リターン

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!

でも、力んでスピードボール勝負になるのは危険ですよね。

入れば良いけど、ちょっとの誤差でネットやアウト、では試合で通用しない。

大事なのは、セカンドサーブのリターンこそ、コース勝負に徹したいということ。

このコツを掴めば、リターンゲームが好きでたまらなくなると思いますよ。

 

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

 


 

1.相手の立場、に立って考えてみよう

アナタ自身が、セカンドサーブを打つと思って下さい。

スコアにもよりますが、心理的には「ダブりたくないな・・・入ってくれ・・・」という感じ、少なからずあると思います。

そんなときに、相手が強打、でミスしてくれたらどうでしょう?

「なんて楽なんだ!」と、気持ちが一気に楽になる。

それからは、「セカンドは入れておけばミスしてくれるな」とリラックスして自信を持っていける。

こうなると、もう立場逆転なんですよね。

セカンドサーブ、は相手にしっかりプレッシャーをかけないと。

そのために必要なのは、コース勝負、コントロール重視、でしょう。

 

2.セカンドサーブの後に動かされる、のが一番嫌!

じゃないですか?

セカンドサーブを打ったと思ったら、次いきなり大きくは知らないといけない。

前、左右、打った後にすぐに動かないといけないと思うと・・・もうセカンドサーブに集中出来なくなる。

これを、アナタ自身は実践していかないといけないんですよ。

つまり、相手がセカンドサーブの時には、コントロールで相手を動かす。

そのパターンを増やしていく。

そうすれば、自然に相手は集中力を乱してくれる。

ダブルフォルトで自滅、も現実味を帯びて来るでしょう。

 

3.ぜひ「前」という選択肢を相手に見せて欲しい

私が特にお勧めなのが、ドロップショット。

リターンから浅い、というのを相手に見せるだけで、結構効果的なんですよ。

これは、甘くなっても良い。

大事なのは、セカンドサーブを打った後に「え?前!?」という感じで相手をビックリさせること。

このストレス、かなりのものですからね。

次のサーブからも、相手はいつ前に落とされるのか、分からない。

それくらい、インパクトが強いリターンにして欲しいんですよね。

セカンドサーブになったら、主導権はこっちだよ、と。

こういうメッセージを送ることが大事なんです。

 

4.だからリターンはスライス、がお勧めなんです

セカンドサーブ、強打ではなくスライス。

スライスなら、前に落としたり深く打ったり、ダブルスならロブを打ったり。

同じ構えから、様々なショットが打てますからね。

ぜひ、意識してリターンからスライスを使って欲しいんです。

強打、もたまに入れるならプレッシャーになっても良いと思いますが、スライスでバリエーションを見せるのが基本。

相手を動かして、余裕を無くして次で決める。

試合は基本、これでいきましょう!

 

セカンドサーブをやっと入れたと思ったら、もう走らされている。

これって本当に、嫌じゃないですか?

相手のセカンドサーブ、は積極的にコントロールしていく姿勢、を持ちましょう。

きっとそこに、リターンの技術や技量が付いてくる。

何がしたいのか?をまずはアナタ自身、大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  2. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  3. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  4. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  5. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

  6. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    ハイボレー、それって本当にハイボレー?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝
PAGE TOP