テニス 練習

練習メニュー

「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。

近くに壁打ちが出来る場所があれば良いのですが、なかなか都心部ではそうもいかない。

公園でやるのも、ちょっと迷惑だし・・・と思うと、練習したくてもどんな感じでやれば良いか、悩ましいですよね。

あくまでアイデアベースですが、私が過去にやっていたことを思い出しながら書いてみたいと思います。

 

「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

 


 

■ラケットを使ったボール遊び、ラケッティング

ボールに回転をかける技術は、ラケットでボールを下に突く、上に突くことも良い練習になります。

スライス回転をしっかりかけながら、一定の高さでラケッティング、出来ますか?

大きく上に上げたボールをラケットでバウンドさせないようにキャッチ、するだけでもドロップ系ショットの良い練習になります。

慣れてきたら、ラケットのエッジの方でボールを突くことにもチャレンジしてみて下さい。

出来ると・・・結構、カッコイイですよ。

 

■素振りは必ず、動画とセットで

素振りはただ行うのではなく、動画を観ながらそれに合わせる形でやりたい。

特にリターンなんかは、プロ選手の動画を観ながら実践するとすごく効果的です。

読みが当たるか、どうかもしっかり自分の中で確認しておく。

ストロークのラリーも良いイメージで素振りが出来るはず。

今では昔と違ってスマートフォンもありますし、昔よりも動画が身近にありますよね。

素振りってただ黙々とやっているだけだと、つまらないし続かない。

続けられる工夫は、意外と足元に転がっているはずです。

 

■ランニングは試合本番会場近くで

これは私の経験ですが、もし自宅から走っていける距離にあるなら、試合会場近くでランニングやトレーニングをしたい。

思い切って、休みの日に行ってランニングをしてみるのも良い。

試合に対して前向きなイメージが持てますし、何より自信になる。

試合の現場でトレーニングを思い出して、辛いときに自分をプッシュ出来る。

騙されたと思って試してみてください。

 

個人練習は、工夫と記録です。

自分で工夫すれば楽しいし、記録しておけば自信になる。

記録した個人練習は、絶対に試合前に入念に見直してみてください。

不安になるアナタの背中を、大きく押してくれるはず。

テニスノートと共に、個人練習改革に取り組んでみて下さい。

壁打ちできる場所がある方は、コチラも参考に。

これから暑くなる時期、最後に粘り強さを出すには個人練習の積み重ねは必須です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  2. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である

    人って、同じことの繰り返しが一番楽。慣れて、こなせて、頭も使わ…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

特集記事

  1. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  2. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  3. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  4. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと
  5. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
PAGE TOP