしっかり振る。

ボールの横を打ってスライス、後ろを打ってスピン。

フラットに当たらないように意識するだけで、かなりスマッシュは打ちやすくなるはずですよ。

 

3.クロスへはスライス、逆クロスへはスピンが基本

これも、あくまで私が実践しているコツですが。

クロス方向、例えば右利きの方が左側にスマッシュを狙う場合には、スライス回転が良い。

スライスサーブをワイド、に打つような感じですね。

右方向、逆クロス方向に打つ時には、スピン回転をかけていけると良いでしょう。

山なりでもしっかり落ちて変化する、スピンサーブを長く打つようなイメージでOK。

練習してみると、かなり打ちやすいことに気付くと思いますよ。

 

4.「ロブ、ありがとう!」と思えるように

試合の中で、これを頭の中で叫びましょう。

前に出る、ネットに出たときに、「ロブ来い!よし来た!ありがと!」と。

こういう言葉、最初は出て来ないと思います。

でも、無理やりにでもイメージしていると、自然と湧いて来て、身体が反応してくれるようになるんですよね。

ロブ、ありがとう!トス上げてくれて、ありがとう!と。

後は回転をしっかりかけて、振り切れば試合では勝てます。

 

スマッシュの苦手意識は、自分を変えていかないとずっと付いて回ります。

技術的にも、メンタル的にも、ちょっとの意識で良いと思いますよ。

回転をかければ入る、と自信が持てれば強いですから。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  2. テニス サーブ
  3. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバドミン…

  4. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

    イメージは、バドミントンです!テニスのスマッシュって、結構力が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
  2. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振…
  4. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「自分から先に仕掛ける」ことの意識を強く持たない限り、いつまで…
  5. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと
PAGE TOP