テニス ストローク

ストローク

せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」するのはもったいない!

リターンゲームから試合の流れが動くとき。

それは私は、「セカンドサーブを簡単にミスしてしまったとき」だと思います。

皆さんも経験あると思いますが、これってすごくサーバーにとっては楽になる、ラッキーなポイント。

当然リスクを冒す場面も必要なときもありますが、基本はしっかりコントロール重視で攻撃していきたいのがセカンドサーブ。

改めて試合で大事なポイント、確認しておきましょう!

 

せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」するのはもったいない!

 


 

■やっと入れたセカンドサーブを、相手がミスしてくれるなんて!

なんてラッキーなことなんでしょう。

こっち、サーバーはいっぱいいっぱいで入れるのがやっとなのに、相手リターンがミスしてくれる。

これはサーバーの息を吹き返し、リターン側が落ちていく試合の流れを大きく作ります。

それくらい、セカンドサーブを一発でリターンミスしてしまう、というのは試合の中で致命的。

失う1ポイント以上の重みがある、ことをリターン側の選手は覚えておきましょう。

 

■攻撃的にいくのはあくまで「コース勝負」に徹する

とはいえ、セカンドサーブはしっかり攻撃していきたい。

そんなときにポイントになるのが、あくまでコントロールでコース勝負、で相手にプレッシャーをかけていくということ。

だからこそ、しっかり狙いを定めて、相手にとっても「狙われてるな・・・」と感じるくらい、はっきりさせておく。

ただし、ライン際を狙い過ぎてはリスクも大きくなる。

しっかりバック側に入れる、あるいは足元、センターに深く狙うという意志を伝えるのが大事。

コース勝負であれば、スピードはそこまで速くなくてもOK、その後の展開でジワジワ追い詰めていきましょう。

 

■後ろからハードヒット、ではなく前に踏み込んでライジングショット

リターンの基本はライジングショット。

遅いセカンドサーブこそ、バウント地点に踏み込んでいく癖を付けましょう。

速いリターンを打とうとしてベースライン付近からハードヒットしても、リターンとしては有効ではありません。

相手サーバーが、サーブを打った後態勢を整える前にボールを送る、くらい速いタイミングが欲しい。

その為には、ライジングショット、でのリターンがとても有効です。

 

セカンドサーブを攻撃していく意識、は本当に大事。

その中で、いかに相手サーバーが嫌がる場所はどこか・・・を探っていきましょう。

もしかしたら、いきなり浅いボール、なんてリターンも有効かも知れませんね。

相手に応じて、セカンドサーブをコースから攻撃、プレッシャーをかけていく。

パターンを磨いて試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打っ…

  4. テニス コントロール
  5. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では有効です

    ストローク・・・と言えばどういうショットを思い浮かべるか。だい…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  2. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟
  3. 日々の雑記

    テニス試合に出ている方から、必要とされる為に
  4. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
  5. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事
PAGE TOP