テニス ボレー

スマッシュ

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

スマッシュって意外と、「クロス方向」に打つのが難しい。

逆クロスの方が簡単に打てるようなイメージ、ありませんか?

クロス方向のスマッシュは、ぜひスライス回転を覚えて振り切ってみましょう。

バウンド後にもサイド方向に切れていく、そんなスマッシュが試合では大活躍です。

 

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

 


 

■スライスのスマッシュは、難しくない!

「スマッシュで回転をかけるなんて、難しそう・・・」と思った方、まずは打ってみましょう。

少しだけ打点を低めにして、ボールの横にラケットを入れるようなイメージでOK、軌道も山なりで大丈夫。

下に叩きつける、というよりはしっかりボールの横を切るような動きでスマッシュしてみて下さい。

無理やりクロス方向にもっていく、のではなくボールの横を触るから自然にクロス方向に飛んでいく、ように打てると試合でも安定します!

 

■身体が開かないように、打つ方向は見ない!

一番陥りやすいミスは、これです。

身体が回転して正面を向いてしまい、打点が崩れてしまう。

しっかり横向きを保って、打った後もその方向を観ないように意識しましょう。

ボールを打って、打点に顔を残すくらいの気持ちが大事です。

 

■コートの深い位置を狙わなくても効果的!

スマッシュは深いと良い!のも、少し違います。

スライス回転がしっかりかかっていれば、浅い場所に落ちてもそこから逃げていく、ショートクロス気味の良いスマッシュになる。

慣れて狙えるようになると、浅いスマッシュで角度を付けることも出来るようになります。

そうなると、シングルスでも安定して相手を左右に動かせる、フィニッシュショットになる。

普段の練習から、スライス回転でクロス方向にスマッシュ、練習していきましょう!

 

このスマッシュは、スピードはいらない。

むしろ遅めでもしっかり回転をかけてあげれば、相手にとって脅威になります。

クロス方向へ身体を開かないでスマッシュ、意外と難しいですよ。

しっかり練習して、試合で使えるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  6. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考え…
  3. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
  4. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには、サーブ側の前衛の仕事が不可欠です…
PAGE TOP