テニス ミス

戦術

相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります。

いかに、こういう試合で競ったゲームに持ち込めるのか。

それが出来る人って、何が違うんでしょうか・・・と言えば、ちょっとしたことだと思いますよ。

まずは、しっかり目の前の現実と向き合うこと。

そこからが勝負、ですから。

 

相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

 


 

1.目の前の相手、をしっかり受け入れる

自分の対戦相手、がどういう選手なのか。

事前に知っている、対戦したことがある選手の場合もあるでしょうし、初めての相手も多いですよね。

ウォーミングアップから、2ゲームくらい終えて、何を感じるのか。

「これは、強い」と感じたら・・・みなさんどうでしょうか。

ほとんどの人は、そこで諦めてしまう。

もう無理だ、と思ってしまうんですよね。

それって、何かが違うと思うんです。

 

2.相手と自分、同等な感じを求めていない?

どこかで、私たちはこれを求めている。

相手も、自分と一緒であって欲しい、同じくらいの実力であって欲しい。

それが否定されると、もうお手上げ、モチベ―ション低下、になっちゃう人が多い。

相手との実力差、を受け入れられない人が多いんですよね、テニス界って。

それってもったいないですよ。

しっかり相手と向き合って、実力差を受け入れてからが勝負、ですから。

逆転を興すには、まずこの要素が欠かせないんです。

 

3.相手と差があるなら、差が無いところで戦えば良い

以前にも書きましたが、サーブ、リターン、ストローク、での差がテニスの差じゃない。

もっと、実力差を測る場面ってたくさんあります。

強そうに見えても、メンタル的に脆い人は多いですしね。

相手と差があるのは、後ろでの打ち合いだけのケース、もすごく多いです。

何が言いたいかと言えば、そこで戦わなければ良いだけの話。

相手を前に出す、自分が前に出る、あるいはシングルスでも2人でネットの勝負をする。

相手の実力を受け入れて、それでも勝てる場所を探してみること、が大事だと私は思いますよ。

 

4.実力が上の選手が勝つ、可能性が低いのがテニス

他の競技と比較しても、私はテニスはチャンスがあると思います。

野球やサッカー、のように大量リードってテニスではあまりない。

0-5の試合だって、まだまだ挽回出来るじゃないですか。

時間制限のある種目じゅないので、戦い方はいくらでも自分次第。

相手との差を受け入れて、「よし、厳しい試合だけどここは頑張ろう!」と思えるかどうかですね。

繰り返しますが、テニスにはチャンスがある。

私はそう信じています。

 

まぁ、それでも厳しい試合は多いですよね。

相手との差、を受け入れて凹んでしまうことも多いでしょう。

でも、やっぱりそういう相手と戦うことで、今の自分を知れる、測れる訳じゃないですか。

そんなチャンス、本気で活かさない手は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

    「周辺視野」という言葉を、皆さんも聞いたことがあると思います。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  3. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる

    未だに、テニス界にはある誤解と、それを取り巻く閉鎖的な環境がある。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を整理しよう

    1セットマッチでタイブレーク。このタイブレークを取った方が勝ち…

  5. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  4. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  5. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
PAGE TOP