リターン

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!

でも、力んでスピードボール勝負になるのは危険ですよね。

入れば良いけど、ちょっとの誤差でネットやアウト、では試合で通用しない。

大事なのは、セカンドサーブのリターンこそ、コース勝負に徹したいということ。

このコツを掴めば、リターンゲームが好きでたまらなくなると思いますよ。

 

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

 


 

1.相手の立場、に立って考えてみよう

アナタ自身が、セカンドサーブを打つと思って下さい。

スコアにもよりますが、心理的には「ダブりたくないな・・・入ってくれ・・・」という感じ、少なからずあると思います。

そんなときに、相手が強打、でミスしてくれたらどうでしょう?

「なんて楽なんだ!」と、気持ちが一気に楽になる。

それからは、「セカンドは入れておけばミスしてくれるな」とリラックスして自信を持っていける。

こうなると、もう立場逆転なんですよね。

セカンドサーブ、は相手にしっかりプレッシャーをかけないと。

そのために必要なのは、コース勝負、コントロール重視、でしょう。

 

2.セカンドサーブの後に動かされる、のが一番嫌!

じゃないですか?

セカンドサーブを打ったと思ったら、次いきなり大きくは知らないといけない。

前、左右、打った後にすぐに動かないといけないと思うと・・・もうセカンドサーブに集中出来なくなる。

これを、アナタ自身は実践していかないといけないんですよ。

つまり、相手がセカンドサーブの時には、コントロールで相手を動かす。

そのパターンを増やしていく。

そうすれば、自然に相手は集中力を乱してくれる。

ダブルフォルトで自滅、も現実味を帯びて来るでしょう。

 

3.ぜひ「前」という選択肢を相手に見せて欲しい

私が特にお勧めなのが、ドロップショット。

リターンから浅い、というのを相手に見せるだけで、結構効果的なんですよ。

これは、甘くなっても良い。

大事なのは、セカンドサーブを打った後に「え?前!?」という感じで相手をビックリさせること。

このストレス、かなりのものですからね。

次のサーブからも、相手はいつ前に落とされるのか、分からない。

それくらい、インパクトが強いリターンにして欲しいんですよね。

セカンドサーブになったら、主導権はこっちだよ、と。

こういうメッセージを送ることが大事なんです。

 

4.だからリターンはスライス、がお勧めなんです

セカンドサーブ、強打ではなくスライス。

スライスなら、前に落としたり深く打ったり、ダブルスならロブを打ったり。

同じ構えから、様々なショットが打てますからね。

ぜひ、意識してリターンからスライスを使って欲しいんです。

強打、もたまに入れるならプレッシャーになっても良いと思いますが、スライスでバリエーションを見せるのが基本。

相手を動かして、余裕を無くして次で決める。

試合は基本、これでいきましょう!

 

セカンドサーブをやっと入れたと思ったら、もう走らされている。

これって本当に、嫌じゃないですか?

相手のセカンドサーブ、は積極的にコントロールしていく姿勢、を持ちましょう。

きっとそこに、リターンの技術や技量が付いてくる。

何がしたいのか?をまずはアナタ自身、大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  2. テニス ストローク
  3. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  6. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?
  2. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
  3. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
PAGE TOP