テニス ボレー

スマッシュ

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

スマッシュって意外と、「クロス方向」に打つのが難しい。

逆クロスの方が簡単に打てるようなイメージ、ありませんか?

クロス方向のスマッシュは、ぜひスライス回転を覚えて振り切ってみましょう。

バウンド後にもサイド方向に切れていく、そんなスマッシュが試合では大活躍です。

 

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

 


 

■スライスのスマッシュは、難しくない!

「スマッシュで回転をかけるなんて、難しそう・・・」と思った方、まずは打ってみましょう。

少しだけ打点を低めにして、ボールの横にラケットを入れるようなイメージでOK、軌道も山なりで大丈夫。

下に叩きつける、というよりはしっかりボールの横を切るような動きでスマッシュしてみて下さい。

無理やりクロス方向にもっていく、のではなくボールの横を触るから自然にクロス方向に飛んでいく、ように打てると試合でも安定します!

 

■身体が開かないように、打つ方向は見ない!

一番陥りやすいミスは、これです。

身体が回転して正面を向いてしまい、打点が崩れてしまう。

しっかり横向きを保って、打った後もその方向を観ないように意識しましょう。

ボールを打って、打点に顔を残すくらいの気持ちが大事です。

 

■コートの深い位置を狙わなくても効果的!

スマッシュは深いと良い!のも、少し違います。

スライス回転がしっかりかかっていれば、浅い場所に落ちてもそこから逃げていく、ショートクロス気味の良いスマッシュになる。

慣れて狙えるようになると、浅いスマッシュで角度を付けることも出来るようになります。

そうなると、シングルスでも安定して相手を左右に動かせる、フィニッシュショットになる。

普段の練習から、スライス回転でクロス方向にスマッシュ、練習していきましょう!

 

このスマッシュは、スピードはいらない。

むしろ遅めでもしっかり回転をかけてあげれば、相手にとって脅威になります。

クロス方向へ身体を開かないでスマッシュ、意外と難しいですよ。

しっかり練習して、試合で使えるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を意識しよう!

    スマッシュのときの動作、ほとんどの人が「大き過ぎ」る気がします。…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  6. テニス ボレー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る
  3. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ
  4. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
PAGE TOP