テニス ラケット

サーブ

サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

サーブを打つ前の動作、意外とみなさん、コレやっていない気がしませんか?

ハッキリ言いますが、絶対にやった方が良いです。

ボールを下に突く、だけじゃない。

少しだけラケットで打つ、だけでも全然違いますよ。

 

サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

 

1.サーブはラケットのどこで打つの?

を、確認する為です。

ラケットでボールを下に突く、ことで打点を確認出来る。

いや、これって本当に大事なポイントです。

プロ選手は、結構念入りにやってるじゃないですか。

彼らは、ほんの数mmずれるだけで、インとフォルトが分かれる世界に生きている。

そしてそれを自覚してるんですよね。

だから、サーブを打つ前に、ボールで実際に確認しておく。

ラケットのどこでボールを打つのか、がすごく大事ですからね。

 

2.リラックス出来るし、グリップを握るタイミングも掴める

一般の方で、社会人からテニスを始めた方は、意外とボールを下に突かない。

ラケットで下に突く、ことが苦手な人って結構多い気がします。

特に、スクールで教えてもくれないですからね。

上手い人、リラックス出来ていて試合に強い人は、よくボールを下に突いています。

無意識のルーティーンだと思いますが、これは絶対に真似して欲しい。

やればやるほど、グリップを握るタイミングとか、色々なものが掴めて来ますから。

 

3.ただ下に突く、だけじゃないテクもある

実は、ただ下に突くだけじゃない。

少しスライスをかけたり、斜めにラケットを入れたりして、スライスサーブの予行演習だって出来る。

細かいようですが、サーブでなかなかラケットが良い当たりをしていない時、に意識してやってみると効果的です。

スライス回転をかけながら、下にボールを突くことって出来ますか?

意外と、柔らかい感覚を持ってないと、難しいと思いますよ。

 

4.足も動かしながら、下にボールを突いてみよう

ただじっとして打つより、軽く足を動かしながら。

左右にステップしながら、ラケットでボールを突いているような選手、プロでもたくさんいますよね。

特に、サーブが上手くいっていないときこそ、ラケットで下に打つことで感覚を戻せるはず。

繰り返しますが、まずはやってみる。

最初は上手く突けない、逆にリズムを乱すようなこと、もあるでしょう。

でも、試合に強い選手になるなら、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

ちょっとしたことですが、ちゃんと理由があります。

ラケットとボールは、本当に自分の手足、空気のような存在にしておいて欲しい。

下に突く、その仕草だけでも自然に出来るようになると、それだけでテクニックは身に付いていると思います。

まずは遊び感覚で、試し始めてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習すること

    サーブを安定させるときに、意識したいポイントとして「振り出していく指」…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、「両サイド共にしっかりコースを狙える」ようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときで…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
  2. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  3. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
  4. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに快感を覚える必要があ…
PAGE TOP