その他

「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いになる

テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全日本を目指している、という方も多いでしょう。

学生の皆さんであればインターハイ予選、選抜地区予選など。

社会人になって私が感じるのは、テニスの試合ってつい「無限に続く」と考えてしまう。

それこそ学生時代は、限られた年数の中で結果を出さないというプレッシャーがあった。

どこかにその緊張感や危機感、忘れてきたのかも知れません。

 

「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いになる

 

■どんな小さな大会でも、同じ大会や試合は二度と無い

テニスを長くやっている方の中には、聞いたことがある方も多いでしょう。

「この一球は、絶対無二の一球なり」

元々は、早稲田大学テニス部OBの福田雅之助氏が部に贈った言葉で、松岡修造選手が試合中に叫んでいたことでも有名ですね。

一球もそうですが、もっと言えば目の前の試合は二度と無い。

終わってしまえばやり直し、なんて当たり前ですが効かないのです。

 

■「一生に一度の試合」と考えれば、出来ることを全部やりきれる

試合に勝てるかどうか、の前に考えて欲しい。

しっかり自分自身を出し切る、やりきることをテニスコートの上で実践出来ているかどうか。

どこかで誤魔化したり、体力が切れたことを言い訳にしたりしていないだろうか・・・?

それはアナタ自身にしか分からない。

以前にも書きましたが、「負けても良い理由」を試合中に考え出すと、大抵の試合は負けます。

目の前の試合は一生に一度、と思えれば、そこに負けて良い理由なんて無いはずです。

 

■大事な試合は、今目の前にある

「でも今の試合は大事じゃない、上につながっていく試合では無いし・・・」と、言われそうですね。

確かに、試合の重要度は大会により違うでしょう。

ですが目の前の試合にファイト出来ない人が、大事な試合で自分を出し切れるとは思えません。

テニスは日々、習慣化されていくスポーツ。

負け癖が付いているのに大事な試合だけ勝てる、なんて考えが甘過ぎやしませんか?

 

確かに試合は、いくらでも出ようと思えば出れる。

ですが試合にお金を払って出過ぎている人、必ずしも経験値として成長の糧になっているとは言い難い。

もちろん試合にすら出ていない人、よりは強くなるでしょうが、まぁそこまでです。

だからこそ、今のアナタに考えて欲しい。

本当に目の前の試合、大事に出来ていますか・・・と。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

  2. テニス ミーティング
  3. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

    テニススクールでも部活でも、余裕が無い・・・とき、ありますよね。…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

    試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないとい…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  6. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

    私自身、苦い経験があります。みんなが上手くなりたい、という想いが少…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、練習メニュー改良案3つ
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折…
  3. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
  4. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  5. ストローク

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
PAGE TOP