テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。

その為には、振り切って尚且つバウンド後に伸びる、回転がかかったスマッシュにしていくこと。

これが、確実に求められていることだと思います。

フラット気味にスマッシュが打てるのは、本当にネット際で打てる浅いロブの時だけ。

しっかり下がりながらでも、攻撃出来るスマッシュを磨いていきましょう!

 

スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

 

1.サーブと同じ薄いグリップで握る

まず、この基本を見直しましょう。

しっかりスピンサーブやスライスサーブが打てる、薄いグリップでスマッシュも打っていく。

特に、ストロークのグリップのままのスマッシュは危険です。

力んでしまうとグリップチェンジを忘れてしまう方が多いですからね。

意識としては、サーブ並みに回転をかけて打つ、くらいで良い。

きっと、振り切れるしバウンド後も失速しないスマッシュ、になるはずです。

 

2.打つコースを先に決める

ロブが上がった瞬間に、しっかりと決める。

狙いが定まると、しっかりラケットも振れますからね。

打つコースをギリギリまで隠せる、調整出来ると思っている人は危険です。

ロブを見て、パッとコースを決める。

そうすると、どういう回転をかければ良いのか、も判断しやすくなるでしょう。

 

3.スピン回転で大きく打つ

サーブよりも深くて良い、ベースライン手前で変化して落ちる。

スピンスマッシュは、こういうイメージでいきましょう。

だからこそ、しっかりと大きく、スマッシュとはいえ山なりな軌道で打つくらいでちょうど良いと思います。

アウトするくらいの軌道で、実はしっかりコートに入る。

ただし、スピン回転を下から上、にしっかりとかけておくことが大前提です。

 

4.スライススマッシュはボールの横を打つ感覚で

私もよく使うスライススマッシュですが、ボールの横をしっかりと打つ。

真後ろ、を打ってしまうとフラットになってしまうので、右利きの方であればボールの右半分、にラケットを当てていく。

しっかりと振って、ボールに横回転をかけるイメージ、スマッシュでも湧いてきますか?

少し打点は低くても良いので、ボールの横を打つことだけ意識してみて下さい。

自然にスライス回転がかかって、バウンド後に相手から離れていく有効なサーブになるでしょう。

 

5.手のひらを外側に向けていく動きを意識する

これが一番のコツ、です。

サーブでも使いますが、スマッシュでも打ち終わったら自分のラケットを持つ手のひらが外側、を向いて終わるように。

ボールを弾いて、高い位置で打ち終わる。

「いつ、手のひらを返せば良いの?」と思う方も多いと思いますが、ボールを打ちながら、まさに打点で外側に向けていくような感じですね。

この手のひらの使い方が、スピンとスライスの基本になります。

ぜひ、スマッシュから意識して回転を多くかけていく、ことにトライしてみて下さい。

 

回転をかけよう、と思えばラケットを振れる。

しっかり大振りではなく、手のひらを動かして弾くようなスマッシュ。

きっと、相手からすると「深いロブを、安定してさばかれて辛い・・・」と感じてくれるでしょう。

力任せのフラットなスマッシュ、は試合では使えない。

特に深いロブへの対応として、しっかり磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    試合で絶対に必要な、「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー

    今回は、このテーマで。スマッシュ練習って、球出しだけになったり…

  2. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  3. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

  5. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  6. テニス スマッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です
  2. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ
  3. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
PAGE TOP