テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。

その為には、振り切って尚且つバウンド後に伸びる、回転がかかったスマッシュにしていくこと。

これが、確実に求められていることだと思います。

フラット気味にスマッシュが打てるのは、本当にネット際で打てる浅いロブの時だけ。

しっかり下がりながらでも、攻撃出来るスマッシュを磨いていきましょう!

 

スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

 

1.サーブと同じ薄いグリップで握る

まず、この基本を見直しましょう。

しっかりスピンサーブやスライスサーブが打てる、薄いグリップでスマッシュも打っていく。

特に、ストロークのグリップのままのスマッシュは危険です。

力んでしまうとグリップチェンジを忘れてしまう方が多いですからね。

意識としては、サーブ並みに回転をかけて打つ、くらいで良い。

きっと、振り切れるしバウンド後も失速しないスマッシュ、になるはずです。

 

2.打つコースを先に決める

ロブが上がった瞬間に、しっかりと決める。

狙いが定まると、しっかりラケットも振れますからね。

打つコースをギリギリまで隠せる、調整出来ると思っている人は危険です。

ロブを見て、パッとコースを決める。

そうすると、どういう回転をかければ良いのか、も判断しやすくなるでしょう。

 

3.スピン回転で大きく打つ

サーブよりも深くて良い、ベースライン手前で変化して落ちる。

スピンスマッシュは、こういうイメージでいきましょう。

だからこそ、しっかりと大きく、スマッシュとはいえ山なりな軌道で打つくらいでちょうど良いと思います。

アウトするくらいの軌道で、実はしっかりコートに入る。

ただし、スピン回転を下から上、にしっかりとかけておくことが大前提です。

 

4.スライススマッシュはボールの横を打つ感覚で

私もよく使うスライススマッシュですが、ボールの横をしっかりと打つ。

真後ろ、を打ってしまうとフラットになってしまうので、右利きの方であればボールの右半分、にラケットを当てていく。

しっかりと振って、ボールに横回転をかけるイメージ、スマッシュでも湧いてきますか?

少し打点は低くても良いので、ボールの横を打つことだけ意識してみて下さい。

自然にスライス回転がかかって、バウンド後に相手から離れていく有効なサーブになるでしょう。

 

5.手のひらを外側に向けていく動きを意識する

これが一番のコツ、です。

サーブでも使いますが、スマッシュでも打ち終わったら自分のラケットを持つ手のひらが外側、を向いて終わるように。

ボールを弾いて、高い位置で打ち終わる。

「いつ、手のひらを返せば良いの?」と思う方も多いと思いますが、ボールを打ちながら、まさに打点で外側に向けていくような感じですね。

この手のひらの使い方が、スピンとスライスの基本になります。

ぜひ、スマッシュから意識して回転を多くかけていく、ことにトライしてみて下さい。

 

回転をかけよう、と思えばラケットを振れる。

しっかり大振りではなく、手のひらを動かして弾くようなスマッシュ。

きっと、相手からすると「深いロブを、安定してさばかれて辛い・・・」と感じてくれるでしょう。

力任せのフラットなスマッシュ、は試合では使えない。

特に深いロブへの対応として、しっかり磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
  2. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ
  3. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  5. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
PAGE TOP