テニス 打点

メンタル

相手を心から尊敬したとき、本当の実力を出せる

良い試合、自分の心に残る試合。

そういう試合って、本当に自分の実力を出し切った試合、ですよね。

みなさんは、そういう試合の経験ありますか?

きっと、あるとしたらこういう気持ちで試合に臨んだ時、じゃないでしょうか。

私もいくつか、経験があります。

そして今でも心の支えとなっている、大事な試合、として活き続けています。

 

相手を心から尊敬したとき、本当の実力を出せる

 

1.知らない相手、嫌いな相手に全部出すのは難しい

きっと、こういう経験みなさんもあるでしょう。

何だか、モヤモヤと力を発揮できないで、終わる試合。

準備して、モチベーション高く入った試合なのに、終わってみると・・・どうでしょう。

「もっとやれたんじゃないか・・・?」と、思い返しては、悔いが残る。

これって、当然なんです。

相手はよく知らない相手、または普段からあまり仲良くない、認めていないような相手、であれば。

そういう相手に対して、自分の実力が全部出せると思ったら、それは違います。

アナタ自身が実力を全部出せるのは、きっとアナタが「心から尊敬している相手」です。

 

2.ライバルを認めた段階で、アナタはテニス選手になれる

どんなにモチベーションを上げようと頑張っても、それは正直、相手による。

アナタ自身が目標としている相手、本当に尊敬する相手なら、アナタ自身は本気で倒したいと思うはず。

全力を出さないと、厳しいことも知っていますからね。

そして何より、相手にも全力でぶつかって来て欲しい、と思うことでしょう。

テニスの試合は、自分一人で自分の実力全ては出せない。

きっと、それはアナタ自身もよく分かっているはずです。

 

3.本当に尊敬している相手なら、「倒したい」という気持ちになるはず

俗に言う「名前負け」とは違います。

ほとんどの選手は、強い選手を「ただ強い選手」としか見えていない。

だから、試合だけるだけで満足、あとはどうやって「恥ずかしく負けないか」だけを考えてします。

これが、普通のテニスの試合です。

でも、もしアナタ自身が相手を本当に尊敬している、よく知っているなら、「勝ちたい」と思うはず。

勝って認めて欲しい、もっともっと、テニスを通じてお互いで切磋琢磨していきたい。

こういう気持ちがある選手って、大番狂わせを起こすんですよ。

スポーツの試合って、そういうものだと思います。

 

4.テニスの試合に出続ける、最大の理由はこれです

私自身、これが一番テニス選手としての醍醐味、だと思います。

尊敬する相手とネットを挟んで相対して、そして、真剣勝負で切磋琢磨していく。

恩返しのつもりで、相手を倒す。

これって、アナタ自身が成長していく上で、欠かせない過程だと思うんですよね。

そして次は、アナタ自身が高い壁、となってたくさんの挑戦者を迎えていく。

尊敬される選手、になろうと焦る必要はありませんよ。

真摯にテニスに向き合い、思いやりを持って仲間を大切にし、そして常に誰かを尊敬する心を持つこと。

当たり前ですけど、これが出来る人は強い。

テニスの試合で経験出来る、私たちはラッキーなんだと思います。

 

こういう考えに、もっと学生時代に気付いていれば・・・と思います。

「大嫌いな相手の方が、モチベーションも高く自分の力を出せるはず」と思っていたのが、恥ずかしいくらいです。

みなさんにも、きっとこういう試合がたくさん待っているはず。

苦しい試合、になるでしょう。

でもきっと、みなさんなら乗り越えて勝てるはず。

私はそう信じて、これからも記事を更新していきます。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です

    「あ、この選手強いな・・・」と、私が感じるときはあるポイントがあります…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?

    試合の時、相手選手がどういうタイプだと嬉しい?そしてどういうタ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  6. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

    団体戦、高校生の選抜予選などではシングルスとダブルスを合せて5本の勝負…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  2. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  3. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
PAGE TOP