リターン

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!

でも、力んでスピードボール勝負になるのは危険ですよね。

入れば良いけど、ちょっとの誤差でネットやアウト、では試合で通用しない。

大事なのは、セカンドサーブのリターンこそ、コース勝負に徹したいということ。

このコツを掴めば、リターンゲームが好きでたまらなくなると思いますよ。

 

セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

 

1.相手の立場、に立って考えてみよう

アナタ自身が、セカンドサーブを打つと思って下さい。

スコアにもよりますが、心理的には「ダブりたくないな・・・入ってくれ・・・」という感じ、少なからずあると思います。

そんなときに、相手が強打、でミスしてくれたらどうでしょう?

「なんて楽なんだ!」と、気持ちが一気に楽になる。

それからは、「セカンドは入れておけばミスしてくれるな」とリラックスして自信を持っていける。

こうなると、もう立場逆転なんですよね。

セカンドサーブ、は相手にしっかりプレッシャーをかけないと。

そのために必要なのは、コース勝負、コントロール重視、でしょう。

 

2.セカンドサーブの後に動かされる、のが一番嫌!

じゃないですか?

セカンドサーブを打ったと思ったら、次いきなり大きくは知らないといけない。

前、左右、打った後にすぐに動かないといけないと思うと・・・もうセカンドサーブに集中出来なくなる。

これを、アナタ自身は実践していかないといけないんですよ。

つまり、相手がセカンドサーブの時には、コントロールで相手を動かす。

そのパターンを増やしていく。

そうすれば、自然に相手は集中力を乱してくれる。

ダブルフォルトで自滅、も現実味を帯びて来るでしょう。

 

3.ぜひ「前」という選択肢を相手に見せて欲しい

私が特にお勧めなのが、ドロップショット。

リターンから浅い、というのを相手に見せるだけで、結構効果的なんですよ。

これは、甘くなっても良い。

大事なのは、セカンドサーブを打った後に「え?前!?」という感じで相手をビックリさせること。

このストレス、かなりのものですからね。

次のサーブからも、相手はいつ前に落とされるのか、分からない。

それくらい、インパクトが強いリターンにして欲しいんですよね。

セカンドサーブになったら、主導権はこっちだよ、と。

こういうメッセージを送ることが大事なんです。

 

4.だからリターンはスライス、がお勧めなんです

セカンドサーブ、強打ではなくスライス。

スライスなら、前に落としたり深く打ったり、ダブルスならロブを打ったり。

同じ構えから、様々なショットが打てますからね。

ぜひ、意識してリターンからスライスを使って欲しいんです。

強打、もたまに入れるならプレッシャーになっても良いと思いますが、スライスでバリエーションを見せるのが基本。

相手を動かして、余裕を無くして次で決める。

試合は基本、これでいきましょう!

 

セカンドサーブをやっと入れたと思ったら、もう走らされている。

これって本当に、嫌じゃないですか?

相手のセカンドサーブ、は積極的にコントロールしていく姿勢、を持ちましょう。

きっとそこに、リターンの技術や技量が付いてくる。

何がしたいのか?をまずはアナタ自身、大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

    リターンゲームで、サーブが返せない。強い相手との試合だと、それ…

  2. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  4. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう
  2. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応…
  3. テニス ストローク

    リターン

    ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコン…
  4. ボレー

    低い打点でのボレーは、無理やりスライスをかけようとしないでフラット気味でも良いと…
  5. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる
PAGE TOP