テニス ラケット

サーブ

サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

サーブを打つ前の動作、意外とみなさん、コレやっていない気がしませんか?

ハッキリ言いますが、絶対にやった方が良いです。

ボールを下に突く、だけじゃない。

少しだけラケットで打つ、だけでも全然違いますよ。

 

サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

 

1.サーブはラケットのどこで打つの?

を、確認する為です。

ラケットでボールを下に突く、ことで打点を確認出来る。

いや、これって本当に大事なポイントです。

プロ選手は、結構念入りにやってるじゃないですか。

彼らは、ほんの数mmずれるだけで、インとフォルトが分かれる世界に生きている。

そしてそれを自覚してるんですよね。

だから、サーブを打つ前に、ボールで実際に確認しておく。

ラケットのどこでボールを打つのか、がすごく大事ですからね。

 

2.リラックス出来るし、グリップを握るタイミングも掴める

一般の方で、社会人からテニスを始めた方は、意外とボールを下に突かない。

ラケットで下に突く、ことが苦手な人って結構多い気がします。

特に、スクールで教えてもくれないですからね。

上手い人、リラックス出来ていて試合に強い人は、よくボールを下に突いています。

無意識のルーティーンだと思いますが、これは絶対に真似して欲しい。

やればやるほど、グリップを握るタイミングとか、色々なものが掴めて来ますから。

 

3.ただ下に突く、だけじゃないテクもある

実は、ただ下に突くだけじゃない。

少しスライスをかけたり、斜めにラケットを入れたりして、スライスサーブの予行演習だって出来る。

細かいようですが、サーブでなかなかラケットが良い当たりをしていない時、に意識してやってみると効果的です。

スライス回転をかけながら、下にボールを突くことって出来ますか?

意外と、柔らかい感覚を持ってないと、難しいと思いますよ。

 

4.足も動かしながら、下にボールを突いてみよう

ただじっとして打つより、軽く足を動かしながら。

左右にステップしながら、ラケットでボールを突いているような選手、プロでもたくさんいますよね。

特に、サーブが上手くいっていないときこそ、ラケットで下に打つことで感覚を戻せるはず。

繰り返しますが、まずはやってみる。

最初は上手く突けない、逆にリズムを乱すようなこと、もあるでしょう。

でも、試合に強い選手になるなら、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

ちょっとしたことですが、ちゃんと理由があります。

ラケットとボールは、本当に自分の手足、空気のような存在にしておいて欲しい。

下に突く、その仕草だけでも自然に出来るようになると、それだけでテクニックは身に付いていると思います。

まずは遊び感覚で、試し始めてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう

    チェンジアップサーブ、と私が勝手に名前を付けているサーブがあります。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  3. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

  4. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

    ダブルスの試合で、どっちの選手からサーブを打つのか。みなさんは…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

    自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。入ったコー…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である
  2. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
  4. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
PAGE TOP