テニス チャンス

その他

学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う

私たちは、なぜテニスを頑張るのか。

正直、学生時代はとにかく身体を動かしたい、ライバルに勝ちたい。

もしかしたら、少しモテたい、みたいな願望もあったと思います。

それが今、大人になってテニスを頑張る、その理由って何なんでしょう。

私は、これに尽きると思いますよ。

 

学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う

 


 

1.いつでも新鮮な気持ち、でテニスコートに立てているか?

私自身、もちろん試合に勝ちたいと思ってテニスを頑張る。

負ける試合は多いし、辛いこともあります。

でも、テニスってやっぱり面白いなと、試合に出るたびに感じることが出来る。

試合に出ているからこそ、新鮮な気持ちでテニスと向き合えるんだと思うんです。

この気持ち、があるかどうかって、すごく大事なポイントだと思いますよ。

毎回、真摯な気持ちでテニスと向き合えること。

それって、当たり前のことじゃない。

アナタ自身が真面目で純粋で、しっかりと意志のある人生を生きているからだと思います。

 

2.学び続けること、が出来ている人は少ない

みなさんも、会社で働いたりアルバイトをしたり、子育てや老後の人生、色々な環境で過ごされていると思います。

でも、どうでしょう、みなさんの周りを見てみて下さい。

学び続けること、が出来ている人、何人いるでしょうか?

会社では、生気を失ったような目で過ごす人も多いでしょう。

アルバイトでもやる気が無い、パートの人は人間関係にばかり意識が強い・・・そんな感じの職場や環境、多いじゃないですか。

でも、テニスを頑張っていれば、学べることが多い。

これは、とても幸せなことだと思いますよ。

目に見えるもの、耳で聞こえるもの、全てが「テニス」という自分事、に活かせると思えて来ますからね。

 

3.テニスを成長させたいから、世の中は学びで溢れている

T-PRESSの記事を読んでいる方は、もうお気づきだと思います。

私自身、テニス以外からテニスを学ぶことも多い。

野球やサッカー、その他スポーツからは駆け引きやボールコントロールの基本、本当にたくさんのことを学ぶことが出来る。

将棋の世界からは、どうやって普及を盛り上げるのか、現役棋士が対局を解説したり、先陣を切って普及に努めている姿を見ると頭が下がる。

自分の周りで起きていることすべて、「テニスに活かせる」と考えてしまうんですよね。

これって、本当に幸せなこと、です。

学びたいという意識がある人、の人生はずっと成長で満ちている。

私は、最近改めてそう考えるようになってきました。

 

4.ラケットを持たないテニススクール、でありたい

このサイトも、拙い文章ですがそうありたいと思っています。

ラケットを持たない、スマートフォンやパソコンと共にある、テニススクール。

こう言って頂けるのは、本当に嬉しいことです。

ですが、それに見合うだけの価値を私はまだ返せているとは思えない。

もっともっと、学んでいかないといけない。

学びたい、と思うみなさんよりも熱いエネルギーを持って、頑張らないといけない。

そう思えるのも、またテニスのお陰ですし、幸せなことですね。

 

ちょっと、感傷的な文章になってしまいましたが・・・。

私は、本当に声を大にして言いたいんです。

このサイト、の読者のみなさんは凄いんですよ、と。

考えるテニス、苦しくも試合に出続けるテニス、を頑張っているみなさんですから。

学びがある、幸せな人生を歩んでいることを感じて欲しい。

でも、それにはやっぱり、試合に勝つということは欠かせないと思うんですよね。

共に学び、試合に勝っていきましょう。

私から言えるのは、それだけです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく

    皆さんの周りでも強いチーム、強い学校、サークル、いくつかありますよね。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「ナイターになったら球が急に速くなる?」人の眼の特性を知っておいて損は無いです

    まだまだ日照時間の短いこの時期、試合がナイター照明の元で行われる機会も…

  4. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです

    硬式テニスって、なかなか中学の部活としては少ない。増やしていこ…

  5. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力が高まります!

    相手が打つコースを予測して動く。どんなスポーツにも必要なこのス…

  6. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  2. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い
  4. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた…
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
PAGE TOP