その他

「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いになる

テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全日本を目指している、という方も多いでしょう。

学生の皆さんであればインターハイ予選、選抜地区予選など。

社会人になって私が感じるのは、テニスの試合ってつい「無限に続く」と考えてしまう。

それこそ学生時代は、限られた年数の中で結果を出さないというプレッシャーがあった。

どこかにその緊張感や危機感、忘れてきたのかも知れません。

 

「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いになる

 

■どんな小さな大会でも、同じ大会や試合は二度と無い

テニスを長くやっている方の中には、聞いたことがある方も多いでしょう。

「この一球は、絶対無二の一球なり」

元々は、早稲田大学テニス部OBの福田雅之助氏が部に贈った言葉で、松岡修造選手が試合中に叫んでいたことでも有名ですね。

一球もそうですが、もっと言えば目の前の試合は二度と無い。

終わってしまえばやり直し、なんて当たり前ですが効かないのです。

 

■「一生に一度の試合」と考えれば、出来ることを全部やりきれる

試合に勝てるかどうか、の前に考えて欲しい。

しっかり自分自身を出し切る、やりきることをテニスコートの上で実践出来ているかどうか。

どこかで誤魔化したり、体力が切れたことを言い訳にしたりしていないだろうか・・・?

それはアナタ自身にしか分からない。

以前にも書きましたが、「負けても良い理由」を試合中に考え出すと、大抵の試合は負けます。

目の前の試合は一生に一度、と思えれば、そこに負けて良い理由なんて無いはずです。

 

■大事な試合は、今目の前にある

「でも今の試合は大事じゃない、上につながっていく試合では無いし・・・」と、言われそうですね。

確かに、試合の重要度は大会により違うでしょう。

ですが目の前の試合にファイト出来ない人が、大事な試合で自分を出し切れるとは思えません。

テニスは日々、習慣化されていくスポーツ。

負け癖が付いているのに大事な試合だけ勝てる、なんて考えが甘過ぎやしませんか?

 

確かに試合は、いくらでも出ようと思えば出れる。

ですが試合にお金を払って出過ぎている人、必ずしも経験値として成長の糧になっているとは言い難い。

もちろん試合にすら出ていない人、よりは強くなるでしょうが、まぁそこまでです。

だからこそ、今のアナタに考えて欲しい。

本当に目の前の試合、大事に出来ていますか・・・と。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・

    暑い毎日が続く。こういう時期はしっかりと水分補給しながら練習しない…

  2. その他

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

    テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。言葉…

  3. その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.1を目指そう

    テニスの試合で結果を出している人、最初から大きな目標を立てて取り組んで…

  4. その他

    「おとうちゃんとテニス」していた思い出エピソード

    俺の父はテニスをしている。小学校の先生だったんだけど、今はもう退職…

  5. テニス メンタル
  6. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの

    どんなスポーツでも選手活動を続けるには、お金がいる。遠征費、ト…

特集記事

  1. テニス ガット
  2. テニス ラケットバッグ
  3. テニス 水分補給
  4. テニス 怪我
  5. テニス チェア
  1. テニス メンタル

    その他

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」によってだいぶ違って…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
PAGE TOP