テニス 陸上

戦術

テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

「また今日もこの練習か・・・もう出来るし、飽きたよ」

という声が、今日もどこかのスクールや部活、サークルで聞こえてきそうですね。

確かに、テニスの基本練習って地味ですし、面白くない。

でも、そう考えているアナタ自身は、もしかしたら気付いていないだけかもしれません。

基本の中に、自分自身が何を見出すのか。

上達が止まらない人は、こういう基本練習にこそ、自分なりの視点を持って取り組んでいます。

 

テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

 

1.上達が早い人は、視点が違う

練習でも、そうだと思います。

なぜ、この基本練習をするのか。

この視点において、誰かからアドバイスをもらったり、気付いて指摘してもらうことは無いでしょう。

どの人がどんな視点を持って練習しているのか、は傍から見ても分からないですからね。

だからこそ、アナタ自身でしっかり持っておかないといけない。

基本練習を、自分はどういうスタンスで挑むのか。

ただ、出来ること、当たり前のことだけをやるのか・・・ですね。

 

2.新しい気付きを生むには、個人テーマが欠かせない

そもそも、新しく何かに気付いたりするには、何が必要か。

私は、練習前から決めた個人テーマだと思います。

「最近のバックハンドは、回転量が少ないから変えていきたい」とか、具体的に課題を認識しているかどうか。

何かを意識していれば、何事も新鮮になる。

小さい変化や、自分の工夫に気付くし、何より基本練習でしか細かい部分は修正出来ませんからね。

実際ラリーになると、誤魔化しが効くじゃないですか。

せっかく変えていく機会なのに、無難に今までと同じ打ち方をしてしまう。

だからこそ、基本練習はテニスにおいて大事なんです。

 

3.まだまだ、テニスは分からないことだらけ

私自身、まだまだです。

何も、テニスについて知れていない、深みに触れていないと感じてます。

新しい発見がある毎日ですし、それがとても嬉しい。

得てして、新しい発見って基本練習のような中から気付くことが多いんですよね。

基本に始まり、基本に終わる。

このことだけは、最近改めて大事だなと気付き始めています。

みなさんは、どうでしょうか?

 

4.全ての練習に、真摯に取り組めば試合にも強くなる

「まぁ、この練習はこれくらいで良いか」みたいな感じ、ありますよね。

厳しいとき、疲れたときは甘いささやきが自分を襲ってくる。

でも、小さい妥協が、アナタ自身の試合を作っていくことも、忘れて欲しくないんです。

基本練習のような中で、真摯に自分がテニスと向き合えるかどうか。

これって、本当に試合と直結するんですよね。

敏感に、神経をとがらせて練習していれば、試合でも小さいことに気付く。

相手のこと、自分のこと。

繰り返しますが、基本練習から、が大事ですよ。

 

上達が止まらない人は、本当に素直で真面目な人が多い。

全ての練習に、自分なりの視点で意義を見出していきますからね。

そんな人は、どんな環境でもほおっておいても上達が止まらない。

逆に、環境に恵まれているようで伸び悩む選手は、何かが足りないはず。

みなさんは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  2. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

    皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?身…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  4. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  5. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それはズバリ「虚栄心」です
  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ
  4. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです
  5. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう
PAGE TOP