テニス ポジショニング

練習メニュー

テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

毎日の部活やサークル、スクールでの練習。

自分自身、「受け身」になっていないかは常に確認したい。

全体練習はあり、全体での目的もある練習が多いと思いますが、各自の個人テーマは何か?

これは、練習が始まる前に準備してセットしておくべき問題です。

 

テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

 


 

■人から与えられる練習なんて、小学生まで

「はい、今日はこの練習しますー」と言って、コーチや上級生が練習を始める。

何も考えずにそれに従っているだけで・・・上達すると思いますか?

各自で実力もプレースタイルも、その時の課題も違う。

自分自身で、何を意識しながらその全体の練習メニューに沿って鍛えていくのか。

コートに着く前に、しっかり頭を整理しておかないといけません。

 

■部活やサークルなら、練習メニューは週単位で事前に共有しよう

その日の練習、はその日の練習前に決めていく・・・部活やサークルも多いでしょう。

私からの提案は、ざっくりで良いので週単位で実践する内容を出来るだけ具体的にする。

月曜日は並行陣、火曜日は雁行陣、水曜日はシングルス中心・・・という風に決めておくと、自分自身で個人テーマを立てやすい。

限られた練習時間で成果を出すには、しっかり自分で効率的な練習に変えていくこと。

周りに期待してばかりでは、いつまで経っても小学生のような練習しか出来ません。

 

■「個人テーマ」は自分自身で作りだしてコミットしよう

個人テーマ、自分がやるべきテニスの練習テーマは自分自身で創り出すしかない。

創り出して、約束(コミット)する。

しっかりやり切れるかどうか、やり切ったかどうかは、自分自身にしか分からない。

ですがその成果は、必ず試合結果になって現れるでしょう。

どんな環境でも、自分の意識と工夫次第でテニスはいくらでも、上を目指せます。

 

部活やサークルの雰囲気が悪いと、どうしても周りのせいにしがち。

私もかつて、いや今でもそうかも知れません。

「自分は頑張ってるのに・・・」という人ほど、自分に甘えているという現実に目を向けましょう。

まずは、練習前に個人テーマを確認すること。

この小さな意識から、全ては変わっていけます。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  2. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  5. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  6. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  3. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  4. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考え…
  5. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術
PAGE TOP